1280件中 31 - 40件表示
  • 都市史

    都市史から見た考古学考古学

    都市史(としし、英語:urban history)とは、都市の歴史や都市化の過程、およびその学問である。学問的には学際的分野であり、郷土史、建築史、都市社会学、都市地理学あるいは考古学と関連する。都市史 フレッシュアイペディアより)

  • コーリン・レンフリュー

    コーリン・レンフリューから見た考古学考古学

    アンドリュー・コーリン・レンフリュー(Andrew Colin Renfrew, Baron Renfrew of Kaimsthorn)(1937年7月25日 - )は、イギリスの著名な考古学者である。ニューアーケオロジー(新考古学)のリーダーの一人で、先史時代言語学、考古遺伝学(archaeogenetics)や「離心減少モデル」などの理論や、考古遺跡の略奪・破壊の防止についての業績が注目されてきた。放射性炭素年代測定の権威でもある。レンフリューは、原印欧語族の「原郷」がアナトリアにあって農業の発展に伴い、まずギリシャへ移住してから徐々に拡大し、イタリア、シチリア、コルシカ、フランスの地中海岸、スペイン、ポルトガルにうつっていったという仮説(いわゆる「レンフリュー仮説」)によってその名を知られている。コーリン・レンフリュー フレッシュアイペディアより)

  • 河北大学

    河北大学から見た考古学考古学

    博士課程修了者の科学研究流動拠点()8分野:教育学、中国語文学、考古学、中国史、世界史、化学、生物学、光工学河北大学 フレッシュアイペディアより)

  • アッシリア学

    アッシリア学から見た考古学考古学

    アッシリア学(アッシリアがく)は、古代オリエントで使用された楔形文字そのものと、これを用いた諸民族の言語・歴史・文化(政治・社会・経済・法律・宗教・芸術・文学など)を研究する学問である。古代学・考古学・東洋学の一分野をなし、エジプト学とともに(古代)オリエント学の中心である。欧米では「アッシリオロジー」( / )と呼ばれる。アッシリア学 フレッシュアイペディアより)

  • 独学

    独学から見た考古学考古学

    考古学者の鳥居龍蔵と植物学者の牧野富太郎もそうした方法によって研究者になった。彼らは裕福な家庭に生まれたため、学校で立身出世する必要性を感じなかったことも大きい。ついには東京帝国大学を研究の場とした彼らであったが、大学ではすでに学歴が幅を利かせるようになっており、学歴のない者は差別的な扱いに苦しむこととなった。独学 フレッシュアイペディアより)

  • 王の道

    王の道から見た考古学考古学

    「王の道」が実際、どのような地理的コースを走行していたのか、ヘロドトスの記述や、考古学での研究、またそれ以外の歴史記録を元に復元されている。公道は、現代のトルコのイズミールの東、およそ60マイルに位置するサルディスの西から始まり、今日のトルコの中北部に当たる地域を通って西へと走行し、古代のアッシリアの首都ニネヴェ(現代のイラクのモースル)へと達し、そこから更に南へと進み、バビロン(現代のイラクのバグダッド)へと通じていた。王の道 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット

    ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットから見た考古学考古学

    ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット(William Henry Fox Talbot、1800年2月11日 - 1877年9月17日)は写真技術の先駆者の一人で、カロタイプと呼ばれる初期の写真を発明した人物。政治家、考古学者、語源学者でもあった。イギリス人。ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット フレッシュアイペディアより)

  • 類型学

    類型学から見た考古学考古学

    類型学(るいけいがく、類型論、型式学、タイポロジー、英語:typology)とは分類学、特に考古学や考現学などにおいて、物質をその特質・特性によって分類し、分類結果を考察すること、および、心理学や人間学の立場では、同様に人間行動を類型を用いて、その個人を全体的に把握しようとする方法論である。類型学 フレッシュアイペディアより)

  • 社会文化的進化

    社会文化的進化から見た考古学考古学

    ネオ進化論は近代の多系進化のシリーズの最初の理論である。それは1930年代に出現し、第二次世界大戦の後に広範囲に発展し、1960年代に人類学と社会学両方に取り入れられた。それは考古学、古生物学と歴史学方法論の分野からの経験的な証拠の上に理論の基礎を置き、そして道義的であるか、あるいは文化で、その代わりに客観的で、そしてただ記述的なままでいようとして値のシステムに対するどんな言及でも排除して、それ自身であろうとする。社会文化的進化 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥京

    飛鳥京から見た考古学考古学

    律令国家成立期以後の新益京(藤原京)や平城京のように全体計画のもとに造営された都城とは一般にはみなされておらず、また、発掘調査などによって考古学的な成果においても全体像を明らかにするにいたっていないため、地理的な範囲など「飛鳥京」が指し示すものの実態は必ずしも明確ではない。そのためか、歴史学や考古学の文脈においても、飛鳥時代における飛鳥周辺地域を指すのに「飛鳥京」という名称がつねに用いられているわけではない。その点において藤原京以降の「京」とは意を異にする。飛鳥京 フレッシュアイペディアより)

1280件中 31 - 40件表示

「歴史」のニューストピックワード