1765件中 31 - 40件表示
  • 河北大学

    河北大学から見た考古学考古学

    博士課程修了者の科学研究流動拠点()8分野:教育学、中国語文学、考古学、中国史、世界史、化学、生物学、光工学河北大学 フレッシュアイペディアより)

  • 小西正捷

    小西正捷から見た考古学考古学

    小西 正捷(こにし まさとし、1938年(昭和13年)12月16日 - )は、日本の民俗学者、考古学者。立教大学名誉教授。専攻は南インドの民俗学、考古学。インダス文明および民間信仰、儀礼、造形、芸能を研究。小西正捷 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイル・キャリガー

    ゲイル・キャリガーから見た考古学考古学

    ゲイル・キャリガー(Gail Carriger、本名:トーファ・ボレガード〔Tofa Borregaard〕、1976年5月4日 - )は、考古学者、スチームパンク作家。ゲイル・キャリガー フレッシュアイペディアより)

  • 先史時代

    先史時代から見た考古学考古学

    「先史時代」と「歴史時代」を明瞭に区別する基準は、その時期に記された文献の存在有無による。文字が初めて用いられたのは地域によって異なるが青銅器時代後期から鉄器時代中期の頃と分析されており、この時期から地域的な有史時代が始まる。しかし、先史時代と有史時代との間には神話や伝承など口述記録が伝える「原史時代」または「中間時代」 (Intermediate Age) も置かれる。そのため、歴史家は文字記録だけに頼らず、考古学に代表される自然科学や社会学的分析を取り入れて、太古の歴史(en)に対する解析を行う。先史時代 フレッシュアイペディアより)

  • イケニ族

    イケニ族から見た考古学考古学

    イケニ族の存在を示す考古学的証拠の代表的なものに、トルクと呼ばれる装飾がある。これは、金銀や銅またはそれらの合金で作られた環で、首や肩などに掛けられた。また、紀元前約10年頃にはコイン製造を始めていた。これは片面に馬の意匠を施したデザインの典型でもあり、例外として初期のコインには馬の代わりに雄豚の図柄を施したものもある。コインの中には部族名であるECENIが表記されたものがあり、彼らが製作したという証拠となっている。ノリッチ近郊から発見された夥しい数の銀製コインは、片面は未加工な片面と不恰好な馬の意匠が施され、Ic. Duro. T.という銘があった。この銘はイケニ族・Dutotriges族・トリノヴァンテス族の連名と考えられており、このブリタンニアの通貨はこれら氏族の間、地理で言えばノリッチからベンタ(en)の廃墟に及ぶ区域で流通していたと考えられる。人物としてコインに登場する最古は、紀元前10年頃のアンテディオスであり、その名は略されAESUやSAEMUと記述されている。イケニ族 フレッシュアイペディアより)

  • バントゥー系民族

    バントゥー系民族から見た考古学考古学

    なお、現在のバントゥ系民族の地域に数多く存在する農業や牧畜に関する最古の考古学的証拠は、バントゥ系民族の拡大を反映していると推定されている。バントゥー系民族 フレッシュアイペディアより)

  • 自然人類学

    自然人類学から見た考古学考古学

    アメリカ合衆国においては、文化人類学、考古学、言語人類学、応用人類学などと並んで主要な人類学の分野である。自然人類学 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立考古博物館

    兵庫県立考古博物館から見た考古学考古学

    兵庫県立考古博物館(ひょうごけんりつこうこはくぶつかん)は、兵庫県播磨町にある考古博物館。兵庫県立考古博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 中山平次郎

    中山平次郎から見た考古学考古学

    中山 平次郎(なかやま へいじろう、1871年7月20日(明治4年6月3日) - 1956年(昭和31年)4月29日)は、明治後期から昭和前期にかけての日本の病理学者、考古学者。死没時の称号、位階勲等および学位は九州大学名誉教授正三位勲二等医学博士。中山平次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐原真

    佐原真から見た考古学考古学

    新制武蔵高校、大阪外国語大学ドイツ語学科を経て、京都大学大学院博士課程修了(考古学専攻)。佐原真 フレッシュアイペディアより)

1765件中 31 - 40件表示

「歴史」のニューストピックワード