292件中 41 - 50件表示
  • うさぎパラダイス

    うさぎパラダイスから見たう蝕う蝕

    時は紀元前100年ぐらい、所は古代ローマ帝国。ギリシアの発明家・イチゴタニディプスの孫、イチゴダスとローマ軍人・ヨヨギメリウス将軍の娘、ミヨヨシアは幼なじみ。ミヨヨシアはイチゴダスの心を掴むホレ薬の材料を探しに、イチゴダスとともに船旅に出る。一方街では、大流行する虫歯と、沖合に出るという怪物が問題となっていた。元々は某講談社での連載用に考えた話であるという。うさぎパラダイス フレッシュアイペディアより)

  • う蝕検知液

    う蝕検知液から見た齲蝕う蝕

    齲蝕象牙質の感染層に浸透し、色素がコラーゲン線維を染色する。齲蝕象牙質の感染層は、無菌層と比較して多孔性であり染まりやすい。各社の染色液は感染層だけを染色し、無菌層を染色しないように浸透性を調節している。う蝕検知液 フレッシュアイペディアより)

  • メフェナム酸

    メフェナム酸から見た歯痛う蝕

    メフェナム酸(メフェナムさん、)は非ステロイド性抗炎症薬の一種。ポンタールなどの商品名で、頭痛や歯痛、生理痛の緩和などのために経口で使用される。メフェナム酸が減少すると炎症や子宮収縮などが生じるが、プロスタグランジン合成が阻害されることによるものだと考えられている。肝臓で代謝され、腎臓により体外への排出が行われる。このため、重度の肝・腎疾患の患者には処方されない。メフェナム酸 フレッシュアイペディアより)

  • フッ化物洗口

    フッ化物洗口から見たう蝕う蝕

    フッ化物洗口(フッかぶつせんこう、Fluoride mouth rinses)は、フッ化物水溶液を用いてブクブクうがいを行い、歯のエナメル質表面にフッ化物を作用させて、虫歯を予防する方法である。フッ化物洗口 フレッシュアイペディアより)

  • タガトース

    タガトースから見たう蝕う蝕

    砂糖と同じような風味で、92 % の甘味を持つが、38 % のカロリーしか持たず、血糖の上昇や虫歯の原因とならないことから、甘味料として用いられる。タガトース フレッシュアイペディアより)

  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士

    日本歯周病学会認定歯科衛生士から見たう蝕う蝕

    日本における口腔領域の2大疾患は、う蝕と歯周病である。う蝕は国民公衆衛生の向上、歯学の発展により減少傾向にあるが、歯周疾患は増加の傾向にある。このような状況下において、厚生労働省は歯周疾患に関する専門医資格を定め、日本歯周病学会において日本歯周病学会認定歯周病専門医の認定を開始している。歯周疾患の治療は高度な専門知識を必要とし、その歯科医療をサポートする歯科衛生士もそれなりも専門知識と技術が必要であるため、2005年(平成17年)より本資格が施行された。なお、5年毎の更新性資格である。日本歯周病学会認定歯科衛生士 フレッシュアイペディアより)

  • 人工歯

    人工歯から見たう蝕う蝕

    人工歯(じんこうし)とは、う蝕や外傷、歯周病などにより失った天然歯の代わりに、その機能を回復するために作られた人工の歯のことである。人工歯 フレッシュアイペディアより)

  • 液体ハミガキ

    液体ハミガキから見たう蝕う蝕

    ブラッシングが必要であるという点で洗口液とは大きく異なっており、歯周病やう蝕予防にも効果がある。小児歯科においても用いられることが多い。液体ハミガキ フレッシュアイペディアより)

  • 葛原勾当

    葛原勾当から見たう蝕う蝕

    葛原勾当日記は、方言や俗語を交えた口語体で、発音通りに記したところが多い。和歌の記載も多く、音楽史や国語史の好資料であり、盲人史上特筆に値する。また、日記にはしばしば歯痛の記述が見え、近年、19世紀における歯科資料として注目を浴びている。葛原勾当 フレッシュアイペディアより)

  • 親衛隊特務部隊

    親衛隊特務部隊から見た虫歯う蝕

    戦前期のSS特務部隊への入隊は一般SSより厳しく選抜が行われた。たとえば入隊条件として178センチ以上(ライプシュタンダルテは180センチ)以上の身長を要求していた。年齢上限23歳、「純粋北欧人種」であるか「圧倒的に北欧人種かファーレン人種」であることを要求した。ヒムラーはのちに「1936年までは虫歯が一本でもある者はSS特務部隊もライプシュタンダルテも採用を拒否していた。初期の武装SSは最良の男たちを集めることができた」と豪語している。親衛隊特務部隊 フレッシュアイペディアより)

292件中 41 - 50件表示

「歯の健康」のニューストピックワード