51件中 31 - 40件表示
  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た廻し

    横綱昇進の際には、入門時の師匠である13代武蔵川(元幕内・出羽ノ花)から「一簣功(いっきのこう)」という言葉を贈られた。「九仞の功一簣に虧(か)く」という故語からの引用で、「苦労の末に晩年に横綱になったが、これで安心せずもう一花咲かせてみせよ」という思いが込められた言葉である。三揃えの化粧廻しにはこの「一簣功」の三文字をあしらったものがあり(「一」は露払い、「簣」は横綱、「功」は太刀持ちが着用。文字の筆を執ったのは13代武蔵川本人)、自身の還暦土俵入りでも使用された。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た上手出し投げ

    三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身の元大相撲力士。第57代横綱。本名は石山 五郎(いしやま ごろう)。得意技は左四つ、寄り、上手出し投げ三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た横綱

    三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身の元大相撲力士。第57代横綱。本名は石山 五郎(いしやま ごろう)。得意技は左四つ、寄り、上手出し投げ。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た十両

    入門後は二番出世で序二段に13場所も留まるなど出世は遅く、非力で体格にも恵まれていなかったため期待されていなかった。それでも1967年9月場所に三段目優勝を果たしてからは幕下に定着し、1969年3月場所に新十両に昇進し、同年9月場所には新入幕を果たした。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た初土俵

    1948年に三重県松阪市で生まれる。小学校のころはベルトを買う金もなく、母の腰巻の紐で代用していたほどの貧窮家庭に育った。松阪市立鎌田中学校在学中に父親を亡くしたため、中学卒業後に一度就職したものの、以前から夢に描いていた力士になりたくて出羽海部屋に入門し、1963年7月場所において初土俵を踏んだ。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た太刀持ち

    2007年6月16日には、2002年の北の富士以来5年ぶり史上8人目となる還暦土俵入りをホテルグランパシフィックメリディアンで行った。太刀持ちは出島、露払いは雅山が務めた。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た出羽海

    横綱土俵入りは雲龍型を選択し、指導は師匠である出羽海親方(元横綱・佐田の山)が行った。横綱昇進後は1979年11月場所と翌1980年1月場所に連続優勝を果たすものの、その後は怪我や病気で休場が多く、15日皆勤した場所はわずかに4場所しかなく、横綱在位場所数は8場所と短命に終わった。1980年11月場所中に引退を表明し、短期間だけ年寄・山科を襲名した後、すぐに年寄・武蔵川を襲名し、1981年8月には出羽海部屋から分家独立して武蔵川部屋を創設した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た横綱土俵入り

    横綱土俵入りは雲龍型を選択し、指導は師匠である出羽海親方(元横綱・佐田の山)が行った。横綱昇進後は1979年11月場所と翌1980年1月場所に連続優勝を果たすものの、その後は怪我や病気で休場が多く、15日皆勤した場所はわずかに4場所しかなく、横綱在位場所数は8場所と短命に終わった。1980年11月場所中に引退を表明し、短期間だけ年寄・山科を襲名した後、すぐに年寄・武蔵川を襲名し、1981年8月には出羽海部屋から分家独立して武蔵川部屋を創設した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た放駒

    2010年に発覚した大相撲野球賭博問題では、弟子の雅山が野球賭博に関与したために特別調査委員会から謹慎処分を受け、本人もその監督責任として特別調査委員会から同年7月4日から25日までの謹慎を勧告されたため、村山弘義に謹慎期間中における理事長代行を委嘱した。同年7月19日には高血圧で入院していたことが判明し、その後も胃癌の手術を受けて理事長職への復帰の見通しが立たなかったため、当初の委嘱期間が終了して以降も村山がそのまま理事長代行を務めた。同年8月5日に理事長職へ復帰したものの、同年8月12日に行われた臨時理事会で正式に理事長辞任を表明し、後任には放駒親方(元大関・魁傑)が選出された。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見たホテルグランパシフィック・ル・ダイバ

    2007年6月16日には、2002年の北の富士以来5年ぶり史上8人目となる還暦土俵入りをホテルグランパシフィックメリディアンで行った。太刀持ちは出島、露払いは雅山が務めた。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード