1280件中 11 - 20件表示
  • 訃報 2008年

    訃報 2008年から見た考古学者考古学

    3月17日 - 金子裕之、考古学者(* 1944年)訃報 2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山城

    杉山城から見た考古学考古学

    市野川左岸の山の上に築かれた山城である。築城主は不明。地元豪族の金子主水の築城によるとの伝承はあるが、文献資料にはあらわれない。従来、城の縄張りの観点から後北条氏の時代に造築されたものではないかとの見方が有力であったが、発掘調査にもとづく考古学的な知見からは山内上杉氏時代の城である可能性が非常に強くなってきた。杉山城 フレッシュアイペディアより)

  • ハウバーグの石碑

    ハウバーグの石碑から見た考古学考古学

    ハウバーグの石碑(ハウバーグのせきひ;Hauberg Stela)とは、シアトルのJohn H.Haubergのコレクションである、石灰岩製の石碑。よくある事だが中南米の考古遺物は盗掘品でオークションに出されるがこれもそういったもののひとつと思われる。石碑の内容は、マヤのどこかの都市(紋章文字が解読されていないため不明)のBac-T'ul(Bone Rabbit;骨ウサギ)という王が13シュル3アハウの日(長期暦に換算するとA.D.199年10月の日付けになる。)に放血儀礼を行って52日後に即位したという記事が刻まれている。ハウバーグの石碑 フレッシュアイペディアより)

  • 口縁部

    口縁部から見た考古学考古学

    口縁部(こうえんぶ;rim)とは、考古学で、土器や陶磁器の特徴を表現する場合に、特に口の部分の部位を指して呼称する語である。ただし、厳密に土器や陶磁器の口の部分の先端からの範囲が決まっているわけではなく、土器や陶磁器の特徴を表現する状況によってその範囲が変化する。口縁部は、土器や陶磁器が年代によって著しく特徴的に変化する部分であり、しばしば、口縁部の変化が編年の指標になることがある。典型的な例として、常滑焼の甕や鉢の口縁部の変化が挙げられる。口縁部のうち、先端に当たる部分を口縁端部(こうえんたんぶ)と呼んでその変化を表現したり、口縁部のうち、先端に当たる部分を含めてやや広い部分の形状を表現したい場合に口唇部(こうしんぶ;lip)という用語を用いることがあるが、口唇部の範囲がどこまでか決まっているわけではなく口縁部とあまり変わらない用い方をしている場合も散見される。口縁部 フレッシュアイペディアより)

  • ピット (考古学)

    ピット (考古学)から見た考古学考古学

    ピット(英語;pit)とは、考古学用語若しくは発掘現場で、小さな穴や細い穴状の遺構を呼称する場合の総称である。ピット (考古学) フレッシュアイペディアより)

  • 大学合同考古学シンポジウム

    大学合同考古学シンポジウムから見た考古学考古学

    大学合同考古学シンポジウムは、早稲田大学と明治大学の文学部考古学教室が合同で2000年から毎年開催している考古学シンポジウム。その成果の一部は大学合同考古学シンポジウム実行委員会により図書として刊行されている。大学合同考古学シンポジウム フレッシュアイペディアより)

  • 日本古代文化学会

    日本古代文化学会から見た考古学考古学

    日本古代文化学会(にほんこだいぶんかがっかい)は、戦前の国家総動員体制において、内務省・文部省当局の学術統制強化に応じて結成された考古学の学会。日本古代文化学会 フレッシュアイペディアより)

  • 出土木器研究会

    出土木器研究会から見た考古学考古学

    参加者は毎回不定であるが、考古学・植物学・保存科学・音楽など様々な分野の研究者が日本各地から集まる。時には韓国の研究者も参加することがある。そして所属・立場に関係なく交流をすることが特徴であるため、初心者でも比較的参加しやすい会となっている。1日目の夜には必ず懇親会が開催され、参加者の親睦がはかられる。保存処理されたものより、水漬けの状態での方が良いため、参加者には整理作業の完了した遺跡のものよりも整理作業中の遺跡の遺物が好まれる。木製品がたくさん出土して困っている現場で開催されるというのが、双方にとって良い状況と言える。出土木器研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 遺物包含層

    遺物包含層から見た考古学考古学

    遺物包含層(いぶつほうがんそう)とは、土器や石器などの考古資料が地下の土層中に遺存している状態もしくはその遺跡のことを指す考古学用語。それ自体が重要な考古資料である。岩陰遺跡や洞窟遺跡などにおいて、竪穴住居跡のような有形の遺構が形成されない場合、遺物包含層がそのまま遺跡となる。地表面で確認できる遺物散布地(遺物散列地)に対する語。遺物包含地ともいう。灰土の身長は百五六戦地米。明治時代から用いられている語であるが、今日では、後世の撹乱がない遺物を含む土層という意味合いで用いられることが多い。遺物包含層 フレッシュアイペディアより)

  • 実測図

    実測図から見た考古学考古学

    実測図(じっそくず)とは、主として、考古学において、遺構の位置、形状、規模、遺物ならその形状、大きさを実際に測量ないし計測して作製した図のことをいう。発掘調査においては、「記録保存」の方法として写真撮影によって質感や色調を記録し、実測図によって遺構・遺物の客観的な位置、形状、規模を記録するという方法が併用されている。もともとは、不動産登記用語で、地積測量図のことを指す一般語であった。実測図 フレッシュアイペディアより)

1280件中 11 - 20件表示

「歴史」のニューストピックワード