83件中 71 - 80件表示
  • 黒瀬川國行

    黒瀬川國行から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    金星:3個(輪島1個、三重ノ海2個)黒瀬川國行 フレッシュアイペディアより)

  • 水入り

    水入りから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    取り組みが再開した後は、すぐに勝負が決する場合もあるが、疲労のため再度長時間の相撲となることがある。2度目の水入りとなった場合は審判委員の協議の上、後の取組を挟んで取り直しとなる。有名な例としては1978年(昭和53年)3月場所7日目の大関旭國 - 前頭4枚目魁傑戦(掬い投げで魁傑の勝ち)、2001年(平成13年)5月場所6日目の大関武双山 - 小結琴光喜戦(寄り切りで琴光喜の勝ち)がある。それでも水が入る場合には、引き分けとする。引分は幕内では1974年(昭和49年)9月場所11日目の前頭6枚目二子岳 - 同10枚目三重ノ海戦で水入りの後、二番後取り直しとなったが決着がつかず引き分けとなり、これ以降35年以上も出ていない。水入り フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年8月12日、大相撲野球賭博問題などの責任を取って辞任した武蔵川晃偉理事長の後を受け、第11代日本相撲協会理事長に就任。2012年1月場所後に退任し、相談役に就任。2013年1月場所が協会員として最後の本場所となったが、停年(定年。以下同)記者会見やテレビ中継の解説(中入の時間や取組の合間に自身の足跡を振り返る)は一切断ったという。同年2月7日に放駒部屋は閉鎖して所属力士らは大乃国が創設した芝田山部屋に移籍させ、自身は2月15日に停年退職した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た三重ノ海三重ノ海剛司

    1972年5月場所は新三役となる小結に昇進して11勝を挙げ、輪島・貴ノ花・三重ノ海らと共に次代を担う大関候補として「貴輪三魁」と称された。また、この場所のエピソードとして、9日目に大関・大麒麟との取組でマゲを引っ張られ反則勝ちとなった一番がある。その後二年間は三役に定着し、何度も二桁の成績を挙げて大関目前とされながら、なかなか壁を越えられなかったが、1974年(昭和49年)11月場所には小結で12勝3敗、決定戦で弱いと評判の横綱・北の湖との優勝決定戦で一方的に突き出して初優勝。翌1975年(昭和50年)1月場所でも11勝4敗の好成績を収め、3場所通算で30勝15敗+優勝1回の好成績により大関に推挙された。なおその2場所前の1974年9月場所で魁傑は7勝8敗と負け越している。年6場所制以降、大関昇進力士で大関昇進前3場所間に負け越しの場所があるのは他に若羽黒がいる。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 武双山正士

    武双山正士から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2000年1月場所では、千秋楽にライバル魁皇を下して13勝2敗、関脇の地位で念願の幕内初優勝。そして翌3月場所でも12勝3敗の好成績を残し、ようやく遅咲きの大関昇進を果たした。しかし新大関の5月場所を腰椎椎間板障害で全休、大関角番でのぞんだ7月場所で4勝11敗と負け越し、大関在位2場所で関脇に陥落の屈辱を味わった(大関が2場所連続での負け越しで関脇への陥落になる)。現在の制度で考えうる最短在位である。それでも関脇に陥落した直後の9月場所で、千秋楽に勝利して10勝5敗、大関特例復帰規定(取り組み日数(現在は15日間)の三分の二(同・10勝)以上の勝ち星を挙げること。ただし、何らかの災害等のため増減が有った場合でも、その三分の二以上で計算する)に達して1場所で大関に返り咲いた。奇しくも師匠の武蔵川(元横綱・三重ノ海)も大関から関脇陥落後に、1場所で大関復帰を経験している。武双山正士 フレッシュアイペディアより)

  • 立合い

    立合いから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1960年代以降は前述の通り立合いの乱れが徐々に進み、1984年7月場所まで多くの力士が腰を割らず、仕切り線に両手を着かないで立合う有様でしばしば問題視されたため、1984年9月場所より協会主導のもと立合いの正常化が徹底され、両者とも両手を着いての立合いが義務化された。その後は理事長の交代などにより振幅がある。例えば、1991年9月場所から待ったに罰金が科せられた(現在は廃止)り、数年に一度立合い正常化のための研修会が行われた。その後、北の湖理事長時代は呼吸が合えば両手を着かなくても見逃される風潮があり、再び乱れが問題視されていたところ、2007年以降相次いだ角界不祥事に対する改革の一環として、2008年9月場所に武蔵川理事長(当時)主導のもと再び立ち合いでの両手着き徹底の方針が打ち出され、手着き不十分の場合取り直しも辞さずという厳しい対応が採られたが、場所入り直前の方針転換という異例の事態のため、審判部の間でも統一した見解が取れず、厳しく取り直しさせる場合がある一方で手を着いていなくても見過ごされる場合が多々あり現場でも混乱が生じた。立合い フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ浪貞博

    貴ノ浪貞博から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1999年(平成11年)9月場所中に足を痛めて、入幕後から引退までで唯一の休場を経験する。次の11月場所、角番の場所で6勝9敗と負け越してしまい、35場所連続保持していた大関の地位から関脇に陥落が決定となった。その直後の2000年(平成12年)1月場所では千秋楽で10勝に到達し、1場所で大関特例復帰が決定した。これは1969年(昭和44年)7月場所以降現行の大関特例復帰が施行してから、1976年(昭和51年)7月場所の元横綱三重ノ海以来、24年ぶり2度目の出来事だった。しかし大関復帰後は、3月場所(7勝8敗)と5月場所(6勝9敗)を2場所連続負け越し、わずか2場所で大関から再び関脇に陥落となってしまう。直後の7月場所も7勝8敗と結局負け越し、2度目の大関特例復帰はならなかった。貴ノ浪貞博 フレッシュアイペディアより)

  • 取組

    取組から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1972年1月場所初日、いきなり横綱北の富士?大関琴櫻戦が組まれ(初日の横綱?大関戦は史上初)、翌2日目には大関同士の清國?前の山戦が組まれている。これ以降、翌1973年11月場所まで毎場所、序盤戦5日目までに組まれた横綱?大関戦および大関同士の取組は全部で19番ある。このうち横綱?大関戦が7番、大関同士の取組が12番ある。しかし翌1974年(昭和49年)は5月場所4日目の大麒麟?北の湖戦の大関同士1番のみだった。また1977年(昭和52年)には、同じく5日目までに組まれた横綱?大関戦は4番、大関同士の取組は5番という記録が残っている。この年は3月場所から9月場所まで5大関(貴ノ花、若三杉(のち2代若乃花、現・間垣)、魁傑、三重ノ海、旭國)がいたため、下位に各同部屋力士もいることから取組編成上、前半戦までに対戦することもあった。取組の詳細は下記の通り(すべて5日目までの取組、太字は横綱)。取組 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1998年(平成10年) - 2002年(平成14年)の時期は時津風勝男が日本相撲協会の理事長であり、2002年(平成14年) - 2008年(平成20年)の時期は北の湖敏満が理事長で北の湖部屋力士の不祥事の責任で辞任して、2008年(平成20年) - 2010年(平成22年)の時期は武蔵川晃行が理事長となった。2003年(平成15年)に、大相撲では貴乃花引退で日本人横綱が不在になる。代わって、朝青龍時代が始まる。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪市

    松阪市から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司(第57代横綱・現武蔵川親方)松阪市 フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード