113件中 41 - 50件表示
  • う蝕

    う蝕から見たアメリカ国立衛生研究所

    1930年代に、アメリカ国立衛生研究所のH. Trendley Deanらは、1mg/L(1ppm)のフッ素が効果的に虫歯を減らすことを示した。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た抜歯

    重度のう蝕では保存することが不可能であり抜歯適応となっている。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た腐敗

    歯髄の中の神経が炎症を起こしていたり腐敗した場合や、外傷を負っていた場合、歯髄は抜髄される。これは根管治療と呼ばれる。歯髄を取り去った後の根管は埋められ、必要であればクラウンが作られる。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た歯肉炎

    歯垢が歯から取り除かれないと次第に歯石となり、通常のブラッシングではとれなくなる。歯垢や歯石は歯肉縁を刺激し、歯肉炎となり、最終的には歯周炎となる。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た外傷

    歯髄の中の神経が炎症を起こしていたり腐敗した場合や、外傷を負っていた場合、歯髄は抜髄される。これは根管治療と呼ばれる。歯髄を取り去った後の根管は埋められ、必要であればクラウンが作られる。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た水素イオン指数

    う蝕原性菌は、食品の特に糖質から乳酸などの酸を産生する。歯垢の中に酸が大量に産生されると、口腔内のpH(水素イオン指数)が酸性に傾き、歯の表面のエナメル質を溶かしはじめる。これを脱灰と言う。唾液の作用によって数十分すると、今度はアルカリ性に戻り溶けた歯が補修される。これを再石灰化と呼ぶ。酸性に傾き、アルカリ性に戻る状態をグラフ上の曲線で表したものをステファン・カーブと呼ぶ。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た放射線治療

    唾液の量 :少ないほど高リスク。咀嚼によって唾液の分泌が促進される。シェーグレン症候群、副交感神経遮断剤服用、抗ヒスタミン剤服用、頭頸部への放射線治療、唾液腺の疾患・先天性奇形などでは唾液が減少し、う蝕が劇的に増加する。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た臨床

    また、臨床における個人の評価の場合は、検査や環境を考慮したモデルによるリスク評価よりも、歯科医師によるリスク認識のほうが適切であるとされている。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た予防

    子供のうちの罹患が多いこと、小学生のときに歯が乳歯から永久歯に生え変わることなどから、戦後に社会が安定した時代以降、今日に至るまでその予防は学校保健で重視された。保健の教材での記載、保健室でのポスターなどでの虫歯の進行や恐ろしさを啓蒙、歯磨の励行などである。ただし、近年では強制的な虫歯治療の励行などは控えられる傾向にある。う蝕 フレッシュアイペディアより)

  • う蝕

    う蝕から見た歯根膜炎

    歯髄腔が感染した状態を放置し続けると、歯質の崩壊は著しくなり、根尖まで細菌感染が至る結果となり、歯根膜炎を引き起こすことによる拍動感を伴った鈍痛が生じることがある。この後、根尖周囲に歯根嚢胞や歯根肉芽腫が生じることがあり、感染の程度によっては歯瘻が出来ることもある。う蝕 フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「歯の健康」のニューストピックワード