前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示
  • グリーン・バーディマン・ブラック

    グリーン・バーディマン・ブラックから見たう蝕う蝕

    歯科用アマルガムの最適な配合や歯のフッ素症の原因といった、歯科における重要な課題をブラックは研究した。ブラックの発明の一つに足踏み式歯科用ドリル (工具)がある。また無痛抜歯のためにはじめて笑気を利用した。さらに歯科充填のための歯の形成の最適な方法を概説した窩洞形成の原則でも知られている。なお、ブラックの提案した予防拡大という言葉は歯科界では今でも有名である。これは現存のう蝕より広範囲の溝や窩を含む窩洞を形成することによって、それらの溝や窩が将来う蝕になることを予防すべきだというものである。グリーン・バーディマン・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • 水道水フッ化物添加

    水道水フッ化物添加から見たう蝕う蝕

    水道水フッ化物添加(すいどうすいフッかぶつてんか、英語:Water Fluoridation)とは、フッ素の化合物(フッ化物)を上水道中に添加し、多数の住民を対象として虫歯を予防する手法。北アメリカとオーストラリアでは、多くの自治体が安価な費用で効果を期待できるとの考えにより、水道水へのフッ化物添加を実施している。2007年現在、アメリカ合衆国住民の66%が、フッ化物を添加された上水道を供されている。(水道水)フロリデーション、水道(水)フッ素化、水道水フッ素添加、フッ素水道、水道水フッ素むし歯予防とも呼ばれる。水道水フッ化物添加 フレッシュアイペディアより)

  • 3Mix-MP法

    3Mix-MP法から見たう蝕う蝕

    3Mix-MP法(スリーミックス-エムピーほう)は、う蝕の治療法の一つである。病巣無菌化組織修復療法や病巣無菌化組織修復療法3Mix-MP療法、3Mix-MP療法などとも呼ばれる。細菌を殺す三種の抗菌剤(3Mix)とマクロゴール(M)・プロピレングリコール(P)の軟膏を混合することからこの名がついた。3Mix-MP法 フレッシュアイペディアより)

  • 動水力学説

    動水力学説から見たう蝕う蝕

    象牙質の中層から外層に神経線維が確認できない、発痛物質を象牙質に直接置いても痛みを生じない、という現象から象牙質内に神経分布があるという説(象牙細管内神経分布説)は否定的な意見が多い。では、何故象牙質が痛みを感じるのかという説明する仮説の1つが動水力学説で、1963年に提唱された。象牙質組織には象牙細管という細い管がたくさんあるが、その象牙細管内の組織液の流れが外来の刺激により変化し、それにより歯髄にある知覚神経が興奮、疼痛が発現するとする説である。虫歯や知覚過敏により象牙質が発痛する理由、甘味痛がおこる理由、冷水などの低度の刺激でも針で刺したような鋭い痛みが生じる理由などをすべて説明できる仮説であるが不明な部分もまだ多い説である。動水力学説 フレッシュアイペディアより)

  • ネオナイシン

    ネオナイシンから見た虫歯う蝕

    ネオナイシンは、虫歯・歯周病原因菌や誤嚥性肺炎の原因菌への抗菌効果のある植物性乳酸菌由来ペプチドと植物エキスによる口腔用天然抗菌剤である。ネオナイシン フレッシュアイペディアより)

  • 口腔細菌学

    口腔細菌学から見た齲蝕う蝕

    Willoughby D.Miller 齲蝕の化学細菌説(口腔内の酸産生菌による歯硬組織の脱灰)を提唱。ただし唾液を材料としたため、デンタルプラークの重要性には気づかなかった。口腔細菌学 フレッシュアイペディアより)

  • 水道水フッ化物添加についての議論

    水道水フッ化物添加についての議論から見たう蝕う蝕

    水道水フッ化物添加の支持者らは、水道水フッ化物添加は食塩をヨウ素で強化すること、牛乳にビタミンDを添加すること、そしてオレンジジュースにビタミンCを添加することと同様のことであり、また小児と成人の両方にとって、虫歯を予防し、生涯にわたり口腔保健を向上する、効果的方法であると主張している。水道水フッ化物添加についての議論 フレッシュアイペディアより)

  • エナメル質

    エナメル質から見たう蝕う蝕

    一つは脱灰であり、その最も大きな理由は砂糖の摂取によるう蝕である。エナメル質 フレッシュアイペディアより)

  • 歯髄炎

    歯髄炎から見たう蝕う蝕

    う蝕が原因のものが歯髄炎の中で最も多い。この他、歯髄に来る血液から細菌が入る血行性の物や、リンパ行性のものもある。歯髄炎 フレッシュアイペディアより)

  • 歯の発生

    歯の発生から見たう蝕う蝕

    (狭義の)第二象牙質(生理的第二象牙質)は歯根の形成が終了してから非常に遅い速度で形成される。これは歯に沿って一定に形成されるのでなく、歯冠に近いほど早く形成される。この形成は生涯続くため、年をとるほど歯髄は小さくなる。このうち、第三象牙質は修復象牙質としても知られ、摩耗やう蝕の様な刺激に反応して形成される。なお、広義の第二象牙質は第三象牙質を含む。歯の発生 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示

「歯の健康」のニューストピックワード