83件中 51 - 60件表示
  • 大錦一徹

    大錦一徹から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1987年9月場所を最後に十両に陥落し、1988年1月場所限りで現役を引退。年寄・山科を襲名し、出羽海部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たる傍ら、2003年より、協会在勤委員として中学校の同期生でもある北の湖理事長の秘書室長的役割を負い、理事長が交代した後は、同門の武蔵川前理事長のもとで勤務、2010年2月に役員待遇に昇格した。大錦一徹 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    7月17日 - 大関・三重ノ海が第57代横綱昇進。1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 2月4日

    2月4日から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1948年 - 三重ノ海剛司、第10代日本相撲協会理事長、大相撲第57代横綱、武蔵川親方2月4日 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年

    1948年から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2月4日 - 三重ノ海剛司、大相撲第57代横綱・第10代日本相撲協会理事長・元武蔵川親方1948年 フレッシュアイペディアより)

  • 57

    57から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大相撲の第57代横綱は三重ノ海剛司である。57 フレッシュアイペディアより)

  • 二子岳武

    二子岳武から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    入門当初から多彩な技を持っており、相撲教習所の指導員が基本を教えようとしたところ担当の親方が持ち味を伸ばさせてやろうと自由にやらせたなど、周囲の理解に助けられて素質を花開かせ、下手投げをはじめとする技を繰り出す取り口を得意とした。特に、内無双・外無双を得意とした。1969年11月場所では横綱大鵬を蹴返しで破り金星を獲得している。しかし、軽量だったこともあって相撲が長くなることもあり、1974年9月場所の前頭10枚目三重ノ海戦では、引分を記録したこともあった(この一番以後、幕内の取組で引分は出ていない)。二子岳武 フレッシュアイペディアより)

  • 三賞

    三賞から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1969年7月場所に「大関の地位で2場所連続で負け越した場合、関脇へ降格する。しかし降格した直後場所で、関脇の地位で10勝以上の勝ち星を挙げれば、特例として大関に復帰できる」という現行の制度ができて以降、大関を陥落した力士が三賞を受賞した記録は以下の通りである。なお、降格直後場所に関脇で三賞を受賞した力士は、10勝以上して大関特例復帰に成功した5例(三重ノ海・貴ノ浪・武双山と、栃東は2度復帰)も含めてまだ出ていない。三賞 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲部屋

    相撲部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    出羽海部屋 8人(大錦卯一郎、栃木山守也、常ノ花寛市、武藏山武、安藝ノ海節男、千代の山雅信、佐田の山晋松、三重ノ海剛司相撲部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭歌武蔵

    三遊亭歌武蔵から見た三重ノ海三重ノ海剛司

    1983年3月 - 武蔵川部屋(元横綱三重ノ海)へ入門、四股名は森武蔵。怪我がもとで半年で廃業。現役中、貴闘力とも対戦。戦績は1勝1敗だったらしい。三遊亭歌武蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    常陸山、對馬洋、栃木山、能代潟、武藏山、名寄岩、羽黒山、安藝ノ海、佐賀ノ花、三重ノ海、大文字、琉王、霧島、栃乃和歌、土佐ノ海、岩木山、戦闘竜、黒海、把瑠都、琴欧洲、白露山/露鵬、隠岐の海など。四股名 フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード