前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た魁傑將晃

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た輪島大士輪島 大士

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た雅山哲士

    部屋の指導者としては横綱・武蔵丸のほか、武双山・出島・雅山という3大関を育て上げ、一時期は角界最多数の関取を擁して一時代を築いた。協会員としては役員待遇・監事(現:副理事)・理事と出世していき、2006年2月からは事業部長を務めた。その後、大相撲力士大麻問題を初めとした不祥事が相次ぎ、処遇を巡って北の湖理事長が理事長を辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代日本相撲協会理事長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た大鵬幸喜

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た武蔵丸光洋

    部屋の指導者としては横綱・武蔵丸のほか、武双山・出島・雅山という3大関を育て上げ、一時期は角界最多数の関取を擁して一時代を築いた。協会員としては役員待遇・監事(現:副理事)・理事と出世していき、2006年2月からは事業部長を務めた。その後、大相撲力士大麻問題を初めとした不祥事が相次ぎ、処遇を巡って北の湖理事長が理事長を辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代日本相撲協会理事長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た二子岳武

    1974年9月場所11日目における二子岳戦で引分を記録した。この一番を最後に幕内で「引分」は出ていない。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た北の湖敏満

    金星:5個(輪島2個、北の湖1個、琴櫻1個、北の富士1個)三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た武双山正士

    部屋の指導者としては横綱・武蔵丸のほか、武双山・出島・雅山という3大関を育て上げ、一時期は角界最多数の関取を擁して一時代を築いた。協会員としては役員待遇・監事(現:副理事)・理事と出世していき、2006年2月からは事業部長を務めた。その後、大相撲力士大麻問題を初めとした不祥事が相次ぎ、処遇を巡って北の湖理事長が理事長を辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代日本相撲協会理事長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た村山弘義

    2010年に発覚した大相撲野球賭博問題では、弟子の雅山が野球賭博に関与したために特別調査委員会から謹慎処分を受け、本人もその監督責任として特別調査委員会から同年7月4日から25日までの謹慎を勧告されたため、村山弘義に謹慎期間中における理事長代行を委嘱した。同年7月19日には高血圧で入院していたことが判明し、その後も胃癌の手術を受けて理事長職への復帰の見通しが立たなかったため、当初の委嘱期間が終了して以降も村山がそのまま理事長代行を務めた。同年8月5日に理事長職へ復帰したものの、同年8月12日に行われた臨時理事会で正式に理事長辞任を表明し、後任には放駒親方(元大関・魁傑)が選出された。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た出島武春

    部屋の指導者としては横綱・武蔵丸のほか、武双山・出島・雅山という3大関を育て上げ、一時期は角界最多数の関取を擁して一時代を築いた。協会員としては役員待遇・監事(現:副理事)・理事と出世していき、2006年2月からは事業部長を務めた。その後、大相撲力士大麻問題を初めとした不祥事が相次ぎ、処遇を巡って北の湖理事長が理事長を辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代日本相撲協会理事長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード