139件中 91 - 100件表示
  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たK-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA

    2008年6月29日、K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKAで行われたK-1 JAPAN GPに出場。1回戦で前田慶次郎と対戦し、判定負け。試合後、谷川貞治K-1イベントプロデューサーは「武蔵選手は試合に出られる状態じゃなかったんです。左膝に水が溜まっていました。ですが、福岡を盛り上げないといけないですし、色々なことを考えて、澤屋敷純一選手が出られない中で出てもらったんです。主催者としては、可哀想なことをしてしまいました。今回は感謝していますよ。」と話した。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たK-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!

    2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!でボブ・サップと対戦。後頭部への反則パンチを連打されるという反則攻撃を受けるが、試合を続行し判定勝ち。アクシデント後も試合を続けたことに対して「あのままでも勝てたかも知れない。でも、お客さんが喜ばない勝ちなど欲しくない。ハンデはあるが、やることの方が大事だと思っていた」と語った。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たミドルキック

    武蔵流といわれる相手の攻撃をかわしながら放つカウンター攻撃や、ハイの初期軌道で左ミドルを打つフェイントキックで、日本のエースとして数多くの強豪と戦ってきた。ディフェンス技術やミドルキック、パンチを打った直後にクリンチで反撃を逃れるクリンチワークに長けており、アーネスト・ホーストやピーター・アーツにもこの部分に関しては評価されている。また、基本的に足を使ったアウトボクシングスタイルで戦うため、引いたところにパンチを合わせられて倒れる実質ダメージのないダウンが多い。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たハイキック

    2004年5月3日、新日本プロレス所属の柴田勝頼と異種格闘技戦を行い左ハイキックで勝利。この日、記者会見で柴田と乱闘したり、試合で倒れている柴田に攻撃(反則)したりと一度だけプロレスを体験する。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た格闘技通信

    2000年1月25日、地元日本で全盛期真っ只中のピーター・アーツと対戦。1Rから左ミドルをヒットさせるなど本戦3Rを有利に進めたにもかかわらず、全ジャッジに30対30のドローとされ、スタミナの切れた延長RでKO負けを喫した。同大会では、試合をインタビュールームで観戦していた天田ヒロミが、本戦3Rをドローとされたことに対して非常に驚いている様子が放送されている。この試合についてアンディ・フグは「アーツ戦こそが武蔵の弱さが出た試合だった。運良くアーツが不調だったのに最初から勝てないと諦めているから負けるんだ」とコメント(格闘技通信No.249のインタビューより)しており、日本人初のアーツ越えを不運な形で逃すこととなった。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たクリンチ

    武蔵流といわれる相手の攻撃をかわしながら放つカウンター攻撃や、ハイの初期軌道で左ミドルを打つフェイントキックで、日本のエースとして数多くの強豪と戦ってきた。ディフェンス技術やミドルキック、パンチを打った直後にクリンチで反撃を逃れるクリンチワークに長けており、アーネスト・ホーストやピーター・アーツにもこの部分に関しては評価されている。また、基本的に足を使ったアウトボクシングスタイルで戦うため、引いたところにパンチを合わせられて倒れる実質ダメージのないダウンが多い。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たメルボルン

    2003年7月27日、メルボルンでクリス・クリソポリディスと対戦。ボディを効かせ有利に試合を進めたが、相手の地元であったためドローとなった。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たオランダ

    2008年12月31日、「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」でK-1ルール初挑戦のゲガール・ムサシと対戦。「ムサシ」対決として試合前にゲガールから改名マッチを突きつけられた。日本で行なわれた試合ではあったが、客層の多くがMMAファンであったため日本人の武蔵がブーイングを受ける独特の雰囲気での試合となった。試合は、序盤キックで応戦するものの、ムサシのパンチ主体の攻撃に圧倒され1Rに3度のダウンを喫しKO負け。試合後、「試合で固くなってしまって情けない。次はK-1のリングでムサシとやりたいです。Dynamite!!はリングに上がったらアウェーな感じがしました。ずっとこの名前でやってきて変える気もないし、どんな名前に変えればいいかわからない。」とコメントした。これに対してゲガール・ムサシは「僕は日本人でもなく、K-1ファイターでもないのに、勇気を出してアウェーである日本のリングでK-1ルールで武蔵と戦ったんだから、屈辱を晴らしたいなら僕が住んでいるオランダのリングで総合格闘技ルールで再戦するのが筋じゃないの?」とコメントしている。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た世界ボクシング協会

    旧リングネームはムサシ。リングネームの由来は右も左も両方撃てる二刀流であることから。弟はキックボクサーのTOMO。トレーナーは元WBA世界スーパーミドル級チャンピオンのフランク・ライルズ。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たスーパーミドル級

    旧リングネームはムサシ。リングネームの由来は右も左も両方撃てる二刀流であることから。弟はキックボクサーのTOMO。トレーナーは元WBA世界スーパーミドル級チャンピオンのフランク・ライルズ。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

139件中 91 - 100件表示

「武蔵」のニューストピックワード