114件中 41 - 50件表示
  • ディープクリーン

    ディープクリーンから見た歯肉炎歯周病

    急速な高齢化社会の中、一生自分の歯で生きることを目指し、40代からの歯の喪失予防に重点を置き、歯周ポケットの奥深くに着目した歯槽膿漏・歯肉炎予防のための歯周ケアブランドとして、2010年3月に発売。ディープクリーン フレッシュアイペディアより)

  • 粘液

    粘液から見た歯周病歯周病

    味覚においては、味覚受容体細胞が化学物質を受容する仲介として粘液が利用される。ヒトの場合は唾液が舌を湿潤に保ち、溶存物質の拡散を媒介して味覚を補助している。唾液の分泌量が低下して口腔乾燥症に陥ると、虫歯や歯周病の増加と共に味覚障害が現れる。粘液 フレッシュアイペディアより)

  • ヨークシャー・テリア

    ヨークシャー・テリアから見た歯周病歯周病

    多くの小型犬に共通することだが、膝蓋骨脱臼、水頭症、糖尿病、気管虚脱がよく見られる。購入時には、遺伝病がないかにつきよく血統を確認することが必要である。骨が弱く、虫歯、歯周病になりやすい。ヨークシャー・テリア フレッシュアイペディアより)

  • シュミテクト

    シュミテクトから見た歯周病歯周病

    シュミテクト 歯周病ケア【医薬部外品】 - 抗炎症成分グリチルリチン酸モノアンモニウムをプラス配合し、歯周病予防効果を持たせた知覚過敏予防ハミガキ。シュミテクト フレッシュアイペディアより)

  • 骨膜炎

    骨膜炎から見た歯周病歯周病

    歯科領域では、顎骨骨膜炎がよく知られる。う歯や歯周病が原因となりうる。骨膜炎 フレッシュアイペディアより)

  • 上顎前突症

    上顎前突症から見た歯周病歯周病

    健康への影響は個人差がある。前歯の突出によって唇が閉じにくいため口腔内が乾燥しやすく、歯周病や虫歯を誘発しやすくなる。上顎前突症 フレッシュアイペディアより)

  • リステリン

    リステリンから見た歯肉炎歯周病

    (※)承認は1990年に取得。この時は「殺菌作用による口臭防止」であった。1992年には、「歯垢沈着」・「歯肉炎」予防の追加承認を得る。リステリン フレッシュアイペディアより)

  • ペルシャ (ネコ)

    ペルシャ (ネコ)から見た歯肉炎歯周病

    特徴としては、長く密集した被毛、ずんぐりした体つき、短い足、離れた両目の幅広の顔、そしてショーに出る猫は鼻をぺったんこにしてある。この短い鼻が与える子猫のような顔つきのため、高い人気を維持してきたが、現在では極端に短くなりすぎた猫も多く、健康上の問題を引き起こすこともある。色とパターンは、ポイントを除くすべてが認められる。多発性嚢胞腎・歯肉炎にかかりやすい、平均寿命は15?20歳。ペルシャ (ネコ) フレッシュアイペディアより)

  • プラークコントロールレコード

    プラークコントロールレコードから見た歯周病歯周病

    プラークコントロールレコード(Plaque Control Record:PCR)は、歯周病に関する指数の一つ。歯頸部の歯垢の有無を判定する簡単な方法で、1972年に O'Leary、Dranke と Naylor が開発した。ブラッシング指導に用いられる。プラークコントロールレコード フレッシュアイペディアより)

  • 壊死性潰瘍性歯周炎

    壊死性潰瘍性歯周炎から見た歯周病歯周病

    壊死性潰瘍性歯周炎(えしせいかいようせいししゅうえん)とは、歯周病の一種である。壊死性潰瘍性歯肉炎が進行し、著しいアタッチメントロス・歯槽骨吸収を示したもの。偽膜の形成・潰瘍の形成・歯肉の壊死・疼痛および強い口臭などが特徴。壊死性潰瘍性歯周炎 フレッシュアイペディアより)

114件中 41 - 50件表示

「歯周病」のニューストピックワード