1280件中 91 - 100件表示
  • オーバーテクノロジー

    オーバーテクノロジーから見た考古学考古学

    オーバーテクノロジーは、実際の考古学や現代科学の分野などで用いられる語ではなく、主にサイエンス・フィクション(SF)上に見られる語である。ただ、いわゆるトンデモ説ではあたかも実在のものであるかのように伝えられ、例えば「UFOの飛行原理」や「超古代文明の超科学」のほか「東側世界のサイ科学・サイコトロニクス技術」などが発表ないし吹聴され、関連書籍も出回っている(→トンデモ本)。オーバーテクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 山田昌久

    山田昌久から見た考古学考古学

    山田 昌久(やまだ まさひさ、1953年 - )は、神奈川県横須賀市出身及び在住の考古学者。山田昌久 フレッシュアイペディアより)

  • 猿投窯

    猿投窯から見た考古学考古学

    名古屋市の熱田神宮に隣接し、5世紀後期、継体天皇に娘・目子姫(めのこひめ)を嫁がせた大豪族、尾張連草香(おわりむらじくさか)の墓と目される東海地方最大の前方後円墳、断夫山古墳(全長151m)がある。その丘陵を飾った須恵質の埴輪が名古屋市東部、東山111号窯で焼かれたことが判明しており、考古学では猿投古窯の起源としている。猿投窯 フレッシュアイペディアより)

  • 平安時代史事典

    平安時代史事典から見た考古学考古学

    各項目には、関連諸学(文献史学、考古学、民俗学など)の研究報告・論文も参考文献として盛り込む。平安時代史事典 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・アンティクィテイ

    アメリカン・アンティクィテイから見た考古学考古学

    アメリカン・アンティクィテイ誌(American Antiquity)は、アメリカ考古学協会の機関誌で、世界的にも権威のある考古学の学術雑誌である。1月、4月、7月、10月の年4回刊行され、平均して1冊200ページくらいの厚さで編集されている。北米から南米までの遺跡や考古学の方法論に関する論文をはじめ、発掘調査レポート、書評、新刊紹介、コメントが掲載され、活発な論議がなされている。1990年以降、中南米の遺跡に関する論文やレポートは、Laten American Antiquity(ラテン・アメリカン・アンテクィテイ)誌に掲載することとなって、現在は主に北米の遺跡(例えば、ミシシッピ文化、ホープウェル文化、アナサジ、モゴヨン、ホホカムなどを含む南西部文化、フォルサム、クローヴィスなどの石器文化)に関する記事が掲載される。アメリカン・アンティクィテイ フレッシュアイペディアより)

  • オリエント学

    オリエント学から見た考古学考古学

    以下、考古学を中心とした古代オリエント学史の年表を示す(周辺地域の主要なものも含んでいる)。オリエント学 フレッシュアイペディアより)

  • 丑野毅

    丑野毅から見た考古学考古学

    丑野 毅(うしの つよし、1942年(昭和17年) - )は考古学者。専門は考古学。東京国際大学教授。東京大学名誉教授。丑野毅 フレッシュアイペディアより)

  • アイセルシュラホール

    アイセルシュラホールから見た考古学考古学

    アイセルシュラホールとは、大阪府藤井寺市にある考古学・歴史系博物館施設をメインとする生涯学習センターの愛称。正式名称は藤井寺市立生涯学習センター。1994年に開館した。アイセルシュラホール フレッシュアイペディアより)

  • 林巳奈夫

    林巳奈夫から見た考古学考古学

    林 巳奈夫(はやし みなお、1925年5月9日 - 2006年1月1日)は、日本の考古学者。中国、特に青銅器・玉器を専攻とする。神奈川県出身。林巳奈夫 フレッシュアイペディアより)

  • スカ・コリュ

    スカ・コリュから見た考古学考古学

    この盛り畑で何が栽培されていたのかについては、考古学的データからは示されていないが、人類学的調査からみて、おそらく塊茎を利用するいも類(特にジャガイモ)が主要作物であっただろうと推測されている。スカ・コリュ フレッシュアイペディアより)

1280件中 91 - 100件表示

「歴史」のニューストピックワード