98件中 81 - 90件表示
  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見たトラブル

    2010年2月4日、第68代横綱朝青龍が度重なるトラブルにより現役引退を表明。同年3月14日の大相撲3月場所初日では、恒例の協会ご挨拶で朝青龍の引退報告と共に、武蔵川理事長自ら「大相撲を愛して下さった全ての皆様に、多大なご迷惑とご心配をお掛けした事を、心よりお詫び申し上げます」等と、異例とも言える謝罪の言葉を述べていた。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た武蔵川

    三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身で出羽海部屋所属の元大相撲力士、第57代横綱。本名は石山五郎(いしやま ごろう)、現役時代の体格は身長181cm、体重135kg。現在は年寄・14代武蔵川、現在日本相撲協会理事、前理事長(第10代2008年9月8日?2010年8月12日)。血液型A型。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た立合い

    横綱北の湖との対戦成績は13勝26敗。大関昇進の頃までは北の湖にとって苦手の一人とされ、対戦成績も互角であったが、1976年11月場所から15連敗と歯が立たなくなった。その間1978年1月場所、北の湖に対し奇策猫騙しを敢行したが失敗に終わった。だが、1979年5月場所には32連勝中の北の湖に立合い変化しての上手出し投げで16場所ぶりの勝利を挙げ、北の湖にとっては連勝ストップの痛い黒星となった。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た初土俵

    松阪市立鎌田中学校卒業。小学校の頃はベルトを買う金もなく、母の腰巻のひもで代用していたというほどの貧窮家庭に育った。在学中に父を亡くし益々貧困に喘いだ為、力士を志した。中学卒業後は一度は就職したが相撲取りの夢を諦め切れず、出羽海部屋に入門し、1963年7月場所で初土俵を踏んだ。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た大相撲野球賭博問題

    2010年に起きた大相撲野球賭博問題を受けて設置された特別調査委員会からは、弟子の普天王が野球賭博に関与し謹慎となり、その責任を取り(名古屋場所千秋楽)7月4日から7月25日、までの謹慎を勧告され、それを受け入れた為、7月4日理事長代行として村山弘義を立てている。7月19日には高血圧で既に1週間前より入院していたことが判明し、その後も胃癌の手術を受けるなど復帰の見通しがたたず、8月5日に復帰するまで村山がそのまま代行を続投した。8月12日午前に開かれた臨時理事会で正式に理事長辞任を表明し、後任には放駒輝門が選出された。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た太刀持ち

    なお2007年6月16日には、2002年の北の富士(現・NHK相撲解説者)以来5年ぶり史上8人目となる還暦土俵入りを、東京・台場のホテルグランパシフィックメリディアン(現ホテルグランパシフィック・ル・ダイバ)で行った。その際に太刀持ちを務めた力士は出島、露払いを務めた力士は雅山であり、それぞれ大関まで進んだ部屋の現役力士だった。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た学生横綱

    部屋の指導者としては横綱武蔵丸(現・振分)のほか武双山(現・藤島)・出島(現・大鳴戸)・雅山の三大関を送り出した。外国出身力士に元学生横綱と、序ノ口からの叩き上げの日本人力士でなかった点では今ひとつ評価が低いものの(他に三役力士として、共に小結の垣添=学生相撲出身・現役=、和歌乃山=「花の六三組」・退職=の叩き上げ力士も育成)、一時期は角界最多数の関取を擁し一時代を築いた。協会員としては役員待遇、監事、理事とステップアップをする。2002年の理事選では投票で湊親方(元小結・豊山)と9票で並ぶが、決選投票で湊親方を破る形で当選している。2006年2月より事業部長を務めていた。その後角界に不祥事が相次ぎ、大相撲力士大麻問題の処理を巡って北の湖理事長が辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代理事長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た四股名

    長男の石山俊明は本名を四股名として三段目まで昇進した元力士であり、引退後は俳優として「GTO」や「暴れん坊将軍」に出演したことがある(2008年9月14日放送のTBS「アッコにおまかせ!」での情報)。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た振分

    部屋の指導者としては横綱武蔵丸(現・振分)のほか武双山(現・藤島)・出島(現・大鳴戸)・雅山の三大関を送り出した。外国出身力士に元学生横綱と、序ノ口からの叩き上げの日本人力士でなかった点では今ひとつ評価が低いものの(他に三役力士として、共に小結の垣添=学生相撲出身・現役=、和歌乃山=「花の六三組」・退職=の叩き上げ力士も育成)、一時期は角界最多数の関取を擁し一時代を築いた。協会員としては役員待遇、監事、理事とステップアップをする。2002年の理事選では投票で湊親方(元小結・豊山)と9票で並ぶが、決選投票で湊親方を破る形で当選している。2006年2月より事業部長を務めていた。その後角界に不祥事が相次ぎ、大相撲力士大麻問題の処理を巡って北の湖理事長が辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代理事長に就任した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た入幕

    入門後は二番出世で序二段に13場所もとどまるなど出世は遅く、非力で体格にも恵まれていなかったため期待されていなかった。それでも1967年9月場所に三段目優勝を果たしてからは幕下に定着して周囲にも期待されるようになった。1969年3月場所には十両に昇進、同年9月場所には新入幕を果たした。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

98件中 81 - 90件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード