1765件中 11 - 20件表示
  • 国立歴史民俗博物館

    国立歴史民俗博物館から見た考古学考古学

    国立歴史民俗博物館(こくりつれきしみんぞくはくぶつかん)は、千葉県佐倉市城内町にある、大学共同利用機関法人人間文化研究機構が運営する博物館。日本の考古学、歴史、民俗について総合的に研究・展示する博物館である。通称、歴博(れきはく)。佐倉城趾の一角にある。国立歴史民俗博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良大学

    奈良大学から見た考古学者考古学

    泉拓良(元文学部教授、先史時代考古学者、現京都大学大学院教授)奈良大学 フレッシュアイペディアより)

  • 紀年銘資料

    紀年銘資料から見た考古学考古学

    紀年銘資料(きねんめいしりょう)とは、考古学において年代が直接人の手によって書かれたり刻まれたりしている遺物、場合によっては遺構のことをいう。年輪年代法に使用される木材、建物に伴う木材や年代の判明している火山灰層は、年代を決める貴重な資料であるが、「紀年銘資料」とは言わない。また、廃棄されていることの多い板碑なども広義の紀年銘資料ではあるが、オリジナルな状態で実際に年代の決定に重要な影響を与える学術的に貴重な位置づけができるものについて「紀年銘資料」と呼ぶことが多い。紀年銘資料 フレッシュアイペディアより)

  • カッティン聖地

    カッティン聖地から見た考古学考古学

    thumb|right|300pxカッティン聖地(ベトナム語: Thánh đ?a Cát Tiên)とはベトナムのダ・ドン川とドン・ナイ川に沿って15キロメートルにわたり、数百ヘクタールの広さを持つ考古学的拠点であり、1985年に偶然に発見された。もっとも主要な考古学的な遺跡が南タイ・グエンのラムドン省のカッティン県のクアンガーイ里からドゥク・フォ里までの地域に集中していてる。カッティン聖地 フレッシュアイペディアより)

  • 古物収集家

    古物収集家から見た考古学考古学

    古物収集家とは骨董品または過去の品に関心があり、それらを趣味または専門的に集めさらには研究をする人々のことである。また最近の最も使用される解釈として、珍しいものや古代の”古物収集家の本”に従って物を集めたり取り扱ったりする人々の事を指すことが多い。狭義では歴史学者の中でも特に骨董品に関心を持つ人々のことである。 欧州での古物収集家の先駆けは普通16世紀まで遡ると考えられている。19世紀までにはその研究も進み学問分野として考古学と文献学の二つに分けられる。古物収集家 フレッシュアイペディアより)

  • 相 (考古学)

    相 (考古学)から見た考古学考古学

    相(そう、、)は、考古学の学問的方法によって把握された文化的文脈ないし枠組み、内容の理論的な縮図、遺跡を見たときに層位的にも遺構の集合やそれに伴う遺物が同時期の文化的な広がりとして把握しうる理論的な状態のことを言うが、一般的に考古学上の用語として、土器など遺物の器種、形式の組み合わせ(アッセンブリッジ;assemblage)などによってその時代の特徴を様相としてとらえた(時期)区分名として使われる場合が多い。遺跡を「期」(era,period)や「段階」(stage)などの時間軸を表す時期区分とことなり、一遺跡の遺構や遺物が表す文化の様相を時系列順に配列することによって、結果として時期区分の名称となる。相 (考古学) フレッシュアイペディアより)

  • 類型学

    類型学から見た考古学考古学

    類型学(るいけいがく、類型論、型式学、タイポロジー、英語:typology)とは分類学、特に考古学や考現学などにおいて、物質をその特質・特性によって分類し、分類結果を考察すること、および、心理学や人間学の立場では、同様に人間行動を類型を用いて、その個人を全体的に把握しようとする方法論である。類型学 フレッシュアイペディアより)

  • 都市史

    都市史から見た考古学考古学

    都市史(としし、英語:urban history)とは、都市の歴史や都市化の過程、およびその学問である。学問的には学際的分野であり、郷土史、建築史、都市社会学、都市地理学あるいは考古学と関連する。都市史 フレッシュアイペディアより)

  • 型式学的研究法

    型式学的研究法から見た考古学考古学

    型式学的研究法(typological method)とは、考古学における研究法のひとつであり、考古資料とくに遺物の形態・材料・技法・装飾などの諸特徴によって分類された型式(type)を、年代的な変遷をたどり、地域的な相互比較をおこなって、その遺物(型式)の時間的ないし分布上の位置関係、さらに型式相互の関係性を明らかにしていく研究の方法であり、単に型式学(typology)ともいわれる。この方法は、19世紀後半にスウェーデンの考古学者O.モンテリウス(1843年-1921年)らによって、北欧の青銅器文化の研究などをもとに提唱されたのち、急速に世界的に普及していったが、これについて、スウェーデンの考古学者オーベリ(N.Åberg)は、「先史考古学は、この研究法の確立によってはじめて科学になった」との評価をくだしている。型式学的研究法 フレッシュアイペディアより)

  • 考古学研究会

    考古学研究会から見た考古学考古学

    考古学研究会(こうこがくけんきゅうかい)は、日本に事務局をおく考古学に関する学術団体の一つ。考古学研究会 フレッシュアイペディアより)

1765件中 11 - 20件表示

「歴史」のニューストピックワード