292件中 31 - 40件表示
  • 咬合再構成

    咬合再構成から見た虫歯う蝕

    口腔内には親知らずを除くと、通常28本の歯が存在する。これらは、経年的にも歯列(歯並び)、咬合面の摩耗が進行し、顎関節の変位も進行する。しかし、これらが病的状態に陥ることなく健康に推移していれば何ら問題ない加齢的変化と考えられる。他方、虫歯、歯周病、歯牙喪失、不正補綴物装着、外傷による歯牙の動揺、傾斜、移動病的な摩耗、顎偏位、顎運動の異常などを生じると、各歯牙の三次的位置、咬合面形態、隣接面コンタクト(隣り合う歯と歯が接触する部)、歯列、顎関節の状態、顎運動そのものを再度新規に構成しなおす必要がある。このためには、十分な診査、具体的には歯周組織精密検査・硬組織精密検査・咬合診査・顎運動診査・フェースボウトランスファー・上下顎印象・バイト・チェックバイト・診断用模型作製・ワックスアップによる咬合再構成の検討・スプリント作成・スプリント調整・咬合調整・MRI・CTなどの診察過程を必要とする。咬合再構成 フレッシュアイペディアより)

  • 咀嚼

    咀嚼から見たう蝕う蝕

    咀嚼は単に食物を粉砕し、嚥下(えんげ)しやすくするのみでなく、口腔内を刺激することにより各臓器の消化液の分泌を促進し、口腔内の自浄を行い、また、食物と共に口腔内に進入した異物の除去などの役割がある。また、脳内の血液量の増加、覚醒効果やリラックス効果、噛むことは歯を丈夫にするだけでなく、肥満、ぼけ、視力低下、姿勢悪化、虫歯、ガンなどを予防し、内臓の働きを助け、大脳の働きを活発にし、精神を安定させ、ダイエット効果もある。咀嚼 フレッシュアイペディアより)

  • 咬合

    咬合から見た齲蝕う蝕

    咬合(こうごう)とは、上下顎の歯が接触することで、さまざまな様式がある。その咬合様式により、顎関節症や開口障害、嚥下障害、齲蝕、歯周病の発生など多岐にわたる症状を起こすことがあり、正しい咬合が求められる。咬合 フレッシュアイペディアより)

  • 骨膜炎

    骨膜炎から見たう歯う蝕

    歯科領域では、顎骨骨膜炎がよく知られる。う歯や歯周病が原因となりうる。骨膜炎 フレッシュアイペディアより)

  • カラベリー結節

    カラベリー結節から見たう蝕う蝕

    小窩や溝の場合、う蝕の好発部位となる。カラベリー結節 フレッシュアイペディアより)

  • シーラント (歯科)

    シーラント (歯科)から見たう蝕う蝕

    シーラント(Dental sealant)は、う蝕予防のために歯の小窩裂孔に樹脂をつめる歯科処置。フィッシャーシーラントとも呼ばれる。シーラント (歯科) フレッシュアイペディアより)

  • 交叉咬合

    交叉咬合から見たう蝕う蝕

    審美障害、下顎運動障害(筋肉の不調和または疼痛)、口腔機能障害(咀嚼障害、嚥下障害、発語構音障害など)、顎関節症、不正咬合に関連のある歯周病およびう蝕交叉咬合 フレッシュアイペディアより)

  • 欠損歯

    欠損歯から見たう蝕う蝕

    後天的な欠損となる原因としては、歯周病などで失われる場合や、う蝕などにより抜歯される、外傷等、数多くの原因が存在する。この欠損を長期間放置しておくと、次のような悪い事象が発生する場合がある。欠損歯 フレッシュアイペディアより)

  • 曲池穴

    曲池穴から見た歯痛う蝕

    歯痛を抑えるツボと考えられ、月経不順、熱病に効く。眼疾患、肩甲神経痛、片麻痺、上腕神経痛、肘痛、生理不順、肘関節痛にも使われる。  曲池穴 フレッシュアイペディアより)

  • 脱灰

    脱灰から見たう蝕う蝕

    という化学式が成り立ち、その結果このハイドロキシアパタイトが失われてゆく。この現象は溶ける際にカルシウムイオン10Ca2+を溶出することから脱灰といい、脱灰が進行するとエナメル質に穴があき、う蝕(虫歯)となるのである。脱灰 フレッシュアイペディアより)

292件中 31 - 40件表示

「歯の健康」のニューストピックワード