241件中 51 - 60件表示
  • 歯磨剤

    歯磨剤から見たう蝕う蝕

    フッ化物(フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化スズ)が最もよく知られ、有効性が確立されている薬効成分であり、う蝕予防の目的で入れられており、1990年のFDIの調査で口腔保健の先進国では90%を超える普及率を示している。日本では、近年になってフッ素が含まれている歯磨剤のシェアが上昇しているが、2008年現在で市販されている歯磨剤のうち、フッ化物配合歯磨剤は89%である。日本においては薬事法によりフッ化物イオン濃度は1000ppm以下に規制されており、市販のフッ化物配合歯磨剤における濃度はほぼ900ppmから950ppmである。歯磨剤 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリトール

    エリトリトールから見たう蝕う蝕

    エリトリトール または エリスリトール (erythritol) とはメロン、ブドウや梨などの果実や醤油・味噌・清酒などの発酵食品に含まれている天然の糖アルコールである。ブドウ糖を発酵させることにより作られる。非う蝕性でありカロリーがほとんど無いことが特徴である。歯垢に含まれる細菌同士の結合力を弱くすることにより、歯垢を分解する作用がある。IUPAC名は (2R,3S)-rel-ブタン-1,2,3,4-テトラオール。四炭糖の一種であるエリトロースの糖アルコールにあたる。2個の不斉炭素を持つが、分子全体としてメソ体となっている。エリトリトール フレッシュアイペディアより)

  • 佃祭

    佃祭から見た虫歯う蝕

    九頭竜大神を祀る戸隠神社(長野県長野市戸隠所在)では、歯を患った者が3年間梨を絶って参拝すると平癒するという言い伝えがあり、戯作家・十返舎一九も著作『戸隠善光寺往来』に於いて「九頭龍権現は岩窟内におられるという。梨を神供とする。虫歯を患う者は、梨を断ってお祈りすると必ずなおる」佃祭 フレッシュアイペディアより)

  • 間食

    間食から見たう蝕う蝕

    厚生労働省によって行われている21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)では、間食としての甘味食品・飲料、特に砂糖がう蝕を誘発するとし、糖類に関する正確な知識の普及と1日3回以上摂取する群の減少を目標としている。間食 フレッシュアイペディアより)

  • プラチアス

    プラチアスから見たう蝕う蝕

    独自の「イオンホワイトパック処方」により、きめ細かくクリーミィな泡が口内に長く留まって歯を包み込み、イオンクレンジング成分(ポリリン酸ナトリウム)が歯の表面のキメに溜まった「蓄積くすみ」を浮かしてブラッシングによる除去をしやすくする。また、歯の表面のミクロの傷の再結晶化を促進することでムシ歯を防ぐ薬用フルオライド(フッ化ナトリウム)と健康な歯グキを保って歯肉炎を予防する薬用アミノ酸(ε-アミノカプロン酸)も配合した。香味はローズとミントの2種類で、それぞれに50g入りと110g入りの2サイズをラインナップする。プラチアス フレッシュアイペディアより)

  • 民間薬

    民間薬から見た歯痛う蝕

    歯痛の特効薬・桂枝五物湯や、痔核に用いる乙字湯などは、証をたてずに対症療法で用いるため、漢方薬と民間薬の中間的な薬である。民間薬 フレッシュアイペディアより)

  • 電解水

    電解水から見たう蝕う蝕

    東京医科歯科大学は、次亜塩素酸と炭酸水素ナトリウムが含まれた電解水による10秒間のうがいによってう蝕や歯周病の原因である虫歯菌や歯周病菌をほぼ100%殺菌できることを確認し、これは従来の洗口剤より殺菌効果が高く、また従来のものが酸性なため歯を溶かすという副作用があったがこの電解水はアルカリ性のため歯を溶かす心配もないとしている。電解水 フレッシュアイペディアより)

  • エーベルス・パピルス

    エーベルス・パピルスから見た虫歯う蝕

    エーベルス・パピルスはヒエラティックで書かれ、古代エジプト時代の医学知識を現代に伝える最もボリュームのある文書になっている。この中には、700程の魔法の調合法や治療薬が記されている。また病気の原因となっている悪魔を退散させる多くの呪文についても記されている。また、心臓についての「論文」も含まれ、心臓は体内の血液供給の中心に位置し、血管で全身の器官と繋がっていることが記されている。エジプト人は腎臓についてはほとんど知らず、心臓は血液、涙、尿、精液等の全ての体液を運ぶ管が集まる場所と捉えていたと考えられる。Book of Heartsと呼ばれる章には、欝や認知症等を含む精神疾患についての記述が詳細に書かれている。これらの記述は、エジプト人が精神的な疾患と肉体的な疾患を同じように捉えていたことを示唆している。他にもエーベルス・パピルスには、避妊法、妊娠の診断等の婦人科医学、消化器疾患、寄生虫、眼病、皮膚病、虫歯、膿瘍や癌の外科手術、接骨、火傷等についての章もある。エーベルス・パピルス フレッシュアイペディアより)

  • 欠損歯

    欠損歯から見たう蝕う蝕

    後天的な欠損となる原因としては、歯周病などで失われる場合や、う蝕などにより抜歯される、外傷等、数多くの原因が存在する。この欠損を長期間放置しておくと、次のような悪い事象が発生する場合がある。欠損歯 フレッシュアイペディアより)

  • 口腔内科

    口腔内科から見たう蝕う蝕

    また、韓国の慶熙大学歯科大学の「口腔内科」では、歯科口腔領域の病気、障害をストレスなど全身的な問題として考え、改善の糸口を幅広い分野から探し出し、治療している。さらに、う蝕、歯周組織の炎症など主要歯科疾患であっても、「口腔内科」では、単にプラークによる細菌感染としてのみ対処するのではなく、心身のさまざまな要因を背景として究明している。口腔内科 フレッシュアイペディアより)

241件中 51 - 60件表示

「歯の健康」のニューストピックワード