94件中 61 - 70件表示
  • 北尾光司

    北尾光司から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    既に発表されていた1988年1月場所の番付には、双羽黒の名が東張出横綱に残っていたが、横綱在位数は僅か8場所(番付上では9場所)と、琴櫻傑將・三重ノ海剛司と並ぶ最短記録2位タイの短命横綱に終わった。ケガや体力の衰えで引退したのではなく師匠と喧嘩した挙句の廃業とあって世間の見方は非常に厳しく、双羽黒への同情論はほとんど聞かれなかったものの、野坂昭如など僅かに双羽黒支持を表明した者もいた。1988年3月には東京都内のホテルで断髪式が行われたが、同年3月場所の直前だったため関係者や後援会からは一人も出席せず、最後の止め挟を入れたのは父親だった。北尾光司 フレッシュアイペディアより)

  • 関脇

    関脇から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1972年(昭和47年)7月場所において、大相撲史上最多の5関脇(番付順に輪島博、貴ノ花満、三重ノ海五郎、魁傑輝之、長谷川勝敏)が同時に在籍したことがある。この例はこれまでに1例しかない。関脇 フレッシュアイペディアより)

  • 三賞

    三賞から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1969年7月場所に「大関の地位で2場所連続で負け越した場合、関脇へ降格する。しかし降格した直後場所で、関脇の地位で10勝以上の勝ち星を挙げれば、特例として大関に復帰できる」という現行の制度ができて以降、大関を陥落した力士が三賞を受賞した記録は以下の通りである。なお、降格直後場所に関脇で三賞を受賞した力士は、10勝以上して大関特例復帰に成功した5例(三重ノ海・貴ノ浪・武双山と、栃東は2度復帰)も含めてまだ出ていない。三賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    春場所では3日目に前頭筆頭にまで上がってきた新鋭の琴勇輝に押し出され、通算25個目の金星配給となってしまう。その後も膝の状態が芳しくなく、6日目に嘉風に引き落としで敗れる。2横綱にもいいところなく敗れ、横綱となってからは3回目となる9勝6敗で終えた。千秋楽で白鵬が優勝を決めたため。5月場所は、12日目まで2敗をキープし、優勝の可能性を残していたが、13日目に鶴竜に敗れて優勝の可能性が消滅。その後も連敗して10勝5敗で終わった。7月場所は3日目に隠岐の海に対して金星を配給。この日は鶴竜も栃煌山に対して金星を配給しており、同じ日に2つの金星配給は武蔵丸、3代目若乃花が敗れた1999年秋場所11日目以来17年ぶり。9日目までに平幕相手に2敗するも、10日目に高安、13日目に稀勢の里と優勝争いをしていた力士を破り、千秋楽で白鵬を破って13勝2敗の成績で単独優勝を果たした。4場所ぶり8度目の幕内優勝となる。9月場所は場所前の9月3日の稽古でに照ノ富士と17番取って15勝。キレのある動きで疲労を感じさせなかったが「昔は10倍やっても大丈夫だった。体が重い…。疲れがたまっていくタイプになってきた」と苦笑した。兄弟子で負傷離脱中の安美錦が十両転落のため、気づけば幕内では最古参に。「俺が一番長くやってるんだよな。そういうところまで来たんだな」としみじみ言った。本場所では13日目に3敗目を喫するまで優勝争いを演じ、場所成績は12勝3敗。11月場所では11勝4敗に終わり年間最多勝を逃すも、3横綱の中で唯一1年間休場がなかった点が評価され、優勝2度の白鵬、年間最多勝(69勝21敗)ながら優勝のなかった稀勢の里を抑え初めて報知年間最優秀力士賞を受賞した。年間成績は67勝23敗で、最多勝力士の年間幕内勝率を下回る力士の同賞受賞は1975年の三重ノ海以来41年ぶり3例目となる。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩ノ海航洋

    志摩ノ海航洋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2014年7月場所で土俵復帰したが、番付は序ノ口まで転落。この場所は7戦全勝で序ノ口優勝を果たした。翌9月場所も序二段優勝を果たし、優勝インタビューでは「落ち着いていけたことが良かった。膝の痛みはまだあるが、腫れはなくなってきた。とにかく前に出るしかない。幕下に戻るまでは、このまま全勝でいきたい。」と怪我の快癒を明かしつつ今後の抱負を語った。三段目に復帰した翌11月場所では3日目の3番相撲で元幕内の大喜鵬に敗れ、上述の「抱負」は叶わなかったが、翌2015年1月場所で幕下に復帰。2016年1月場所では6勝1敗で幕下の優勝決定戦に進出し、1回戦で同部屋の宇良と対戦した。5月場所では東幕下5枚目で千秋楽の元十両・竜電戦で勝ち越して4勝3敗と、通常ならば幕下に留め置かれる成績だったが、十両下位及び幕下上位に負け越した力士が多かった関係で場所後の新十両が決定した。このタイミングで師匠・木村瀬平の現役時代の四股名肥後ノ海にちなみ、「志摩ノ海」に改めた。十両昇進後、志摩ノ海は復帰するまでの稽古やトレーニングについて「自由にやらせてくれた」と木瀬に感謝するコメントを残しており「親方はその人のレベルに合った話しかしないので、自分でレベルを上げていってさらに高いレベルの話を聞きたいと思って頑張ってきた。強くなったら『次はこれだ』と新たな課題も出してくれる」とも話した。同年7月2日には伊勢志摩ロイヤルホテルで自身の新十両祝賀会が開かれ、関係者・後援者・ファンなど470人以上が駆け付けた。志摩ノ海は「ここまで来れたのは地元の方々や応援していただいている方々のおかげ。将来は武双山関のような相撲をとれる力士になりたい」と話し、三重県からは57代横綱・三重ノ海以来横綱が出ていない旨を記者に言及された際には「できるだけ上に上がれるように頑張りたい」と目を細めた。7月場所は中日まで4勝3敗と一進一退であったが、9日目から8連敗して4勝11敗と大敗を喫し、幕下からの出直しを余儀なくされた。志摩ノ海航洋 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島大士

    輪島大士から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1978年に入ると、輪島は3月場所の右膝靭帯の怪我や、年齢から来る体力、とりわけ持久力の衰えなどから、北の湖の後塵を拝することが多くなる。この年の7月場所14日目の北の湖との対決では、左四つ、輪島は左下手、北の湖は右上手と、ともに十分な廻しを取り合ういつもの体勢になった。輪島は北の湖の右上手投げを残すと、右からおっつけて、左下手で脅かす、両力士の攻防が決定打に欠ける中、北の湖は過去、慌てた攻めで輪島の左下手投げの餌食になった反省を踏まえ、持久戦に持ち込み、水入りとなった。控えに下りた両者だが、北の湖が普段と変わらぬ表情だったのに対し、輪島は肩で息をするなど、明らかに疲労感がにじみ出ていた。再開後は、北の湖が積極的に攻め、右上手から強引に振り回したあと、左下手を取り、がっぷり左四つの体勢から持久力の切れた輪島を寄り切った。この年ライバル北の湖は5連覇を達成した。しかし輪島は、この頃から右四つ左上手の取り口に進境を示し、千代の富士・栃光・栃赤城・双津竜など右四つ得意の力士には、むしろ自ら右四つに行き制する取り口が増えた。そもそも大相撲入門当初、軽量のハンデと右上手の力強さを考慮した形で左四つに転向したのであって、学生時代以前は右四つであった。そのことから本来の型に戻ったとも取れる。1979 - 1980年の晩年は、体力の衰えをこのいぶし銀の上手さと気力とで補い、前半戦は上位陣の中でも最も安定した相撲ぶりを見せることが多かった。若手が次々と台頭する中、1979年7月、1980年11月と二度の優勝を重ねたことは立派であると言えよう。輪島の部屋と大学の後輩である荒勢が北の湖にほとんど勝てず、輪島の援護射撃ができなかったことや、輪島が苦手にしていた豊山も北の湖には全く勝てないこと、若乃花や三重ノ海の横綱昇進などでライバルが増えたことなど、輪島に不運な一面が多々あった点も否めなかった。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 合口

    合口から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司(関脇) 11-7 琴櫻傑將(横綱) 三重ノ海は後に横綱に昇進。合口 フレッシュアイペディアより)

  • 取組

    取組から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1972年1月場所、初日早々に横綱北の富士?大関琴櫻戦が組まれ(初日に横綱?大関戦が組まれたケースは史上初)、翌2日目には大関同士の清國?前の山戦が組まれた。これ以降、翌1973年11月場所まで毎場所、序盤戦5日目までに組まれた横綱?大関戦および大関同士の取組が全部で19番組まれた。このうち横綱?大関戦が7番、大関同士の取組が12番組まれた。しかし翌1974年(昭和49年)は5月場所4日目の大麒麟?北の湖戦の大関同士1番のみだった。また1977年(昭和52年)には、同じく5日目までに組まれた横綱?大関戦は4番、大関同士の取組は5番という記録が残っている。この年は3月場所から9月場所まで5大関(貴ノ花、若三杉(のち2代若乃花)、魁傑、三重ノ海、旭國)がいたため、下位に各同部屋力士もいることから取組編成上、前半戦までに対戦することもあった。取組の詳細は下記の通り(すべて5日目までの取組、太字は横綱)。取組 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年

    1948年から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2月4日 - 三重ノ海剛司、大相撲第57代横綱・第10代日本相撲協会理事長、元武蔵川親方1948年 フレッシュアイペディアより)

  • 57

    57から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大相撲の第57代横綱は三重ノ海剛司である。57 フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード