94件中 81 - 90件表示
  • 平成

    平成から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1998年(平成10年)から2002年(平成14年)の時期は時津風勝男が日本相撲協会の理事長であり、2002年(平成14年)から2008年(平成20年)の時期は北の湖敏満が理事長で北の湖部屋力士の不祥事の責任で辞任して、2008年(平成20年)から2010年(平成22年)の時期は武蔵川晃行が理事長となった。2003年(平成15年)に、大相撲では貴乃花引退で日本人横綱が不在になる。代わって、朝青龍時代が始まる。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勝敏

    長谷川勝敏から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    翌5月場所の本場所パンフレットでは小結貴ノ花、関脇輪島、関脇三重ノ海らとともに次の大関候補5人に挙げられたが、8勝7敗に終わり、大関昇進のチャンスを逸してしまった。私生活では数々の命拾いをした強運の持ち主(詳細は下述の「エピソード」を参照)であった長谷川にしてみれば、相撲の番付運としては決して恵まれたとは言い難い。長谷川勝敏 フレッシュアイペディアより)

  • 一門 (相撲)

    一門 (相撲)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    伊勢ノ海(元藤ノ川・時津風一門)が落選。この年は監事選挙もおこなわれ、現職の武蔵川(元三重ノ海・出羽海一門)、常盤山(元若秩父・二所ノ関一門)、新人の八角(元北勝海・高砂一門)が当選、現職だった武隈(元黒姫山・立浪伊勢ヶ濱連合)が落選となった。一門 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 黒姫山秀男

    黒姫山秀男から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    熱心な指導を行う周囲のおかげで以降は順調に出世し、1969年3月場所に新十両へ昇進し、同年7月場所には新入幕を果たした。その7月場所では4勝11敗と大敗して十両に陥落するが、1場所で幕内へ復帰してからは幕内に定着する。1970年11月場所には新三役となる西小結へ昇進し、その11月場所では6勝9敗と負け越したものの5日目には横綱・大鵬を突き落としで破った。立合いからのぶちかましは強烈で、出足の鋭さも生かして北の湖を電車道で押し出すほどであった。そのぶちかましの威力から蒸気機関車の代名詞である「デゴイチ」との異名をとった。また、額の広いことで「デボネア」とのあだ名もあった。横綱・大関陣との対戦でも必殺のぶちかましで活躍し、横綱・北の湖に8勝26敗、横綱・輪島に7勝24敗、横綱・若乃花には5勝18敗、横綱・三重ノ海には13勝21敗という成績を残し、金星を6個獲得して殊勲賞を4回受賞した。また、大関時代の大受には3戦3勝し、大関・貴ノ花には通算で16勝23敗と上位陣に対してほぼ互角に戦った。黒姫山秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 栃赤城雅男

    栃赤城雅男から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1979年11月場所では、輪島・若乃花・三重ノ海の3横綱から金星を獲得するなど、上位力士相手でも安定した成績を残した。この場所には4横綱が出場しており、残る北の湖を倒せば史上初の「1場所4金星」という大記録を打ち立てるところであった。栃赤城雅男 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    7月17日 - 大関・三重ノ海が第57代横綱昇進。1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 角番

    角番から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大関から関脇の地位へ陥落し、転落直後の場所で10勝以上を挙げて大関に特例復帰した力士は、三重ノ海、貴ノ浪、武双山、栃東の4人のみである。その内、三重ノ海は大関転落者で唯一の横綱昇進を果たし、栃東は2度の特例復帰を達成している。また関脇陥落場所で特例復帰の10勝を挙げられずに、のちに大関復活を果たした力士は魁傑ただ1人である(但し再昇進した4場所後に又も関脇陥落となった)。角番 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    また理事長が停年前に理事長職を辞し、停年退職まで「相談役」として番付に掲載(2000年(平成12年)以降では境川尚、時津風勝男、武蔵川晃偉、放駒輝門)されることもある。1959年(昭和34年)10月に発行された『大相撲』に「定年(停年、以下同)制実施の要綱」の記事に「定年になって種々の関係から残ってもらいたい、というときに相談役とするのであるが、従来による功労による相談役ではなく(中略)、相談役は番付にも掲載されない」とあり、時津風理事長の時代、武藏川(当時、出羽海)らが中心になって停年制実施を改革の一環として行ってきたが、1974年(昭和49年)3月場所の番付に、「相談役 武藏川喜偉」とある。当時新理事長に就任した春日野の要請で、皮肉にも自らが“停年延長”を前例として残すことになり、停年を迎えたにも関わらず相談役という肩書で番付に年寄名のまま残すこととなった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴竜力三郎

    鶴竜力三郎から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1月場所は初の連覇を目指し初日から連勝。2日目には行司差し違えで松鳳山に勝利するなど3連勝するも4日目から5連敗中だった荒鷲に負けるなど3連敗、御嶽海と荒鷲と2個の金星を与えている。荒鷲は初土俵から85場所目での初金星獲得は、昭和以降で7番目の遅さで、外国出身力士では最も遅いという記録を作った。さらに9日目の勢にも不覚をとりこの場所3個目の金星を与えてしまう。10日目の玉鷲戦も良いところなく敗戦。横綱の10日目終了時点での5敗(不戦敗除く)は、1980年名古屋場所の三重ノ海以来約37年ぶりの不名誉記録となった。結局、11日目から怪我などで休場した。詳しい症状は頸椎斜角筋損傷、左肩鎖関節脱臼で約1カ月のリハビリ加療を擁する見込みと診断されており周囲が想像していた以上の怪我であることが判明した。2017年3月場所は6日目に過去11戦全勝であった松鳳山に金星を配給するなど調子が上がらず、11日目に勝ち越しを決めたもののそこから2連敗し、残りを連勝して10勝5敗と何とか2ケタ白星に漕ぎ着けた。4月2日に伊勢神宮奉納大相撲で行われた幕内トーナメントでは選士宣言を行い、大会は準優勝と好調をアピール。鶴竜力三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    引退説まで囁かれたが、大鵬と九重理事(元千代の富士)はいずれも「(まだやれることを)考えるべきだ」と述べた。9日目までの5勝4敗という成績を受け、この日武蔵川理事長は休場を勧告し、10日目から休場することとなった。2場所連続休場はサッカー問題で出場停止処分を受けた2007年9月場所と11月場所を除けば自身初となる。武蔵川理事長は復帰後の場所で、進退がかかることを示唆し、朝青龍も進退をかけることを明言した。11月場所は休場。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

94件中 81 - 90件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード