51件中 41 - 50件表示
  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た大島 (相撲)

    2013年2月3日に日本相撲協会を定年退職し、年寄名跡・武蔵川を藤島部屋の部屋付き親方である3代大島親方(元横綱・武蔵丸)に譲渡して、自身は同年2月4日に相撲博物館の第6代館長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た暴れん坊将軍

    長男の石山俊明は本名の「石山」を四股名として三段目まで昇進した元力士で、引退後は俳優として『GTO』や『暴れん坊将軍』に出演したことがある。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た序二段

    入門後は二番出世で序二段に13場所も留まるなど出世は遅く、非力で体格にも恵まれていなかったため期待されていなかった。それでも1967年9月場所に三段目優勝を果たしてからは幕下に定着し、1969年3月場所に新十両に昇進し、同年9月場所には新入幕を果たした。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た還暦土俵入り

    2007年6月16日には、2002年の北の富士以来5年ぶり史上8人目となる還暦土俵入りをホテルグランパシフィックメリディアンで行った。太刀持ちは出島、露払いは雅山が務めた。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た引分 (相撲)

    1974年9月場所11日目における二子岳戦で引分を記録した。この一番を最後に幕内で「引分」は出ていない。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た藤島 (相撲)

    2010年9月30日に、年寄名跡は交換せずに部屋付き親方である藤島親方(元大関・武双山)に部屋を譲渡する形で武蔵川部屋は藤島部屋と新たに名称が変更され、武蔵川は部屋の最高指導者の座から退いた。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た捻挫

    ところが、新大関として迎えた1976年1月場所中に左足首を捻挫し、続く3月場所と5月場所にそれぞれ途中休場して2場所連続で負け越してしまい、翌7月場所には関脇へ陥落した。翌9月場所では関脇の地位で10勝を挙げ、1場所で大関復帰を果たした。これは1969年7月場所に「大関の地位で2場所連続負け越した場合は関脇へ降格。ただし降格直後の場所で10勝以上の勝ち星を挙げれば大関復帰」という「大関特例復帰」の制度が制定されてから最初の適用例となった。しかし、大関へ復帰してからもしばらくは2桁勝利すら挙げられず、角番を2回経験するという苦しい土俵が続いた。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た大相撲野球賭博問題

    2010年に発覚した大相撲野球賭博問題では、弟子の雅山が野球賭博に関与したために特別調査委員会から謹慎処分を受け、本人もその監督責任として特別調査委員会から同年7月4日から25日までの謹慎を勧告されたため、村山弘義に謹慎期間中における理事長代行を委嘱した。同年7月19日には高血圧で入院していたことが判明し、その後も胃癌の手術を受けて理事長職への復帰の見通しが立たなかったため、当初の委嘱期間が終了して以降も村山がそのまま理事長代行を務めた。同年8月5日に理事長職へ復帰したものの、同年8月12日に行われた臨時理事会で正式に理事長辞任を表明し、後任には放駒親方(元大関・魁傑)が選出された。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た大相撲力士

    三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身の元大相撲力士。第57代横綱。本名は石山 五郎(いしやま ごろう)。得意技は左四つ、寄り、上手出し投げ。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見たGTO (1998年のテレビドラマ)

    長男の石山俊明は本名の「石山」を四股名として三段目まで昇進した元力士で、引退後は俳優として『GTO』や『暴れん坊将軍』に出演したことがある。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード