51件中 11 - 20件表示
  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た貴ノ花利彰

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た佐田の山晋松

    横綱土俵入りは雲龍型を選択し、指導は師匠である出羽海親方(元横綱・佐田の山)が行った。横綱昇進後は1979年11月場所と翌1980年1月場所に連続優勝を果たすものの、その後は怪我や病気で休場が多く、15日皆勤した場所はわずかに4場所しかなく、横綱在位場所数は8場所と短命に終わった。1980年11月場所中に引退を表明し、短期間だけ年寄・山科を襲名した後、すぐに年寄・武蔵川を襲名し、1981年8月には出羽海部屋から分家独立して武蔵川部屋を創設した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た琴櫻傑將

    金星:5個(輪島2個、北の湖1個、琴櫻1個、北の富士1個)三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た玉の海正洋

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た長谷川勝敏

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た出羽ノ花國市

    横綱昇進の際には、入門時の師匠である13代武蔵川(元幕内・出羽ノ花)から「一簣功(いっきのこう)」という言葉を贈られた。「九仞の功一簣に虧(か)く」という故語からの引用で、「苦労の末に晩年に横綱になったが、これで安心せずもう一花咲かせてみせよ」という思いが込められた言葉である。三揃えの化粧廻しにはこの「一簣功」の三文字をあしらったものがあり(「一」は露払い、「簣」は横綱、「功」は太刀持ちが着用。文字の筆を執ったのは13代武蔵川本人)、自身の還暦土俵入りでも使用された。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た安藝ノ海節男

    巧みな前捌きで相手に力を出させずに勝つ相撲を身上として、前廻しを引いての速攻で「相手はまだこれからと思っているうち、いつの間にか土俵を割ってしまう」ことから「妖気の漂う土俵」とも称された。「安藝ノ海二世」と評されたこともある。前捌きの一環として張り差しを多用し、1977年11月場所の輪島戦では、自身の張り手による相手の脳震盪によって寄り切りで勝利しているが、自分の体勢を作れないときは強引な張り手の連発で自滅することもあった。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た北の富士勝昭

    金星:5個(輪島2個、北の湖1個、琴櫻1個、北の富士1個)三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た松阪市

    三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身の元大相撲力士。第57代横綱。本名は石山 五郎(いしやま ごろう)。得意技は左四つ、寄り、上手出し投げ。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た三段目

    入門後は二番出世で序二段に13場所も留まるなど出世は遅く、非力で体格にも恵まれていなかったため期待されていなかった。それでも1967年9月場所に三段目優勝を果たしてからは幕下に定着し、1969年3月場所に新十両に昇進し、同年9月場所には新入幕を果たした。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード