139件中 41 - 50件表示
  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た日本赤十字社

    アニメ『一休さん』に登場する「蜷川新右エ門」のモデルとなった室町時代の政所公役・蜷川親当の子孫である。また国際赤十字赤新月社連盟の発案者であり日本赤十字社の顧問であった法学博士・蜷川新のひ孫である(蜷川親当が蜷川家8代目、蜷川新が23代目にあたる。蜷川新の次男であり武蔵の祖父の蜷川浩が森家に養子として入る)。また、芸人の猫ひろしは遠戚。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たショーン・オヘア

    2004年12月31日、K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!でショーン・オヘアと対戦。2Rに左ハイキックでKO勝ち。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たモンターニャ・シウバ

    2003年6月29日、K-1 BEAST II 2003でモンターニャ・シウバと対戦。シウバが反則のマウントパンチを連打するという前代未聞の行動を取り、武蔵の反則勝ちとなった。武蔵はルールを無視したシウバに対して激しい怒りを見せた。K-1競技統括プロデューサーの角田信朗は、「モンターニャをK-1から追放したい。また出すようなら僕は競技統括を辞めます」と語った。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たランディ・キム

    2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!で元砲丸投げ選手ランディ・キムと対戦しKO勝ち。大晦日にようやく2006年の初勝利を挙げた。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たTOMO (格闘家)

    旧リングネームはムサシ。リングネームの由来は右も左も両方撃てる二刀流であることから。弟はキックボクサーのTOMO。トレーナーは元WBA世界スーパーミドル級チャンピオンのフランク・ライルズ。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たパトリック・スミス

    1995年9月3日、K-1 REVENGE IIでパトリック・スミスとデビュー戦を行い、2RKO勝ち。当時は83kgであった。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たジョシー・デンプシー

    2002年7月14日、K-1 WORLD GP 2002 in FUKUOKAでジョシー・デンプシーと対戦。パンチと蹴りを何度もヒットさせ判定勝ち。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たゲガール・ムサシ

    2008年12月31日、「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」でK-1ルール初挑戦のゲガール・ムサシと対戦。「ムサシ」対決として試合前にゲガールから改名マッチを突きつけられた。日本で行なわれた試合ではあったが、客層の多くがMMAファンであったため日本人の武蔵がブーイングを受ける独特の雰囲気での試合となった。試合は、序盤キックで応戦するものの、ムサシのパンチ主体の攻撃に圧倒され1Rに3度のダウンを喫しKO負け。試合後、「試合で固くなってしまって情けない。次はK-1のリングでムサシとやりたいです。Dynamite!!はリングに上がったらアウェーな感じがしました。ずっとこの名前でやってきて変える気もないし、どんな名前に変えればいいかわからない。」とコメントした。これに対してゲガール・ムサシは「僕は日本人でもなく、K-1ファイターでもないのに、勇気を出してアウェーである日本のリングでK-1ルールで武蔵と戦ったんだから、屈辱を晴らしたいなら僕が住んでいるオランダのリングで総合格闘技ルールで再戦するのが筋じゃないの?」とコメントしている。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たハリッド"ディ・ファウスト"

    2006年9月30日、K-1 WORLD GP 2006 in OSAKA 開幕戦で、GP初出場の新鋭ハリッド"ディ・ファウスト"に2-1の判定負け。この試合で武蔵はパンチの連打で圧倒される場面もあったが、ジャッジの一人は武蔵を支持した。この件についてK-1プロデューサーの谷川貞治も「武蔵を支持したジャッジはおかしいですね」とコメントしていた。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たニコラス・ペタス

    2001年8月19日、2連覇中のJAPAN GPに出場。準々決勝で大石亨、準決勝で中迫剛にそれぞれ3R判定勝ちで決勝に進出するも、連続KOで勝ち上がってきたニコラス・ペタスに延長でダウンを奪われ判定負け。試合後、ジェロム・レ・バンナに「お前の方が強いのになぜ負けたんだ!」と叱られたという(「K-1 10年の奇跡」のバンナインタビューより)。また、同インタビューでバンナは武蔵について「俺達は同志だし、俺はすごい武蔵ファンなんだ。」と語っている。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

139件中 41 - 50件表示

「武蔵」のニューストピックワード