前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1765件中 1 - 10件表示
  • レイライン

    レイラインから見た考古学考古学

    考古学: 考古学の新領域である考古測地学は、測地学を有史以前のものに適用し考古学的な知見を得るものである。近代測地学が優位であるのは一面にはその測量技術がある。測地学を用いて解析すると、レイラインと呼ばれるものは古代人が測量し、所有権を主張するために引いたか単に一般的な街道を作ったかしたものであろうと推察される。時代の新古を問わず多くの社会において、重要な地点同士を結ぶまっすぐな線は作られており、考古学者はこうした伝統があることを指摘している。近代的な測量により、地形においてもこうした直線性があることも確認されている。人の建造物と活動拠点の並びが、人が直線というものを利用していたということを反映しているのは妥当だといえる。レイライン フレッシュアイペディアより)

  • ティワナク

    ティワナクから見た考古学考古学

    編年に関しては、研究者の間で異論があるものの、おおむねティワナク1期から5期に分けられている。遺構、土器、放射性炭素年代測定などを用いて作成されている。ただし、現在では以下のように、7時期ほどになっている。ただし、下記の表にも書かれている形成期に関しては、最近になって再び疑問視されており、再調査の必要に迫られている。また、現在のボリビア考古学においては、この形成期に焦点を当てた研究・調査が盛んになってきている。ティワナク フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立国見高等学校

    長崎県立国見高等学校から見た考古学考古学

    考古学研究部は、1964年(昭和39年)に同好会として「社会科学研究部(社研部)」の名で結成された。発足後しばらくは遺跡巡りや遺物の採集、キャンプなど、小規模な活動を行なっていたが、数年後、部員の一人が島原市の有明町の畑から「土偶」を発見(完全な形に近いものは県内初の発見事例)し、発掘調査に参加したことで、付近の遺跡の発掘調査、展覧会の開催等、その後様々な活動をすることとなった。また学校敷地内には、出土品など多数の遺物を展示する「考古学資料館」や、生徒手作りの古墳、竪穴式住居、甕棺墓などを復元し展示した「考古博物園」がある。長崎県立国見高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ギリシア神話

    ギリシア神話から見た考古学考古学

    ギリシア神話のありようを知るには、近代になって発達した考古学が大きな威力を発揮した。考古学では古代の遺跡が発掘され研究された。ギリシア神話 フレッシュアイペディアより)

  • 洞穴学

    洞穴学から見た考古学考古学

    洞穴学は、化学、生物学、地質学、地形学、気象学、地図学、水文学、古生物学、考古学といった知識を統合して、洞穴などを複雑な系として特性を明らかにする学際領域である。洞穴学の発展は、スポーツや探検としてのケイビングの発展と密接に関連している。実際、ケイビングと洞穴学の実地調査の手法は基本的には同じである。洞穴学 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・F・マークス

    ロバート・F・マークスから見た考古学考古学

    しかし、マークスの度重なる沈没船引揚げの成功から『トレジャーハンティング』としてとらえられがちであるにも関わらず、E・リー・スペンスは、マークスを『水中考古学の真の父である(true father of underwater archaeology)』と表現している。ロバート・F・マークス フレッシュアイペディアより)

  • 江上波夫

    江上波夫から見た考古学考古学

    江上 波夫(えがみ なみお、1906年11月6日 - 2002年11月11日)は日本の考古学者。東京大学名誉教授。江上波夫 フレッシュアイペディアより)

  • 森浩一

    森浩一から見た考古学考古学

    著作には、『渡来人』『検証 古代日本と百済』『巨大古墳』『僕が歩いた古代史への道』『日本神話の考古学』『記紀の考古学』など多数がある。作家の松本清張・司馬遼太郎・黒岩重吾とも交流があった。司馬遼太郎とは数回「街道を行く」で取材に同行している。また松本清張の考古学についてのアドバイザーでもあった。考古学研究の第一人者。若い頃から当時の考古学界をリードする梅原末治、末永雅雄、八幡一郎、水野清一、江上波夫、佐原真などと交流があり、独自の観点から研究発表を行った。同志社の学生時代には雑誌『古代学研究』を発刊し、民間の研究者を含め多くの研究者に発表の場を提供した。同誌の100号発刊時には、江上波夫、有光教一、岸俊男などそうそうたるメンバーが発起人となり祝賀会を開催した。三角縁神獣鏡について早くから国産説を打ち出したことや、いわゆる天皇陵(古墳)について活発な問題提起(仁徳陵を大仙古墳と呼ぶべしなど、証明の出来無い天皇陵を所在地名で呼ぶ。現在多くの社会科の教科書で実現。元々古墳は所在地名で呼ぶ習わしになっている)をしていることでも名高い。近著では従来からある考古学のアプローチとは違って、地域を多面的に見る視点から多くの問題を提起している。古代史に関しては、井上光貞(東大)や岸俊男(京大)など、当時の歴史学会を代表する学者と親しい。森浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮の歴史

    朝鮮の歴史から見た考古学考古学

    考古学的な実証ある事項はここに記す。また、考古学的知見は新事実の発見や分析の発展で変遷することがある。朝鮮の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 騎馬民族征服王朝説

    騎馬民族征服王朝説から見た考古学考古学

    騎馬民族征服王朝説(きばみんぞくせいふくおうちょうせつ)とは、東北ユーラシア系の騎馬民族が、南朝鮮を支配し、やがて弁韓を基地として日本列島に入り、4世紀後半から5世紀に、大和地方の在来の王朝を支配ないしそれと合作して大和朝廷を立てたという説。騎馬民族日本征服論(きばみんぞくにほんせいふくろん)ともいう。東洋史学者の江上波夫が考古学的発掘の成果と『古事記』『日本書紀』などに見られる神話や伝承、さらに東アジア史の大勢、この3つを総合的に検証した結果、提唱した考古学上の仮説である。騎馬民族征服王朝説 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1765件中 1 - 10件表示

「歴史」のニューストピックワード