139件中 81 - 90件表示
  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たDynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜

    2008年12月31日、「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」でK-1ルール初挑戦のゲガール・ムサシと対戦。「ムサシ」対決として試合前にゲガールから改名マッチを突きつけられた。日本で行なわれた試合ではあったが、客層の多くがMMAファンであったため日本人の武蔵がブーイングを受ける独特の雰囲気での試合となった。試合は、序盤キックで応戦するものの、ムサシのパンチ主体の攻撃に圧倒され1Rに3度のダウンを喫しKO負け。試合後、「試合で固くなってしまって情けない。次はK-1のリングでムサシとやりたいです。Dynamite!!はリングに上がったらアウェーな感じがしました。ずっとこの名前でやってきて変える気もないし、どんな名前に変えればいいかわからない。」とコメントした。これに対してゲガール・ムサシは「僕は日本人でもなく、K-1ファイターでもないのに、勇気を出してアウェーである日本のリングでK-1ルールで武蔵と戦ったんだから、屈辱を晴らしたいなら僕が住んでいるオランダのリングで総合格闘技ルールで再戦するのが筋じゃないの?」とコメントしている。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たK-1

    1995年9月3日、K-1 REVENGE IIでパトリック・スミスとデビュー戦を行い、2RKO勝ち。当時は83kgであった。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たヘヴィメタル

    ヘヴィメタルを始めとしたロックが好きで、音楽バラエティ番組「ヘビメタさん」ではジューダス・プリーストの「Painkiller」を熱唱していた。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たミドル級

    最大の特徴はKO勝ちが少ないことである。自ら意図的に判定に持ち込むファイトスタイルのため、ミスター判定、判定王などと皮肉られることが多い。武蔵自身は「トーナメントは判定でも勝たなきゃいけない」「僕は元々ミドル級の骨格で造り上げたヘビー級。パワーではナチュラルなヘビー級には敵わない。」と判定狙いであることを堂々と公言していた。また、日本人は体格的にナチュラルなヘビー級の人が皆無で、外国人に絶対的な腕力で劣っていることからの戦術だともしている。アーネスト・ホーストやピーター・アーツも武蔵について「武蔵は技術面に関してはよくできているが、必要なのは攻撃力だ」という趣旨のコメントをしている。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たアウトボクシング

    武蔵流といわれる相手の攻撃をかわしながら放つカウンター攻撃や、ハイの初期軌道で左ミドルを打つフェイントキックで、日本のエースとして数多くの強豪と戦ってきた。ディフェンス技術やミドルキック、パンチを打った直後にクリンチで反撃を逃れるクリンチワークに長けており、アーネスト・ホーストやピーター・アーツにもこの部分に関しては評価されている。また、基本的に足を使ったアウトボクシングスタイルで戦うため、引いたところにパンチを合わせられて倒れる実質ダメージのないダウンが多い。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たローキック

    2007年8月5日、K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONGで開催されたASIA GPへ出場。1回戦でパク・ヨンスのローキックが開始から一分も経たない内に三度も股間に当たり深刻なダメージを負う。特に三回目に関しては、金的からの中断が終わり試合が再開した直後であり、ヨンスがインターバル中にまったく反省したそぶりを見せなかったこともあり、会場からもブーイングが起こった。ドクターストップがかかるほど深刻な状態だったが、精神力の強さを見せて2RKO勝ち。この試合の決着場面で武蔵のパンチでヨンスがダウンした時に武蔵はニュートラルコーナーに戻ろうとしたが、ヨンスが失神して試合が終了した後、急に向き直って倒れているヨンスにさらに追い討ちを掛けようとするという反則を犯した。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見た二刀流

    旧リングネームはムサシ。リングネームの由来は右も左も両方撃てる二刀流であることから。弟はキックボクサーのTOMO。トレーナーは元WBA世界スーパーミドル級チャンピオンのフランク・ライルズ。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たK-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA

    2008年4月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMAで澤屋敷純一と対戦し、3ダウンを奪いKO勝ち。全盛期を思わせるキレのある動きを見せ、テレビ解説を務めていた魔裟斗も絶賛した。しかし、ダウンを奪ったハイキックを放った際に古傷である左膝を痛めてしまった。試合後のマイクアピールでは、「95年にデビューしてから突っ走ってきましたけど、あっという間に新しい選手が増えてきました。でもまだまだ自分の居場所はあると思います。年齢はオッサンかもしれないけど、オッサンパワーを見せるぞ!」とコメントした。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見たK-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!

    2007年12月31日、「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」でベルナール・アッカと対戦。1R開始直後にアッカのラッシュで防戦一方となる場面もあったが、冷静に見切りスタミナ切れを誘い、3Rカウンターの左フックでKO勝ち。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵 (格闘家)

    武蔵 (格闘家)から見ためちゃ×2イケてるッ!

    一般常識に疎い。2012年3月31日放送の『めちゃ×2イケてるッ! 』スペシャルで行われた抜き打ちテスト企画では、ブービーの綾部祐二(ピース)と40点もの大差で、最下位・霊長類最強バカに輝いた(オチは、研究所のバカ2名によって檻に入れられた)。武蔵 (格闘家) フレッシュアイペディアより)

139件中 81 - 90件表示

「武蔵」のニューストピックワード