1765件中 91 - 100件表示
  • 穂井田忠友

    穂井田忠友から見た考古学者考古学

    穂井田 忠友(ほいだ ただとも、寛政3年1月23日(1791年2月25日) - 弘化4年9月19日(1847年10月27日))は江戸時代後期の国学者、考古学者。通称は久間次郎、のちに靫負また縹助・元次郎・源助と改めた。蓼莪と号する。穂井田忠友 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国 (雑誌)

    邪馬台国 (雑誌)から見た考古学考古学

    記事内容は、古代史や考古学をテーマとしている。邪馬台国 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 倉品博易

    倉品博易から見た考古学者考古学

    倉品 博易(くらしな ひろやす)は、グアムの考古学者倉品博易 フレッシュアイペディアより)

  • 明日もひまわり荘!

    明日もひまわり荘!から見た考古学考古学

    「ひまわり荘」の住人。茶髪・ガングロと一見は「遊び人」「ホスト」風だが本職は考古学者でみずきの大学の助手。独身だが、女性の好みも「超熟女」で40歳以下は恋愛対象外。はなを「レディー」、みずきを「ベイビー」と呼んでいる。はなの過去を知っているため、うっかり口外しないようにはなにプレッシャーをかけられている。明日もひまわり荘! フレッシュアイペディアより)

  • 考古学の歴史

    考古学の歴史から見た考古学考古学

    考古学の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 豊国

    豊国から見た考古学考古学

    豊国は、7世紀末の文武天皇のころに、豊前国と豊後国の二つに分けられたといわれる。しかし、考古学での発掘成果から、この地域全体を統治するような勢力があったわけではなく、当時の中央政権がこの地域の一部にあった豊国の名称を全体を指して使用した、あるいは豊前国、豊後国の制定時に使用した、との説が唱えられている。豊国 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・ミーク

    ペーター・ミークから見た考古学考古学

    アールガウ州レンツブルク出身。学生時代よりピアノを学び、1918年以前より作曲を行っている。1927年に中等教育を終えると、チューリッヒ、バーゼル、パリで美術史、考古学、音楽史、ドイツ文学、フランス語を学んだ。また同時にピアノのレッスンも続けた。1933年にスイスの水彩画に関する論文を著し、以後さまざまな雑誌で美術・音楽・文学評論家として執筆活動を行った。ペーター・ミーク フレッシュアイペディアより)

  • 形成期

    形成期から見た考古学考古学

    形成期(けいせいき)(Formative Period1)とは、メソアメリカ文明及びアンデス文明を扱う考古学の編年上で用いられる時代区分名で、土器の使用開始、若しくはトウモロコシ、豆、カボチャ等の栽培を行って、定住村落及び初期の神殿がつくられはじめた時代のことをいう。形成期 フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイ博物館ジャーナル

    ブルネイ博物館ジャーナルから見た考古学考古学

    この雑誌は、ブルネイ・ボルネオ島(カリマンタン島)・東南アジアの学問の発展に寄与している。自然科学から考古学・民族学・歴史学といった人文科学に至るまで幅広い話題について掲載される。投稿者は博物館員のほか、同館の関係者ではない個人も含まれる。ブルネイ博物館ジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • オクルス

    オクルスから見た考古学考古学

    考古学では、オクルスは西ヨーロッパ先史時代の芸術品に見られる模様の一種を指す。一対の円形または螺旋形であり、目を表していると解釈されることが多く、土器や陶器、像、巨石記念物によく見られる。オクルス模様は、神や女神が注意深く見つめていることを表しているとされ、特に新石器時代の遺物によく見られる。オクルス フレッシュアイペディアより)

1765件中 91 - 100件表示

「歴史」のニューストピックワード