98件中 61 - 70件表示
  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た序二段

    入門後は二番出世で序二段に13場所もとどまるなど出世は遅く、非力で体格にも恵まれていなかったため期待されていなかった。それでも1967年9月場所に三段目優勝を果たしてからは幕下に定着して周囲にも期待されるようになった。1969年3月場所には十両に昇進、同年9月場所には新入幕を果たした。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た小結

    入幕から6場所で小結に昇進して2横綱(大鵬・玉の海)を破り、8勝7敗と勝ち越して初の三賞(殊勲賞)を受賞した。その後概ね幕内上位に定着し、1971年11月場所に小結で11勝を挙げて技能賞を獲得してからは、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑(現放駒)らとともに大関候補とされるようになった。また、角界の将来を担うと考えられた若手を「三角大福」にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ぶこともあった。しかし、1972年後半から肝臓病が悪化し、1974年は入幕した1969年を除いて初めて1年間平幕で過ごした。その間、1974年9月場所11日目の前頭6枚目二子岳戦で引分を記録した。この一番以後、幕内の取組で引分は出ていない。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た大相撲力士大麻問題

    部屋の指導者としては横綱武蔵丸(現・振分)のほか武双山(現・藤島)・出島(現・大鳴戸)・雅山の三大関を送り出した。外国出身力士に元学生横綱と、序ノ口からの叩き上げの日本人力士でなかった点では今ひとつ評価が低いものの(他に三役力士として、共に小結の垣添=学生相撲出身・現役=、和歌乃山=「花の六三組」・退職=の叩き上げ力士も育成)、一時期は角界最多数の関取を擁し一時代を築いた。協会員としては役員待遇、監事、理事とステップアップをする。2002年の理事選では投票で湊親方(元小結・豊山)と9票で並ぶが、決選投票で湊親方を破る形で当選している。2006年2月より事業部長を務めていた。その後角界に不祥事が相次ぎ、大相撲力士大麻問題の処理を巡って北の湖理事長が辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代理事長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た幕下

    入門後は二番出世で序二段に13場所もとどまるなど出世は遅く、非力で体格にも恵まれていなかったため期待されていなかった。それでも1967年9月場所に三段目優勝を果たしてからは幕下に定着して周囲にも期待されるようになった。1969年3月場所には十両に昇進、同年9月場所には新入幕を果たした。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た藤島部屋

    2010年9月30日に年寄名跡は交換せずに藤島親方に部屋を継承する形で、武蔵川部屋は藤島部屋と新たに名称が変更され、武蔵川は部屋の最高指導者の座からは退いた。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た武蔵川部屋

    それでも肝臓病の症状が改善した1978年ごろからは二桁勝利が増えて本来の力を出し始めた。1979年3月場所から10勝、13勝と続き、7月場所で14勝の優勝同点(輪島と優勝決定戦)の成績を挙げ横綱に推挙され、ワンチャンスで最高位をつかんだ。現在まで、大関陥落経験のある力士が横綱に昇進した唯一の例である。また、大関時代の勝率5割9分4厘は、戦後に横綱に昇進した力士としては最も低い勝率だった。昇進2、3場所目に連続優勝を果たすがその後は怪我・病気などで休場が多く、15日皆勤したのは4場所のみであった。1980年11月場所限りで現役を引退した後は年寄・山科を経て武蔵川を襲名し、出羽海部屋から分家独立して武蔵川部屋を興した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た山科 (相撲)

    それでも肝臓病の症状が改善した1978年ごろからは二桁勝利が増えて本来の力を出し始めた。1979年3月場所から10勝、13勝と続き、7月場所で14勝の優勝同点(輪島と優勝決定戦)の成績を挙げ横綱に推挙され、ワンチャンスで最高位をつかんだ。現在まで、大関陥落経験のある力士が横綱に昇進した唯一の例である。また、大関時代の勝率5割9分4厘は、戦後に横綱に昇進した力士としては最も低い勝率だった。昇進2、3場所目に連続優勝を果たすがその後は怪我・病気などで休場が多く、15日皆勤したのは4場所のみであった。1980年11月場所限りで現役を引退した後は年寄・山科を経て武蔵川を襲名し、出羽海部屋から分家独立して武蔵川部屋を興した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た間垣

    横綱土俵入りは雲竜型を選択。土俵入りの指導は、当時の部屋の師匠だった出羽海親方(元横綱佐田の山)が行った。出羽海一門出身の横綱は総て雲竜型であり、かつ雲竜型は横綱として長く大いに活躍できると言われているが、三重ノ海の場合は横綱昇進が既に31歳と高齢だった事もあって、横綱在位場所数はわずか8場所(横綱在位場所数最短記録2位タイ)と短命に終わった。 ちなみに三重ノ海昇進から引退まで4横綱(北の湖・輪島・若乃花(現間垣)・三重ノ海)だったが、4人とも雲竜型だった。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見たABO式血液型

    三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身で出羽海部屋所属の元大相撲力士、第57代横綱。本名は石山五郎(いしやま ごろう)、現役時代の体格は身長181cm、体重135kg。現在は年寄・14代武蔵川、現在日本相撲協会理事、前理事長(第10代2008年9月8日?2010年8月12日)。血液型A型三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た俳優

    長男の石山俊明は本名を四股名として三段目まで昇進した元力士であり、引退後は俳優として「GTO」や「暴れん坊将軍」に出演したことがある(2008年9月14日放送のTBS「アッコにおまかせ!」での情報)。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード