83件中 61 - 70件表示
  • 佐田の山晋松

    佐田の山晋松から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大関時代に当時の出羽海親方である出羽ノ花の娘と結婚して市川家の婿養子となっており、横綱時代には既に部屋の土地・建物も市川晋松(佐田の山)名義となっていた。このため彼が出羽海部屋後継者であることは誰の目にも明白だったが、佐田の山が引退すると出羽海親方は即座に彼に部屋を継承させ武蔵川の名跡に戻っていた。この時「引退して少しは楽になると思ったらますます大変なことになった、もう少し現役でいればよかった」と言っていたという。出羽海一門には常陸山が一門を創設して以来となる「不許分家独立」の不文律があり、大坂相撲から一門に加入後消滅した部屋の再興以外独立がなかったが、かわいがってきた弟弟子の三重ノ海が独立の意思を持っていると知るとこれを許可した。1919年(大正8年)の栃木山(引退後春日野部屋を創設)以来となる円満独立だった。それ以降不文律は事実上消滅したためか、特に1980年代以降出羽海一門でも分家独立が相次いだ。2013年(平成25年)年3月現在では、最も部屋数の多い一門が出羽海一門となっている。佐田の山晋松 フレッシュアイペディアより)

  • 大関

    大関から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    この大関特例復帰の制度で、関脇から大関に再昇進した例は4人(三重ノ海、貴ノ浪、武双山、栃東)で5度(栃東が2度)である。三重ノ海はのちに横綱昇進も果たしている。貴ノ浪は一度大関特例復帰を果たしたが、そのわずか2場所後関脇に再陥落しており、再度の大関特例復帰はならなかった。この特例復帰の場合は、新大関に昇進するのと同様に新番付発表を待たずに、大関復帰が決定した場所の直後から大関として扱われる。また、大関への再昇進伝達式は行われない。なお、魁傑は大関を陥落した翌場所に10勝を挙げられず平幕に落ちた後、この制度の恩典にあずからずに大関に復帰しており、その際には再昇進伝達式が行われている。大関 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代

    1980年代から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大相撲で大関の貴ノ花利彰・横綱の輪島大士、三重ノ海剛司が現役を引退。1980年代 フレッシュアイペディアより)

  • 朝潮太郎 (4代)

    朝潮太郎 (4代)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    その後、徐々に幕内上位に返り咲き、1980年(昭和55年)3月場所11日目、横綱北の湖との2度目の対戦で、朝汐は北の湖が出たところを豪快な引き落としで破り初金星を挙げ、これを皮切りに朝汐は上位陣から恐れられることになる。以後朝汐は輪島、三重ノ海、若乃花、千代の富士といった横綱陣との対戦では度々土をつけ、特に当時の実力第一人者である北の湖との対戦では、仕切りから横綱の計算を狂わせ、ファンはおろか当の上位力士でさえも驚くばかりの強さを発揮し、当時の幕内力士では唯一北の湖に通算13勝7敗(不戦勝1含む)と歴然とした差で勝ち越したことで話題を呼んだ。素晴らしい成績を挙げながらも優勝・大関には手が届かず、3度あった優勝決定戦ではあと一歩のところで及ばず、勝敗の差が激しく連勝か連敗が目立ついわゆる「連(ツラ)相撲」も特徴であった。この頃は大関挑戦の場所を迎えては負け越し(あるいは最小の勝ち越し)て失敗、数場所後に大勝ちして再(々)度大関挑戦の繰り返しであった。朝潮太郎 (4代) フレッシュアイペディアより)

  • 北尾光司

    北尾光司から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    既に発表されていた1988年1月場所の番付には東張出横綱に双羽黒の名が残っていたが、横綱在位数は僅か8場所(番付上では9場所)と、横綱在位場所数では琴櫻傑將・三重ノ海剛司と並ぶ最短記録2位タイの短命に終わった。ケガや体力の衰えで引退したのではなく、師匠と喧嘩した挙句の廃業とあって世間の見方は厳しく、双羽黒への同情論はほとんど聞かれなかったものの、野坂昭如など僅かに双羽黒支持を表明した者もいた。1988年3月には東京都内のホテルで断髪式が行われたが、3月場所の直前だったため関係者や後援会は一人も出席せず、止め挟を入れたのは父親だった。この廃業が事実上の破門であることは立浪親方と双羽黒の双方が認めている。北尾光司 フレッシュアイペディアより)

  • 中井洽

    中井洽から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    6月発足の菅内閣では、国家公安委員会委員長と内閣府特命担当大臣(防災担当)に再任された。7月6日、大相撲野球賭博問題に関連し「テレビに出るのは熱心だが捜査には言を左右にしている」と警察の捜査に協力しない相撲関係者を指弾。暴力団との関係遮断の取り組みについて「名古屋場所が済めばしまい、という一過性のものではない」と述べた。それをさかのぼる6月21日、すなわち野球賭博問題で日本相撲協会が特別調査委員会を設置した日の夜に、日本大学の田中英壽理事長が懇意にしている神楽坂の料亭で、田中理事長、相撲協会の武蔵川理事長の3人で会談していたことが週刊文春で報じられた。これに対し中井は7月15日、報道内容を否定した。7月20日、来日した金賢姫と面会した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 隆の里俊英

    隆の里俊英から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    優勝4回は横綱としてはあまり多くはないが、うち2回が全勝であった。最盛期の1983年3月場所?1984年1月場所の6場所では優勝3回+次点3回で80勝10敗、短期間ながらライバルを圧し最強と見られた点、決まったら必勝の得意な型(右四つがっぷり)をもっていた点、時間をかけて出世した点などは、横綱・三重ノ海と共通する。ただし、大関時代前半には角番を繰り返し大関陥落も経験、2桁勝利がなかなか挙げられず「大関失格」と言われた時期もあった三重ノ海に対し、大関時代の隆の里は1場所を除いて全て10勝以上と終始安定していた点が異なる。隆の里俊英 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大相撲入りの勧誘を受けたことを機に、過去に相撲との関わりが全く無かったにも拘らず、「大きな体を生かして家計を助けよう」と決心し武蔵川部屋に入門する。師匠の武蔵川親方(元横綱三重ノ海)は、その少し前に「武蔵坊」という力士をスカウトしながらあっという間に逃げられたことから、半年のテスト期間を設け、徹底的に鍛えて様子を見てから初土俵を踏ませることにした。そして「これなら大丈夫だ」と見なされ、1989年(平成元年)9月場所に初土俵を踏んだ。四股名は所属する武蔵川部屋と本名のフィアマルの「マル」から付けた。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 角番

    角番から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    現行の大関特例復帰制度で、関脇陥落場所で10勝以上を挙げて大関に復帰した力士は三重ノ海、貴ノ浪、武双山、栃東の4人のみである。その内、三重ノ海は大関特例復帰後さらに横綱に昇進している。貴ノ浪は2度関脇に陥落しており、1度目の関脇陥落場所(2000年1月場所)は10勝5敗で大関特例復帰を果たしたが、2度目の関脇陥落場所(2000年7月場所)は7勝8敗で大関復帰を逃している。武双山は大関特例復帰後に関脇陥落はならずも大関の地位で現役引退した。栃東は2度関脇に陥落したものの、2度とも関脇陥落場所で10勝以上(2004年7月場所は10勝、2005年1月場所は11勝)を挙げ大関特例復帰を果たしたが、その後病気により大関のまま現役を断念した。角番 フレッシュアイペディアより)

  • 木村晃健

    木村晃健から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    武蔵川親方(元横綱三重ノ海木村晃健 フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード