241件中 31 - 40件表示
  • 糖アルコール

    糖アルコールから見たう蝕う蝕

    甘味があるものが多く、小腸から体内への吸収が悪くカロリーになりにくいため、低カロリー甘味料として用いられるものがある。また口内細菌による酸への代謝がされにくいため、虫歯になりにくい甘味料という効能がうたわれているものもある。長鎖脂肪酸のエステルの中には乳化剤として使用されるものがある。加熱しても褐色化やキャラメル化が起こらない。糖アルコール フレッシュアイペディアより)

  • アミノピリン

    アミノピリンから見た歯痛う蝕

    日本において製造販売されていた当時の適用は、一般の熱性疾患、結核性熱、インフルエンザ、感冒などの解熱、頭痛、歯痛、神経痛、月経痛、関節リウマチなどの鎮痛であった。アミノピリン フレッシュアイペディアより)

  • 三酸化二ヒ素

    三酸化二ヒ素から見たう蝕う蝕

    無味無臭。常温で固体で、白色粉末状。毒性が強く、害虫やネズミの駆除などに使われた。水溶液は虫歯や白血病治療薬にも用いられる。水溶液は両性である(酸性、アルカリ性の双方の性質を示す)が、若干酸性のほうが強い。水に溶かすと水和して亜ヒ酸 (As(OH)3) となる。また、単に三酸化二ヒ素のことを亜ヒ酸と呼ぶこともある。三酸化二ヒ素 フレッシュアイペディアより)

  • 光硬化樹脂

    光硬化樹脂から見たう蝕う蝕

    歯科治療では、以前から切削したう蝕部分をレジン樹脂で補う修復法が主流となっている。このレジンに光硬化性レジンを使用すれば、紫外線の照射により20秒程度の短時間で硬化させることができる。→(コンポジットレジン修復法)光硬化樹脂 フレッシュアイペディアより)

  • POs-Ca

    POs-Caから見たう蝕う蝕

    このPOs-Caはカルシウム源としての利用性の高さだけでなく、う蝕原性細菌であるミュータンスレンサ球菌の栄養源にならず、ショ糖の発酵によるプラーク内のpH低下を緩衝作用によって抑制する特徴を有している。POs-Ca フレッシュアイペディアより)

  • 上顎第一大臼歯

    上顎第一大臼歯から見たう蝕う蝕

    上顎第一大臼歯(じょうがくだいいちだいきゅうし、maxillary first molar)とは、上顎歯列で第二小臼歯の遠心側に隣接する歯の事。正中から六番目にあることから上顎6番とも言う。近心側隣接歯は上顎第二小臼歯、遠心側隣接歯は上顎第二大臼歯、対合歯は下顎第一大臼歯と下顎第二大臼歯である。歯冠が完成するのは二歳半?三歳時、萌出は六?七歳、歯根完成は九?十歳の時である。下顎第一大臼歯と並び、永久歯で最も早く萌出する歯であったが、近年の統計では下顎中切歯より萌出が遅れる。噛む力は非常に強く、最大で60kgに達する。また最も虫歯になりやすい歯である。6歳頃に生えてくることから6歳臼歯とも呼ばれる。上顎第一大臼歯 フレッシュアイペディアより)

  • カラベリー結節

    カラベリー結節から見たう蝕う蝕

    小窩や溝の場合、う蝕の好発部位となる。カラベリー結節 フレッシュアイペディアより)

  • 盲孔

    盲孔から見たう蝕う蝕

    盲孔(もうこう、foramen caecum)とは、歯の退化形の一つ。上顎切歯(特に上顎側切歯)に存在することがある。舌側面窩において基底結節の内側で歯頸部に向けて伸びている孔で、両側性であることも多い。一般にう蝕の好発部位と言われている。盲孔が深い場合は重積歯として取り扱う。盲孔 フレッシュアイペディアより)

  • 歯根膜

    歯根膜から見たう蝕う蝕

    また、歯牙に進行したう蝕・歯周炎などの細菌感染が生じた場合、歯根膜自身が排膿路となったり・歯牙を脱落排除させることで、感染を局所化・終息する働きがあると考えられる。それにより、感染が顎骨深部?周囲軟部組織へ波及して拡大・深刻化し、生命予後を脅かすことを防御している。歯根膜 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀における国民健康づくり運動

    21世紀における国民健康づくり運動から見たう蝕う蝕

    歯の健康については、幼児期のう蝕予防、学齢期のう蝕予防、成人期の歯周病予防、歯の喪失防止の4目標について、合計13項目の数値目標が設定された。歯の喪失を防ぐことが咀嚼機能の維持だけでなく、会話などの、QOLを保つために必要であることから、歯の喪失の原因であるう蝕や歯周病の予防が重要であると判断され、これらの目標が設定された。21世紀における国民健康づくり運動 フレッシュアイペディアより)

241件中 31 - 40件表示