84件中 11 - 20件表示
  • 神保相茂

    神保相茂から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    武蔵 \(格闘家\) - 相茂の女系子孫にあたる。詳しくは武蔵 (格闘家)を参照のこと。神保相茂 フレッシュアイペディアより)

  • ゲガール・ムサシ

    ゲガール・ムサシから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜でK-1ルールで武蔵と対戦。対戦が決定した際には、ゲガールが武蔵に対して「負けたらリングネームを本名の森昭生にするか、小次郎(宮本武蔵に敗れた佐々木小次郎のことを指している)に変えろ」と要求しているというコメントが発表された。試合では1Rの内に3度のダウンを奪い、1ラウンドKO勝ち。なお、敗れた武蔵は改名を拒否した。ゲガール・ムサシ フレッシュアイペディアより)

  • 澤屋敷純一

    澤屋敷純一から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    右手首の負傷によりASIA GP、世界最終予選への出場は見送られたため、WORLD GP 2007への道は閉ざされたに見えたが、武蔵を抑え、主催者推薦枠での参戦が決定した。澤屋敷純一 フレッシュアイペディアより)

  • セミー・シュルト

    セミー・シュルトから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    4月21日、K-1初参戦となったK-1 BURNING 2002では武蔵と対戦し、僅差の判定勝ち。試合後、「タフなファイトでした。思った通りの試合運びじゃ無かったけど、とりあえず勝ててうれしい。」とコメントした。セミー・シュルト フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    12月7日、K-1 WORLD GP 2002 決勝戦では、準々決勝で武蔵に2ラウンドKO勝利し、準決勝はマーク・ハントとの4度目の対戦となり、キックを主体としたインサイドワークで、準決勝のレコ戦で膝の靭帯を痛めていたハントからローキックでダウンを奪い、試合終了間際にダウンを奪われるも判定勝利。決勝ではアーネスト・ホーストのミドルキックを受けて左腕を粉砕骨折し、3ラウンドKO負け。粉砕骨折した左腕を治すためにプレート2本とボルト13本を埋め込む手術を行った。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • タケル (格闘家)

    タケル (格闘家)から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    K-1デビュー当時は佐竹雅昭、武蔵に次ぐ「正道会館第三の男」として売り出された。得意技は、首相撲からの膝蹴り。タケル (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • パク・ヨンス

    パク・ヨンスから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    2007年8月5日、K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONGで武蔵と対戦。反則の金的を2回蹴ってしまい、インターバル後に復活した武蔵のフックの連打を浴び失神KO負け。後にこの金的の件に関して「最初の2回目までは直接当たっていなかったが3回目は当たってしまい、心理的にも不安になった」と述べている。パク・ヨンス フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹雅昭

    佐竹雅昭から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    1999年10月5日、K-1 GRAND PRIX '99の1回戦で武蔵と対戦し、ダウンを奪うも判定負け。その直後リングサイドにいた石井和義館長と結果を巡って激しい口論を交わした。この敗戦を最後にK-1および正道会館から離脱。佐竹雅昭 フレッシュアイペディアより)

  • 森昭生

    森昭生から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    森昭生 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・オヘア

    ショーン・オヘアから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    2004年12月31日、K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!にて武蔵とK-1ルールで対戦。2Rに左ハイキックでKO負けを喫した。ショーン・オヘア フレッシュアイペディアより)

84件中 11 - 20件表示

「武蔵」のニューストピックワード