292件中 61 - 70件表示
  • エテンザミド

    エテンザミドから見た歯痛う蝕

    エテンザミド(英Ethenzamide)は、サリチル酸系の解熱鎮痛消炎剤の一種。主に市販の頭痛薬や総合感冒薬に配合され、頭痛・歯痛・生理痛や発熱を抑える。アセトアミノフェン、カフェインとともにACE処方として用いられることも多い。サリチル酸誘導体と同様の作用機序で解熱・鎮痛作用を発現し、アスピリンと同等の作用を持つが、アスピリンは体内で加水分解されサリチル酸となることにより胃粘膜に障害を起こすのに対し、エテンザミドはサリチルアミドになるため、胃に対する副作用は比較的軽いとされている。エテンザミド フレッシュアイペディアより)

  • サボイ・トラッフル

    サボイ・トラッフルから見た虫歯う蝕

    甘党でしばしば虫歯を作っていたクラプトンの姿を見て着想したとされ、歌詞中に様々な菓子の名前が登場する(タイトルも「サヴォア風トリュフ」の意味)。また、歌詞には「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」への言及が(変形した形ではあるが)見られる。サボイ・トラッフル フレッシュアイペディアより)

  • ノエル・ショメル

    ノエル・ショメルから見た歯痛う蝕

    ファイル:Dictionnaire Œconomique 03.jpg|3. 歯痛の対処法ノエル・ショメル フレッシュアイペディアより)

  • アリエ・シェイニン

    アリエ・シェイニンから見た虫歯う蝕

    1974年にカウコ・マキネンと共にキシリトールが虫歯予防に効果があることを発見している。1981年から1987年までトゥルク大学の学長も務めた。アリエ・シェイニン フレッシュアイペディアより)

  • 手三里穴

    手三里穴から見た歯痛う蝕

    歯痛を抑えるツボと考えられ、腹脹、吐瀉に効く。上腕神経痛や眩暈、片麻痺、橈骨神経麻痺(下垂手)の治療にも使われる。手三里穴 フレッシュアイペディアより)

  • エーベルス・パピルス

    エーベルス・パピルスから見た虫歯う蝕

    エーベルス・パピルスはヒエラティックで書かれ、古代エジプト時代の医学知識を現代に伝える最もボリュームのある文書になっている。この中には、700程の魔法の調合法や治療薬が記されている。また病気の原因となっている悪魔を退散させる多くの呪文についても記されている。また、心臓についての「論文」も含まれ、心臓は体内の血液供給の中心に位置し、血管で全身の器官と繋がっていることが記されている。エジプト人は腎臓についてはほとんど知らず、心臓は血液、涙、尿、精液等の全ての体液を運ぶ管が集まる場所と捉えていたと考えられる。Book of Heartsと呼ばれる章には、うつ病や認知症のような精神障害についての記述が詳細に書かれている。これらの記述は、エジプト人が精神と肉体の疾患を同じように捉えていたことを示唆している。他にもエーベルス・パピルスには、避妊法、妊娠の診断等の婦人科医学、消化器疾患、寄生虫、眼病、皮膚病、虫歯、膿瘍や癌の外科手術、接骨、火傷等についての章もある。エーベルス・パピルス フレッシュアイペディアより)

  • 口腔バイオフィルム

    口腔バイオフィルムから見たう蝕う蝕

    デンタルプラーク(歯垢)とバイオフィルムは細かな定義において異なる。デンタルプラーク=う蝕・歯周病の原因となる細菌の凝集塊という考えが基本であるが、一方の口腔バイオフィルムは、口腔内細菌の塊という意味では類似しているが、バイオフィルム内では構成細菌が様々な情報伝達を行いながら生活しているコミュニティである点で異なる。口腔バイオフィルム フレッシュアイペディアより)

  • 雲仙市立大塚小学校

    雲仙市立大塚小学校から見た虫歯う蝕

    1918年(大正7年)9月 - 虫歯予防習字の全国優秀校として合資会社ライオン石鹸工場から表彰を受ける。雲仙市立大塚小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 出山横穴墓群

    出山横穴墓群から見たう蝕う蝕

    保存状態が良かったC人骨とD人骨については、歯について詳細な分析が行われた。その結果、C人骨には上顎洞に達する重度の虫歯があり、C人骨の死因とも考えられている。D人骨にも虫歯がみられ、出山横穴墓群8号墓の被葬者たちは恵まれた食生活を送っていたとの推定もある。また歯冠計測ではかなり類似した値が出ていることから、C人骨とD人骨は兄妹である可能性が指摘されている。出山横穴墓群 フレッシュアイペディアより)

  • 足三里穴

    足三里穴から見た歯痛う蝕

    4世紀ころに書かれた「傷寒論」中に「風邪をひいた時は桂枝湯を飲み、しばらく後に熱い粥をすすれ。生ものや冷たい食品は避けよ」との記載があるように、太古より東洋医学では体を冷やすなと教えてきた。腹部の冷えは夏風邪、下痢、食欲不振、頻尿、倦怠感、頭痛、耳鳴り、肩こり、めまいなど多くの不定愁訴の原因となる。長く治らない五十肩や腰痛も、腹部の冷えからの治療が必要とされる。こうした場合に、必ず使われるツボとして足三里がある。腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸障害、膝痛や足のしびれなど足の障害、歯痛、歯槽膿漏などにも効くとされるほか、夏バテ防止、冷房病対策などにも効果がある。足三里穴 フレッシュアイペディアより)

292件中 61 - 70件表示

「歯の健康」のニューストピックワード