110件中 41 - 50件表示
  • う蝕

    う蝕から見た保健室

    子供のうちの罹患が多いこと、小学生のときに歯が乳歯から永久歯に生え変わることなどから、戦後に社会が安定した時代以降、今日に至るまでその予防は学校保健で重視された。保健の教材での記載、保健室でのポスターなどでの虫歯の進行や恐ろしさを啓蒙、歯磨の励行などである。ただし、近年では強制的な虫歯治療の励行などは控えられる傾向にある。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た爪楊枝

    う蝕の予防はブラッシングを基本とする。歯垢を取り除くことで、う蝕原因菌を少なくし、酸が作られることを防ぐ。2日以上経過した歯垢は、砂糖液により酸を作り出す時間が長くなる。歯垢が固まり歯石となった場合はブラッシングではとれないため、歯科で除去してもらうことになる。ブラッシングは歯ブラシを基本とするが、歯と歯の間を磨くためにデンタルフロスや歯間ブラシ、爪楊枝を利用することができる。歯間などのすき間を水で洗い流す口腔洗浄器も用いられる。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見たシェーグレン症候群

    唾液の量 :少ないほど高リスク。咀嚼によって唾液の分泌が促進される。シェーグレン症候群、副交感神経遮断剤服用、抗ヒスタミン剤服用などでは唾液が減少し、齲蝕が増加する。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見たソフトドリンク

    世界保健機関 (WHO) の2003年の報告では、砂糖の摂取量が少ない場合、虫歯の発生が少ない。同WHOの報告で、酢や炭酸、クエン酸やアスコルビン酸(ビタミンC)のような酸が多いソフトドリンクやピクルス、柑橘類のような飲食品の消費が多ければより歯が侵食される。これは酸蝕症と呼ばれる。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た次亜塩素酸

    東京医科歯科大学は、次亜塩素酸と炭酸水素ナトリウムが含まれた電解水による10秒間のうがいによって虫歯菌や歯周病菌をほぼ100%殺菌できることを確認した。これは従来の洗口剤より殺菌効果が高く、また従来のものが酸性なため歯を溶かすという副作用があったがこの電解水はアルカリ性のため歯を溶かす心配もない。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た水道水フッ化物添加についての議論

    水道水へのフッ化物添加については水道水フッ化物添加についての議論を参照してください。国際がん研究機関の公表するIARC発がん性リスク一覧では、飲料水中の無機フッ素化合物をGroup3(ヒトに対する発癌性が分類できない)の化学物質に分類している。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た抜歯

    重度のう蝕では保存することが不可能であり抜歯適応となっている。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見たPOs-Ca

    シュガーレスガムを噛むことによって、唾液の分泌を高めることが可能である。シュガーレスガムによって再石灰化の促進が観察されている。食後にフッ化物が含有されたシュガーレスガムを噛むことで、フッ素の効果と唾液量が増すことも加えてう蝕の進行が予防できる。殺菌効果のあるクロルヘキシジンが含有されたシュガーレスガムもう蝕のリスクを低下させる。CPP-ACP(リカルデント)が配合されたガムは再石灰化を促進する。水分に溶けやすいリン酸オリゴ糖カルシウム(POs-Ca)が配合されたガムによって1?2週間でエナメル質の再石灰化が確認された。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た抜髄処置

    歯髄の中の神経が炎症を起こしていたり腐敗した場合や、外傷を負っていた場合、歯髄は抜髄される。これは根管治療と呼ばれる。歯髄を取り去った後の根管は埋められ、必要であればクラウンが作られる。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た腐敗

    歯髄の中の神経が炎症を起こしていたり腐敗した場合や、外傷を負っていた場合、歯髄は抜髄される。これは根管治療と呼ばれる。歯髄を取り去った後の根管は埋められ、必要であればクラウンが作られる。う蝕 フレッシュアイペディアより)

110件中 41 - 50件表示

「歯の健康」のニューストピックワード