前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 歯科医師

    歯科医師から見た厚生労働省

    現在の日本では、厚生労働省が指定した大学の歯学に関する正規の課程(歯学科、6年制)を卒業し、歯科医師国家試験に合格しなければ歯科医師になれない。したがって、歯科医師は全員、学士(歯学)の学位を有する。しかし、「博士(歯学)」を有する者が必ず歯科医師とは限らない。歯学系大学院の博士課程、または歯学部の研究室で複数の論文を発表し、歯学部大学院に博士号を申請し、大学院教授たちの審査で博士号を与えるにふさわしいとされれば、博士号を歯科医師でなくとも与えられる(なお、同様に医師は必ず学士(医学)を有しているが、「博士(医学)」を有する者が必ず医師とは限らない)。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た小幡英之助

    明治維新後:1874年(明治7年)8月に医制が公布され、西洋を模範とした医療制度が整えられ始めた。「医制」により、医師になるには、医術開業試験を合格することが求められた。1875年(明治8年)、小幡英之助は第1回目の医術開業試験に「歯科」を専門に試験を申請し合格した。小幡は医籍4号をもって登録された。これは「歯科を専攻する医師として登録された」ということであるが、小幡が西洋歯科医学を専攻した先達であり、「歯科」という語を初めて用いたこともあり、日本で最初の(近代)歯科医師とされている。1883年(明治16年)、医籍とは別に歯科医籍が作られ、医師と歯科医師とは独立した、別個の存在となった。1906年(明治39年)、法律48号により歯科医師法が制定された。1942年(昭和17年)、大戦中の医療体制確立のために、医師法と合わさって国民医療法となったが、歯科医師制度そのものに変化はなかった。戦後、国民医療法は、医師法、歯科医師法、医療法(医療機関について規定)にわかれ、現在に至る。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た架神恭介

    経営難などの理由から医療費の保険点数の水増し請求が多い業界であるが、カルテ開示が一部医療機関で義務化され、個人情報保護法により患者本人からのカルテ請求に対しは、請求理由によらずレントゲン写真も含め開示しなければならなくなった。このため、「どういう状況で、どういう治療をしたか」が、一目瞭然となるため、不正行為があったり、能力不足、知識不足の歯科医師らには非常に恐れられ、さらには過激な競争で経営が困難になり廃業に追い込まれる医院も多くなっている。歯科医院の廃業数は2007年19件、2008年27件、2009年13件、2010年18件だったものが、2011年40件、2012年35件、2013年41件、2014年46件(帝国データバンク調べ)となっている。また作家の架神恭介は、患者の身なり、職業やグーグルアースで調べた家構えで年収を推し量り金のある患者を巧みに保険外診療に誘導したりする医院もあるようだと述べているが根拠は示していない。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た真菌

    微生物学(微生物)/細菌学(細菌)/ウイルス学(ウイルス)/真菌学(真菌)/寄生虫学(寄生虫)歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た

    歯科医師とは歯科医師法によって「専ら歯科医療及び保健指導を掌ることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとすることを責務とする」と定められている。「歯科医業」とは咬合構築に関与する行為(補綴、充填、矯正)、歯牙・顎骨・口腔粘膜・・口唇・唾液腺・咀嚼筋など下顔面に発生する疾患の治療、全身疾患のうち口腔または下顔面に症状を現す疾患の治療および機能回復訓練、などの行為をいう。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た大学

    現在の日本では、厚生労働省が指定した大学の歯学に関する正規の課程(歯学科、6年制)を卒業し、歯科医師国家試験に合格しなければ歯科医師になれない。したがって、歯科医師は全員、学士(歯学)の学位を有する。しかし、「博士(歯学)」を有する者が必ず歯科医師とは限らない。歯学系大学院の博士課程、または歯学部の研究室で複数の論文を発表し、歯学部大学院に博士号を申請し、大学院教授たちの審査で博士号を与えるにふさわしいとされれば、博士号を歯科医師でなくとも与えられる(なお、同様に医師は必ず学士(医学)を有しているが、「博士(医学)」を有する者が必ず医師とは限らない)。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た歯科医院

    日本の場合、2015年度の歯科医師の平均年収は、常勤の勤務医の場合で月収30-50万円が多く、賞与を加算すると年収で450-800万円が普通である。初任給は23-30万円平均。近年では歯科医院の乱立と少子化などの影響で200-350万円のいわゆるワーキングプア状態に置かれる歯科医師も増えている。歯科医院の競争は年々激化の傾向があり、うまく経営が軌道に乗っている開業医でようやく年収1000万円を超えるほどであり、厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によれば、歯科医師の平均年収は、38.2歳で655万円である(勤続年数=5.9年、労働時間=172時間/月、超過労働=5時間/月)。40歳以上の男性歯科医師はおおむね年収で800万円近くになるが、女性医師の年収は低い傾向がある。年収が高い年代は男性40?44歳、女性60?64歳である。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た放射線

    日本歯科放射線学会認定医(日本歯科放射線学会)歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た日本大学

    日本大学(歯学部、松戸歯学部)歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た個人情報保護法

    経営難などの理由から医療費の保険点数の水増し請求が多い業界であるが、カルテ開示が一部医療機関で義務化され、個人情報保護法により患者本人からのカルテ請求に対しは、請求理由によらずレントゲン写真も含め開示しなければならなくなった。このため、「どういう状況で、どういう治療をしたか」が、一目瞭然となるため、不正行為があったり、能力不足、知識不足の歯科医師らには非常に恐れられ、さらには過激な競争で経営が困難になり廃業に追い込まれる医院も多くなっている。歯科医院の廃業数は2007年19件、2008年27件、2009年13件、2010年18件だったものが、2011年40件、2012年35件、2013年41件、2014年46件(帝国データバンク調べ)となっている。また作家の架神恭介は、患者の身なり、職業やグーグルアースで調べた家構えで年収を推し量り金のある患者を巧みに保険外診療に誘導したりする医院もあるようだと述べているが根拠は示していない。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示