84件中 51 - 60件表示
  • エヴェルトン・テイシェイラ

    エヴェルトン・テイシェイラから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    2008年9月27日、K-1 WORLD GP 2008 IN SEOUL FINAL16で武蔵と対戦し、判定勝ち。エヴェルトン・テイシェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・アッカ

    ベルナール・アッカから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で武蔵とK-1ルールで対戦。1R序盤にパンチラッシュを見せたが、スタミナが切れ徐々に失速。最後はカウンターの右フックで失神KO負け。ベルナール・アッカ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス結社魔界倶楽部

    プロレス結社魔界倶楽部から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    シアトル出身で6人兄弟の末っ子。長井満也の友人。総合格闘技に精通。正体は不明だが背格好が熱心に魔界倶楽部へ勧誘していた成瀬昌由にそっくりである。選手として試合に参加したことは無いが試合のセコンド、柴田勝頼対天田ヒロミ戦で柴田のセコンド、武蔵戦の練習に参加した。プロレス結社魔界倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ハント

    マーク・ハントから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    同日の準決勝で、ジェロム・レ・バンナとの4度目の対戦。準々決勝で武蔵をKOして大きなダメージ無く勝ち上がったバンナに対して、ハントは準々決勝のレコ戦で膝の十字靭帯を損傷している状態。試合開始と同時に激しい打ち合いが展開されてお互い一歩も引かない。1R終了間際にバンナのローキックを受けたハントはステップが乱れ、同日レコ戦でのダメージを隠せない。2Rにはクリンチ際にバンナがハントを投げようとするがハントはビクともせず、それを受けて今度はハントがバンナをコーナーまで投げ飛ばした。直後の攻防ではバンナの右ローキックでダウンを奪われた。その後は足の負傷によりあまり動けないハントに対してバンナが次々とパンチやローキックを打ち込み、ハイキックも計4発当てて優勢に試合を勧める。だがどれだけ打たれてもハントは倒れる気配が無く、あまりの打たれ強さに会場がどよめく。ハントの痛めた足を狙い過ぎて得意の左ミドルキックなどをほとんど打たず、攻撃が右ローキックに固執しがちなバンナに対してハントがカウンターを狙う場面もあった。試合は3Rになり、このままバンナ優勢で終わると思われた矢先、試合終了の10秒前にバンナの右フックにハントがカウンターの右フックをヒットさせてバンナがダウン。その瞬間、東京ドームの7万4500人の観客は総立ちとなった。試合は判定となり、ハントは判定負けを喫した。この結果、ハントはGP FINALの準決勝で敗れ、2年連続のK-1王者という栄冠は逃す形となったがK-1のベスト3ファイターとして表彰された。マーク・ハント フレッシュアイペディアより)

  • GLORY (格闘技)

    GLORY (格闘技)から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    同年9月20日に東京で行われた会見で、改めて12月2日に幕張メッセにて16人参加の1Dayトーナメント『GLORY 4 Tokyo - GRAND SLAM - Heavyweight』の開催を発表。また、2013年の計画として合計14大会の開催、65kg級、77kg級、85kg級、95kg級で8人トーナメントの『SLAM』を開催、ヘビー級と70kg級では16人トーナメントの『GRAND SLAM』を開催、GLORYへの出場者を発掘する登竜門大会『Road To GLORY』という地方イベントもスタートさせてアメリカや日本で開催、戦績に基づいて自動的に点数が計算されるランキング制度の導入、独自の選手育成のためのトレーニングセンターも世界数カ所に設置計画、『Road To GLORY』以外でも少なくとも3大会を東京で開催などを発表した。GLORYのオフィシャル・コメンテーターには武蔵が就任した。GLORY (格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・ペタス

    ニコラス・ペタスから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    1998年よりK-1に参戦し、2001年に行われたK-1 JAPAN GP 2001に出場し、決勝戦では武蔵を破り、日本王者となった。ニコラス・ペタス フレッシュアイペディアより)

  • 村上和成

    村上和成から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    2003年12月31日、村上は「INOKI BOM-BA-YE 2003」にK-1のルールでステファン・"ブリッツ"・レコと対戦したが、1R右ハイキックで村上のKO負けとなった。村上は試合前のリング上で、花束の贈呈に来たK-1選手の武蔵に花束で殴りつける乱闘も繰り広げた。ただし、試合解説を務めた高山善廣曰く、「あれが彼なりの礼儀、彼があれをやらなかったらやばい、どうかしている」とのことであった。村上和成 フレッシュアイペディアより)

  • ミルコ・クロコップ

    ミルコ・クロコップから見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    1999年4月25日、「K-1 REVENGE '99」に出場し、約3年ぶりのK-1復帰を果たした。ミルコ・"クロコップ"・フィリポビッチとリングネームも変え、ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤに左ストレートで4RKO勝ちを収めた。6月20日には「K-1 BRAVES '99」に出場し、準々決勝でリッキー・ニケルソンにK-1のリングでは初となる右ハイキックで1RKO勝ち。準決勝ではジャビット・バイラミに延長1R判定負けを喫し、GP開幕戦の出場権を逃したものの、怪我人の発生で推薦枠で10月3日の「K-1 GRAND PRIX '99 開幕戦」に出場を果たした。マイク・ベルナルドからハイキックでいきなりダウンを奪うと、一気にラッシュを叩き込んで2つ目のダウンを奪って1RKO勝ちし、K-1四天王の1人を倒したことで一躍脚光を浴びるようになる。12月5日の「K-1 GRAND PRIX '99 決勝戦」では、緒戦の準々決勝では武蔵に2RKO勝ち、準決勝でサム・グレコに2RKO勝ちして決勝まで駒を進めたが、武蔵戦で痛めた脇腹を、続くグレコ戦でも痛めて肋骨を骨折してしまったこともあり、決勝ではアーネスト・ホーストにその部分を徹底的に攻められボディ打ちで3RKO負けを喫し、グランプリ準優勝に終わった。その後リングネームを現在のミルコ・クロコップに変更している。かつてのやや細身で迫力を欠く体格は見事にビルドアップされ、更にポーカーフェイスの精悍な顔つきも相まって「ターミネーター」のニックネームが定着。この頃から人気と実力を兼ね備えた、次世代を担う選手として注目されるようになった。ミルコ・クロコップ フレッシュアイペディアより)

  • 魔裟斗

    魔裟斗から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    ラスベガスでビッグマッチで戦うことを夢として挙げており、2003年にK-1 WORLD MAX初優勝を果たした後には「K-1 WORLD MAXで3連覇したら、ラスベガスでボクシング史上初の4団体統一世界ミドル級王者バーナード・ホプキンスと戦って引退したい」と発言したり、2008年6月のSRSと格闘技通信での武蔵との対談では「今年のK-1 WORLD MAXで優勝して来年はラスベガスでボクシング史上唯一の6階級制覇王者オスカー・デ・ラ・ホーヤと戦いたい」と発言していた。魔裟斗 フレッシュアイペディアより)

  • 野地竜太

    野地竜太から見た武蔵 (格闘家)武蔵 (格闘家)

    2002年1月11日、「一撃」旗揚げ戦のメインイベントで武蔵と対戦、判定負け。野地竜太 フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「武蔵」のニューストピックワード