158件中 51 - 60件表示
  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たゲガール・ムサシ

    2008年12月31日、「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」でK-1ルール初挑戦のゲガール・ムサシと対戦。「ムサシ」対決として試合前にゲガールから改名マッチを突きつけられた。日本で行なわれた試合ではあったが、客層の多くがMMAファンであったため日本人の武蔵がブーイングを受ける独特の雰囲気での試合となった。試合は、序盤キックで応戦するものの、ムサシのパンチ主体の攻撃に圧倒され1Rに3度のダウンを喫しKO負け。試合後、「試合で固くなってしまって情けない。次はK-1のリングでムサシとやりたいです。Dynamite!!はリングに上がったらアウェーな感じがしました。ずっとこの名前でやってきて変える気もないし、どんな名前に変えればいいかわからない。」とコメントした。これに対してゲガール・ムサシは「僕は日本人でもなく、K-1ファイターでもないのに、勇気を出してアウェーである日本のリングでK-1ルールで武蔵と戦ったんだから、屈辱を晴らしたいなら僕が住んでいるオランダのリングで総合格闘技ルールで再戦するのが筋じゃないの?」とコメントしている。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たハリッド"ディ・ファウスト"

    2006年9月30日、K-1 WORLD GP 2006 in OSAKA 開幕戦で、GP初出場の新鋭ハリッド"ディ・ファウスト"に2-1の判定負け。この試合で武蔵はパンチの連打で圧倒される場面もあったが、ジャッジの一人は武蔵を支持した。この件についてK-1プロデューサーの谷川貞治も「武蔵を支持したジャッジはおかしいですね」とコメントしていた。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た伊達政宗

    また、遠祖に近江建部家の祖・建部寿徳や、大坂の陣で伊達政宗に同士討ちされた神保相茂(相茂 - 茂明 - 元茂 - 板倉重同 - 女子 - 建部政賢 - 政醇 - はつ子 - 蜷川新)がいる。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たニコラス・ペタス

    2001年8月19日、2連覇中のJAPAN GPに出場。準々決勝で大石亨、準決勝で中迫剛にそれぞれ3R判定勝ちで決勝に進出するも、連続KOで勝ち上がってきたニコラス・ペタスに延長でダウンを奪われ判定負け。試合後、ジェロム・レ・バンナに「お前の方が強いのになぜ負けたんだ!」と叱られたという(「K-1 10年の奇跡」のバンナインタビューより)。また、同インタビューでバンナは武蔵について「俺達は同志だし、俺はすごい武蔵ファンなんだ。」と語っている。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た蜷川親長

    蜷川家は伊勢家の家臣であり、蜷川親当の頃より政所代を世襲した(よって、アニメ『一休さん』に登場する新右衛門さんの子孫ともいえる)。のちに長宗我部家に仕え、長宗我部家滅亡後は蜷川親長が徳川家康に一揆鎮圧の功績を評価され、御伽衆(暇な時の話し相手や相談役)として仕えた。子孫は旗本として続き、明治維新に至った。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たステファン・レコ

    2003年12月6日、K-1 WORLD GP 2003 決勝大会に出場。ジェロム・レ・バンナ、アーネスト・ホースト、マーク・ハント、ステファン・レコ、ミルコ・クロコップら優勝候補がことごとく欠場した大会ではあったが、準々決勝でレイ・セフォーに判定勝ち、準決勝ではピーター・アーツに2-0で判定勝ちし、1994年大会の佐竹雅昭以来、日本人として9年ぶりのK-1 GP準優勝を記録した。しかし、セフォーが病気で体調不良であることを大会前日会見で明かしていたのに加え、アーツ戦の微妙な判定に対してもアーツは不満を示し、会場で観戦していたアーネスト・ホーストも「あれはアーツの勝ちか、最低でもドローで延長が妥当だ」と語った。だが、アーツ戦後の会場からは「武蔵コール」が起きていた。2000年の初対決では微妙な判定で逃した日本人初のアーツ越えという快挙をついに達成したが、優勝候補不在の大会であったためあまり評価は上がらなかった。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た徳川家康

    蜷川家は伊勢家の家臣であり、蜷川親当の頃より政所代を世襲した(よって、アニメ『一休さん』に登場する新右衛門さんの子孫ともいえる)。のちに長宗我部家に仕え、長宗我部家滅亡後は蜷川親長が徳川家康に一揆鎮圧の功績を評価され、御伽衆(暇な時の話し相手や相談役)として仕えた。子孫は旗本として続き、明治維新に至った。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たエベンゼール・フォンテス・ブラガ

    2001年6月24日、エベンゼール・フォンテス・ブラガと対戦。前半は武蔵が優勢に試合を進めたが、ブラガがクリンチ状態から意図的に足を掛けて武蔵をマットに倒し、後頭部を強打。なんとか試合を続行するものの、それ以降は記憶のない状態で闘っていたと試合後に語っており、結局判定1-0のドローに終わる。このブラガの行為が「注意1」であったことに対し、武蔵は「あれで注意1じゃ反則したもん勝ちですね」と皮肉った。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た板倉重同

    また、遠祖に近江建部家の祖・建部寿徳や、大坂の陣で伊達政宗に同士討ちされた神保相茂(相茂 - 茂明 - 元茂 - 板倉重同 - 女子 - 建部政賢 - 政醇 - はつ子 - 蜷川新)がいる。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たパク・ヨンス

    2007年8月5日、K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONGで開催されたASIA GPへ出場。1回戦でパク・ヨンスのローキックが開始から一分も経たない内に三度も股間に当たり深刻なダメージを負う。特に三回目に関しては、金的からの中断が終わり試合が再開した直後であり、ヨンスがインターバル中にまったく反省したそぶりを見せなかったこともあり、会場からもブーイングが起こった。ドクターストップがかかるほど深刻な状態だったが、精神力の強さを見せて2RKO勝ち。この試合の決着場面で武蔵のパンチでヨンスがダウンした時に武蔵はニュートラルコーナーに戻ろうとしたが、ヨンスが失神して試合が終了した後、急に向き直って倒れているヨンスにさらに追い討ちを掛けようとするという反則を犯した。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

158件中 51 - 60件表示