88件中 21 - 30件表示
  • 歯科医師

    歯科医師から見た病院

    歯科医師国家試験の受験資格は、原則として大学において歯学の正規の課程を修めて卒業した者および卒業見込みの者(学士(歯学))に与えられる。正規の課程を卒業し、試験に合格し歯科医籍に登録をしたものは厚生労働大臣より歯科医師免許状が与えられ、これにより独立して歯科医業を行うことができる。また通常は、保険医登録も行うことが多い。さらに医療機関(診療所、病院)の開設者になる(すなわち開業する)には、歯科医師免許取得後1年以上の卒後臨床研修を修了しなければならない。歯科衛生士に認められている一部行為を除き、他者の指示に基づかず歯科医業を行うことが歯科医師のみに認められている。また、主に歯科医業を行う病院及び診療所の管理者も歯科医師が就くものと定められている。現在、歯科医師免許に更新期限はなく、歯科医業停止・免許取消を医道審議会により決定されない限り生涯にわたって有効である。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た日本歯科麻酔学会

    歯科麻酔専門医(日本歯科麻酔学会歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た診療所

    歯科医師国家試験の受験資格は、原則として大学において歯学の正規の課程を修めて卒業した者および卒業見込みの者(学士(歯学))に与えられる。正規の課程を卒業し、試験に合格し歯科医籍に登録をしたものは厚生労働大臣より歯科医師免許状が与えられ、これにより独立して歯科医業を行うことができる。また通常は、保険医登録も行うことが多い。さらに医療機関(診療所、病院)の開設者になる(すなわち開業する)には、歯科医師免許取得後1年以上の卒後臨床研修を修了しなければならない。歯科衛生士に認められている一部行為を除き、他者の指示に基づかず歯科医業を行うことが歯科医師のみに認められている。また、主に歯科医業を行う病院及び診療所の管理者も歯科医師が就くものと定められている。現在、歯科医師免許に更新期限はなく、歯科医業停止・免許取消を医道審議会により決定されない限り生涯にわたって有効である。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た博士号

    現在の日本では、厚生労働省が指定した大学の歯学に関する正規の課程(歯学科、6年制)を卒業し、歯科医師国家試験に合格しなければ歯科医師になれない。したがって、歯科医師は全員、学士(歯学)の学位を有する。しかし、「博士(歯学)」を有する者が必ず歯科医師とは限らない。歯学系大学院の博士課程、または歯学部の研究室で複数の論文を発表し、歯学部大学院に博士号を申請し、大学院教授たちの審査で博士号を与えるにふさわしいとされれば、博士号を歯科医師でなくとも与えられる(なお、同様に医師は必ず学士(医学)を有しているが、「博士(医学)」を有する者が必ず医師とは限らない)。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た医師

    現在の日本では、厚生労働省が指定した大学の歯学に関する正規の課程(歯学科、6年制)を卒業し、歯科医師国家試験に合格しなければ歯科医師になれない。したがって、歯科医師は全員、学士(歯学)の学位を有する。しかし、「博士(歯学)」を有する者が必ず歯科医師とは限らない。歯学系大学院の博士課程、または歯学部の研究室で複数の論文を発表し、歯学部大学院に博士号を申請し、大学院教授たちの審査で博士号を与えるにふさわしいとされれば、博士号を歯科医師でなくとも与えられる(なお、同様に医師は必ず学士(医学)を有しているが、「博士(医学)」を有する者が必ず医師とは限らない)。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見たスポーツ

    日本スポーツ歯科医学会認定医(日本スポーツ歯科医学会認定医)歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た歯学科

    現在の日本では、厚生労働省が指定した大学の歯学に関する正規の課程(歯学科、6年制)を卒業し、歯科医師国家試験に合格しなければ歯科医師になれない。したがって、歯科医師は全員、学士(歯学)の学位を有する。しかし、「博士(歯学)」を有する者が必ず歯科医師とは限らない。歯学系大学院の博士課程、または歯学部の研究室で複数の論文を発表し、歯学部大学院に博士号を申請し、大学院教授たちの審査で博士号を与えるにふさわしいとされれば、博士号を歯科医師でなくとも与えられる(なお、同様に医師は必ず学士(医学)を有しているが、「博士(医学)」を有する者が必ず医師とは限らない)。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た遺伝学

    免疫学/遺伝学/生化学(口腔生化学)/病理学(口腔病理学)/解剖学(口腔解剖学)/細菌学(口腔細菌学)歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た患者

    経営難などの理由から医療費の保険点数の水増し請求が多い業界であるが、カルテ開示が一部医療機関で義務化され、個人情報保護法により患者本人からのカルテ請求に対しは、請求理由によらずレントゲン写真も含め開示しなければならなくなった。このため、「どういう状況で、どういう治療をしたか」が、一目瞭然となるため、不正行為があったり、能力不足、知識不足の歯科医師らには非常に恐れられ、さらには過激な競争で経営が困難になり廃業に追い込まれる医院も多くなっている。歯科医院の廃業数は2007年19件、2008年27件、2009年13件、2010年18件だったものが、2011年40件、2012年35件、2013年41件、2014年46件(帝国データバンク調べ)となっている。また作家の架神恭介は、患者の身なり、職業やグーグルアースで調べた家構えで年収を推し量り金のある患者を巧みに保険外診療に誘導したりする医院もあるようだと述べているが根拠は示していない。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

  • 歯科医師

    歯科医師から見た唾液腺

    歯科医師とは歯科医師法によって「専ら歯科医療及び保健指導を掌ることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとすることを責務とする」と定められている。「歯科医業」とは咬合構築に関与する行為(補綴、充填、矯正)、歯牙・顎骨・口腔粘膜・舌・口唇・唾液腺・咀嚼筋など下顔面に発生する疾患の治療、全身疾患のうち口腔または下顔面に症状を現す疾患の治療および機能回復訓練、などの行為をいう。歯科医師 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示