292件中 81 - 90件表示
  • 糖アルコール

    糖アルコールから見たう蝕う蝕

    甘味があるものが多く、小腸から体内への吸収が悪くカロリーになりにくいため、低カロリー甘味料として用いられるものがある。また口内細菌による酸への代謝がされにくいため、虫歯になりにくい甘味料という効能がうたわれているものもある。長鎖脂肪酸のエステルの中には乳化剤として使用されるものがある。加熱しても褐色化やキャラメル化が起こらない。糖アルコール フレッシュアイペディアより)

  • HSH

    HSHから見たう蝕う蝕

    キシリトールと同様に、HSHは口中細菌で発酵せず、う蝕を促進しないシュガーレス製品の生産に用いられる。また、消化管にゆっくり吸収されるため、グルコースと比べて血糖値が上がりにくい。しかし、大量摂取すると瀉下薬の効果を持つ。HSH フレッシュアイペディアより)

  • 象牙質知覚過敏症

    象牙質知覚過敏症から見た齲蝕う蝕

    エナメル質欠損の要因としては、咬耗症によるエナメル質の物理的磨耗、摩耗症、破折、酸蝕症などによる化学的磨耗、さらには歯科治療による齲蝕歯質の除去や窩洞形成がある。根面露出の要因としては、辺縁性歯周炎の進行や歯みがきの不正、歯肉の加齢変化が挙げられる。象牙質知覚過敏症 フレッシュアイペディアより)

  • 日本歯周病学会認定歯周病専門医

    日本歯周病学会認定歯周病専門医から見た齲蝕う蝕

    現在、日本人の齲蝕感染率は低下しているが、歯周疾患は増加傾向にある。また、歯周疾患から糖尿病や肺炎などの全身疾患への影響も確認されており、今後、歯周疾患制圧は急務とされている。その中で、高度な専門知識と技術をもった歯科医師の養成および歯科公衆衛生の向上を図るために本制度が開始された。2003年6月末日現在、専門医数551名、指導医数135名で運用されており、他の専門歯科医師や基礎系医歯薬学研究者と共に日々制圧に尽力している。日本歯周病学会認定歯周病専門医 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋孝博

    土屋孝博から見たう蝕う蝕

    生まれてから1度も虫歯になったことがない。1日に何回も歯磨きを欠かさないという。土屋孝博 フレッシュアイペディアより)

  • 上顎洞癌

    上顎洞癌から見た虫歯う蝕

    特に、春先は鼻詰まりや涙目で花粉症と思い込み、放置して悪化する危険性があるので注意を要する。花粉症との見分け方としては、花粉症の場合は両方の鼻腔が詰まるが、上顎洞癌の場合は、どちらか片方だけが詰まる。それは両方の副鼻腔に同時に癌が出来るのは、確率的にかなり低いためである。また、鼻汁も花粉症の場合はさらさらした透明な物が出るのに対し、上顎洞癌の場合は粘り気の強い黄色く血の混じった悪臭の放つものが出る。その理由は癌細胞の一部が膿として排出される際、一部から出血を伴うためである。また、涙目が見られる事もあるが、これは成長した癌が涙腺を圧迫し、行き場所を失った涙液が排出されたために見られるのである。いずれの症状も顔面の左右どちらかに出てくる。稀に癌細胞が成長していく際に歯の神経を圧迫するため、歯が痛む事もある。この場合、癌で痛む歯の近くで虫歯があると、痛みの原因が虫歯だと思い込んでしまう事もあり、癌を放置してしまう事がある。これらの症状を見分ける事ができれば、早期発見につながる。上顎洞癌 フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット飲料

    ダイエット飲料から見たう蝕う蝕

    低カロリーであるため、糖尿病患者やダイエットに関心がある人々を中心に需要が高い。しかし、甘味料と砂糖(ショ糖)との風味の差があるため好みが分かれることもある。また、低カロリー甘味料は体内に吸収されにくい(つまり、食物繊維と同様体内を素通りする)ため、大量に飲んだり胃腸の弱い人が飲むと下痢を起こすことがあり注意が必要である。更に、人工甘味料は砂糖と比較しう蝕性が低いため、虫歯予防のためにダイエット飲料を選択する者もいる。ダイエット飲料 フレッシュアイペディアより)

  • サツキ (オランウータン)

    サツキ (オランウータン)から見た虫歯う蝕

    2007年8月に、同居していたサツキの息子の「サブ」が21歳で死んだ。死因は虫歯が悪化し、虫歯から細菌が入ったことによる肺炎であった。その虫歯の悪化はマナーの悪い入場者の持ち込んだ菓子(餌やり)が原因で、餌やりは禁止されていた。餌やりを行う入場者の中には注意をしても逆切れする者までいたという。この事故のため、オランウータン舎は入場者が手を出せない構造に代わった。サツキ (オランウータン) フレッシュアイペディアより)

  • アカザ (植物)

    アカザ (植物)から見た虫歯う蝕

    茎葉を乾燥してその煎じた汁を口の中に含めば虫歯の痛みを治し、1日3回服用すれば咽の痛みに効用があるとされる。また生葉の搾り汁は毒虫などに刺された時塗ると痛みが止まるとされる。アカザ (植物) フレッシュアイペディアより)

  • 象牙芽細胞

    象牙芽細胞から見た齲蝕う蝕

    歯乳頭最外層の細胞が、隣接する内エナメル上皮の細胞がエナメル芽細胞へと分化する刺激を受け、象牙芽細胞へと分化し、象牙質の形成を始める。象牙質は形成の時期により、外套象牙質、原生象牙質、第二象牙質、第三象牙質に別れる。第二象牙質に象牙芽細胞に封入されている場合、その部分が齲蝕の進行を助長する場合がある。象牙芽細胞 フレッシュアイペディアより)

292件中 81 - 90件表示

「歯の健康」のニューストピックワード