94件中 71 - 80件表示
  • 隆の里俊英

    隆の里俊英から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    優勝4回は横綱としてはあまり多くはないが、うち2回が全勝であった。最盛期の1983年3月場所〜1984年1月場所の6場所では優勝3回+次点3回で80勝10敗、短期間ながらライバルを圧し最強と見られた点、決まったら必勝の得意な型(右四つがっぷり)をもっていた点、時間をかけて出世した点などは、横綱・三重ノ海と共通する。ただし、大関時代前半には角番を繰り返し大関陥落も経験、2桁勝利がなかなか挙げられず「大関失格」と言われた時期もあった三重ノ海に対し、大関時代の隆の里は1場所を除いて全て10勝以上と終始安定していた点が異なる。隆の里俊英 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬川國行

    黒瀬川國行から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    金星:3個(輪島1個、三重ノ海2個)黒瀬川國行 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    6月21日、相撲協会は外部の第三者による特別調査委員会(委員長は伊藤滋・東大名誉教授(日本相撲協会外部理事)、委員に吉野準・元警視総監(日本相撲協会監事)、村山弘義・元東京高等検察庁検事長(日本相撲協会外部理事)が就任した。さらに、野呂田芳成前衆議院議員(元農林水産大臣)ほか外部有識者を委員に招聘)を設置、一連の処分内容を判断する権限を与えることを発表する。これを受け、武蔵川理事長が会見にのぞみ、名古屋場所の開催中止の可能性を示唆しており、開催については特別調査委員会の報告が7月4日に行われる理事会ではかられることになった(のちに前倒しになっている。後述)。自己申告すれば厳重注意で済ませるとした方針を変更したことも述べており、理由としてはこれほど大勢の人間が賭博に関わっていたのは想定外だったとしている。なお、理事長の進退問題についてはその時点では取らないとしていた。大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲部屋

    相撲部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    出羽海部屋 8人(大錦卯一郎、栃木山守也、常ノ花寛市、武藏山武、安藝ノ海節男、千代の山雅信、佐田の山晋松、三重ノ海剛司相撲部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ浪貞博

    貴ノ浪貞博から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1999年9月場所中に足を痛めて、入幕後から引退までで唯一の休場を経験する。次の11月場所、4度目の大関角番の場所で6勝9敗と、大関の地位で2場所連続負け越ししたため、35場所連続で保持していた大関の地位から関脇に陥落が決定。その直後の2000年(平成12年)1月場所では千秋楽で10勝に到達し、1場所で大関特例復帰が決定した。これは1969年(昭和44年)7月場所以降現行の大関特例復帰が施行してから、1976年(昭和51年)7月場所の元横綱三重ノ海以来、24年ぶり2度目の出来事だった。しかし、大関復活した3月場所は千秋楽に敗れて7勝8敗、通算5度目の角番で迎えた5月場所は10日目から6連敗で6勝9敗と、再び大関で2場所連続負越しにより、わずか2場所で大関から再び関脇に陥落となってしまった。直後の7月場所も7勝8敗と結局負け越し、2度目の大関特例復帰はならなかった。貴ノ浪貞博 フレッシュアイペディアより)

  • 旭國斗雄

    旭國斗雄から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    それでも持病の膵臓炎で度々入院治療を続けながら、翌昭和53年(1978年)3月場所7日目、魁傑との取組で二度水入りの大相撲となり、勝負がつかずに両者に休憩時間を与えるべく当日の結びの一番(北の湖敏満 - 青葉山弘年戦)を先に行い、10分後に改めて取り直し、これも大相撲となって3度目の水入りかという所で力尽き掬い投げで敗北を喫したものの合計10分19秒の大熱戦で、場所前に退院したばかりの旭國にとっては正に「土俵上で死ねたら本望」の言葉通りの相撲であった。昭和54年(1979年)9月場所7日目に、同期生である新横綱・三重ノ海との対戦で負傷して途中休場後、再起は難しいと考えて引退した。現役引退に際し、「一度は優勝したかった」と名残惜しそうに述べていた。旭國斗雄 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪市

    松阪市から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司(第57代横綱・元武蔵川親方→相撲博物館館長)松阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年8月12日、大相撲野球賭博問題などの責任を取って辞任した武蔵川晃偉理事長の後を受け、第11代日本相撲協会理事長に就任。現役時代のクリーン大関と言われた高潔さと、長年執行部で発揮した事務処理能力の高さを認められたことによる理事長就任だった。理事長就任以降は公益法人移行を巡って議論が本格化してゆき、自身も各自の年寄名跡を協会が2000万円で買い取る一括管理案、最高議決機関である理事会の半数を外部で占める私案などを提唱したが外部役員や外部有識者の意見を尊重しすぎたという評があり、大多数の年寄衆は理解を示さなかった。2011年2月、八百長問題が発覚、3月の大阪場所開催を中止、続く5月場所は、入場無料でNHKによる中継もない、前代未聞の「技量審査場所」を決断、相撲協会最大の危機の中、諸問題の処理にあたった。糖尿病による義眼で山のような書類と格闘し、降りかかる難題の連続に体力を消耗しながら、粘り強い対話で改革のレールを敷いた。文部科学省へ協会としての対応を報告するため出向いた時、区切りがついたら責任を取って辞任する意向を示したところ、文科省の官僚から「あなたの首は要りません。」と引き止め、「八百長を一切しなかったガチンコ大関・魁傑が八百長問題処理に取り組む運命の皮肉」と報道された。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た三重ノ海三重ノ海剛司

    1972年5月場所は新三役となる小結に昇進して11勝を挙げ、輪島・貴ノ花・三重ノ海らと共に次代を担う大関候補として「貴輪三魁」と称された。また、この場所のエピソードとして、9日目に大関・大麒麟との取組でマゲを引っ張られ反則勝ちとなった一番がある。その後二年間は三役に定着して何度も二桁の成績を挙げて大関目前とされながらなかなか壁を越えられなかったが、その中で三段目時代から6年間付き合っていた一般女性と1974年(昭和49年)9月場所前に結婚したことでそれまで問題だった精神面が次第に充実していった。同年11月場所には西張出小結で12勝3敗、輪島の援護射撃もあって相星で並んだ、決定戦で弱いと評判の横綱・北の湖との優勝決定戦で一方的に突き出して初優勝北の湖とのその1番は詳しく説明すると、硬くなった北の湖が立合いから突っ張ったものの少しも足が前に出ず、次いで差した左を魁傑に右からおっつけられるとまともに引いてしまい、魁傑はこの機に乗じて激しく突っ張り、一気に突き出した、という流れであった。優勝パレードのオープンカーでは、「横綱が旗手になる前例はない。」という親方主の反対を押し切って輪島が務め、我が事のように嬉しそうに優勝旗を支えた。翌1975年(昭和50年)1月場所でも11勝4敗の好成績を収め、3場所通算で30勝15敗+優勝1回の好成績により大関に推挙された。なおその2場所前の1974年9月場所で魁傑は7勝8敗と負け越している。年6場所制以降、大関昇進力士で大関昇進前3場所間に負け越しの場所があるのは他に若羽黒がいる。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 2月4日

    2月4日から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1948年 - 三重ノ海剛司、第10代日本相撲協会理事長、大相撲第57代横綱、武蔵川親方2月4日 フレッシュアイペディアより)

94件中 71 - 80件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード