292件中 21 - 30件表示
  • 歯垢

    歯垢から見たう蝕う蝕

    除去しにくい部位(特に歯の噛み合わせの面、歯と歯の間の面、歯と歯茎の間)は、歯垢が蓄積した結果う蝕と歯周病の好発部位となるので、歯科医院でPMTCを定期的に行うのが望ましい。歯垢 フレッシュアイペディアより)

  • 歯の発生

    歯の発生から見たう蝕う蝕

    (狭義の)第二象牙質(生理的第二象牙質)は歯根の形成が終了してから非常に遅い速度で形成される。これは歯に沿って一定に形成されるのでなく、歯冠に近いほど早く形成される。この形成は生涯続くため、年をとるほど歯髄は小さくなる。このうち、第三象牙質は修復象牙質としても知られ、摩耗やう蝕の様な刺激に反応して形成される。なお、広義の第二象牙質は第三象牙質を含む。歯の発生 フレッシュアイペディアより)

  • 歯根膜炎

    歯根膜炎から見たう蝕う蝕

    歯根膜炎(しこんまくえん)は歯根膜、すなわち歯根とその周囲の歯槽骨の間にあるきわめて狭い隙間を満たしている結合組織の炎症である。歯根膜炎は虫歯からの感染によって起きる場合が最も多い。しかしその炎症は、歯根膜だけに留まることはなく、その周囲の歯槽骨に及んで歯槽骨炎が起きる。歯根膜炎 フレッシュアイペディアより)

  • 介護用歯ブラシ

    介護用歯ブラシから見たう蝕う蝕

    特に高齢者の場合は唾液の分泌量が減るなどの理由により口腔内細菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病を起こしやすいが、近年、口腔内細菌により肺炎などその他の疾患が発生する事が明らかになり、口腔ケアの重要性がさらに高まった。介護用歯ブラシ フレッシュアイペディアより)

  • 盲孔

    盲孔から見たう蝕う蝕

    盲孔(もうこう、foramen caecum)とは、歯の退化形の一つ。上顎切歯(特に上顎側切歯)に存在することがある。舌側面窩において基底結節の内側で歯頸部に向けて伸びている孔で、両側性であることも多い。一般にう蝕の好発部位と言われている。盲孔が深い場合は重積歯として取り扱う。盲孔 フレッシュアイペディアより)

  • 抜髄処置

    抜髄処置から見たう蝕う蝕

    抜髄処置は歯内療法学がカバーする施術の一つで、歯科臨床においてこの処置を行う頻度は低くない。俗に言う、「歯の神経」を除去することであり、齲蝕症や歯周疾患、その他便宜的な理由から行われることも多い。抜髄処置 フレッシュアイペディアより)

  • お菓子の世界

    お菓子の世界から見たう蝕う蝕

    間奏曲1 むしば Intermezzo 1. Decayed Teethお菓子の世界 フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏之 (パイロット)

    小林宏之 (パイロット)から見た虫歯う蝕

    東京商船大に入学したのは「ハワイに憧れ、船乗りになればハワイに行ける」と考えたからであった。しかし学生時代に虫歯の治療をしていた際「船乗りなら病気の治療は陸に戻らなければできない。パイロットならすぐ病院に行ける」と言われ、パイロットを目指すようになったと言う。小林宏之 (パイロット) フレッシュアイペディアより)

  • 暫間的間接覆髄法

    暫間的間接覆髄法から見たう蝕う蝕

    暫間的間接覆髄法(ざんかんてきかんせつふくずいほう、indirect pulp capping method、IPC法)とは、う蝕及びその結果発生する歯髄疾患の治療法の一つ。う蝕によって発生するう窩が大きく、通常の間接覆髄法を行おうとしても、う蝕のための軟化した象牙質を切削した場合に歯髄が外部に露出してしまう可能性があるときに用いる方法。露髄(歯髄が外部に露出)した場合、一般にその大きさが直径2mm以下であれば直接覆髄法でもって対応できるが、間接覆髄法に比べ、歯髄の予後はよくない。また、それ以上の大きさになってしまえば、歯髄除去療法を行わなくてはならない。暫間的間接覆髄法 フレッシュアイペディアより)

  • 少海穴

    少海穴から見た歯痛う蝕

    心痛を抑えるツボと考えられ、頭痛、歯痛に効く。眩暈、冷え性、眼充血にも使われる。局所治療穴として野球肘、テニス肘、ゴルフ肘の治療にも使われる少海穴 フレッシュアイペディアより)

292件中 21 - 30件表示

「歯の健康」のニューストピックワード