114件中 11 - 20件表示
  • 障害者歯科学

    障害者歯科学から見た歯周病歯周病

    障害者の歯科治療 - 歯周病の治療、補綴治療、予防処置などの歯科医療行為障害者歯科学 フレッシュアイペディアより)

  • メタノブレウィバクテル属

    メタノブレウィバクテル属から見た歯周病歯周病

    この属に属すM. smithii、M. ruminantium、M. oralisは比較的よく人体から分離される。報告数は古細菌の中で最も多く、人間に最も身近な古細菌と言える。よく知られている働きは、屁中のメタンを合成することである。2006年にはM. smithiiが腸内細菌を活性化させ栄養吸収率を上昇させるという報告がなされており、肥満に関与している可能性も示された。なお、メタン菌と硫酸還元菌(屁中の硫化水素を合成)は基質である水素をめぐって競合関係にあるため、発癌物質の蓄積を抑える可能性もあるが、まだ研究段階である。これ以外にも、口内の歯垢からM. oralisが分離されており、特に歯周病患者に多いことから、この病気に何らかの形で関与している可能性があると言われている。メタノブレウィバクテル属 フレッシュアイペディアより)

  • 液体ハミガキ

    液体ハミガキから見た歯周病歯周病

    ブラッシングが必要であるという点で洗口液とは大きく異なっており、歯周病やう蝕予防にも効果がある。小児歯科においても用いられることが多い。液体ハミガキ フレッシュアイペディアより)

  • アセス

    アセスから見た歯周病歯周病

    アセス(Acess)は、佐藤製薬から発売されている歯肉炎・歯槽膿漏の治療薬(医薬品)。同社の登録商標(第1084296号ほか)。アセス フレッシュアイペディアより)

  • 抜髄処置

    抜髄処置から見た歯周病歯周病

    抜髄処置は歯内療法学がカバーする施術の一つで、歯科臨床においてこの処置を行う頻度は低くない。俗に言う、「歯の神経」を除去することであり、齲蝕症や歯周病、その他便宜的な理由から行われることも多い。抜髄処置 フレッシュアイペディアより)

  • 塩化ストロンチウム

    塩化ストロンチウムから見た歯周病歯周病

    塩化ストロンチウムはしばしば花火の着色(赤色)に用いられる。ガラス製造や冶金への用途も知られる。歯周病を防ぐため、歯磨き粉に添加されることがある。strontium chlorii の名でホメオパシーに用いられる。塩化ストロンチウム フレッシュアイペディアより)

  • 日本臨床歯周病学会

    日本臨床歯周病学会から見た歯周病歯周病

    日本臨床歯周病学会(にほんりんしょうししゅうびょうがっかい、The Japanese Academy of Clinical Periodontology)は、日本における臨床現場における歯周病に関わる調査・研究を行っている学術団体の一つ。1988年設立。日本歯科医学会の認定分科会。日本臨床歯周病学会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本歯周病学会

    日本歯周病学会から見た歯周病歯周病

    日本歯周病学会(にほんししゅうびょうがっかい)は、日本における歯周病に関わる調査・研究を行っている学術団体であり、日本の歯科関連主要学会の一つ。日本歯周病学会 フレッシュアイペディアより)

  • 人工歯

    人工歯から見た歯周病歯周病

    人工歯(じんこうし)とは、う蝕や外傷、歯周病などにより失った天然歯の代わりに、その機能を回復するために作られた人工の歯のことである。人工歯 フレッシュアイペディアより)

  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士

    日本歯周病学会認定歯科衛生士から見た歯周病歯周病

    日本における口腔領域の2大疾患は、う蝕と歯周病である。う蝕は国民公衆衛生の向上、歯学の発展により減少傾向にあるが、歯周疾患は増加の傾向にある。このような状況下において、厚生労働省は歯周疾患に関する専門医資格を定め、日本歯周病学会において歯周病専門医の認定を開始している。歯周疾患の治療は高度な専門知識を必要とし、その歯科医療をサポートする歯科衛生士もそれなりも専門知識と技術が必要であるため、2005年(平成17年)より本資格が施行された。なお、5年毎の更新性資格である。日本歯周病学会認定歯科衛生士 フレッシュアイペディアより)

114件中 11 - 20件表示

「歯周病」のニューストピックワード