1280件中 41 - 50件表示
  • 副葬品

    副葬品から見た考古学考古学

    こういった活動の最も原初的な形態は、人が生活するうえで必要とされる食品や、あるいは当人が生前に使用していた道具、あるいは心和ませる草花など、死者自身や彼ないし彼女を取り巻きそれを埋葬した当事者らにとって身近な物品であったと考えられており、今日考古学において発掘される墳墓など埋葬跡からは、当時を忍ばせる様々な遺物が出土している。こういった活動は現代に連なるヒト直系の祖先だけではなく、異説もあるがネアンデルタール人の社会にもあったとも考えられている。副葬品 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立考古博物館

    兵庫県立考古博物館から見た考古学考古学

    兵庫県立考古博物館(ひょうごけんりつこうこはくぶつかん)は、兵庫県播磨町にある考古博物館。兵庫県立考古博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 黒川金山

    黒川金山から見た考古学考古学

    黒川金山は平安時代に開発されたとする伝承を持つが、文献上では1498年(明応7年)の明応の大地震による災害を記した山梨市の窪八幡神社別当寺である普賢寺住職の記した『王代記』の記事が初出である。15世紀までは、黒川は霊場として山伏や修験者などが滞在し、小規模な砂金採掘が行なわれていた。遅くとも16世紀前半には本格的な金の採掘が始まっており、専門の職人集団としての金山衆を記した文書も多く存在する。また、考古学的年代観においても出土した中世陶磁の検討から、武田信昌・信縄期にあたる戦国時代初期の開始が確認される。黒川金山 フレッシュアイペディアより)

  • 考古学研究会

    考古学研究会から見た考古学考古学

    考古学研究会(こうこがくけんきゅうかい)は、日本に事務局をおく考古学に関する学術団体の一つ。考古学研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 金属探知機

    金属探知機から見た考古学考古学

    金属探知機(きんぞくたんちき)は電磁誘導を利用して金属の有無を探知する機器である。今日では地雷原において地中に埋設されている地雷の探知、空港や港湾における所持品のチェック(ナイフや銃器の探知)、地理学探査、考古学探査そして宝探し(トレジャーハンティング)などにおいて広く活用されている。また食品加工の場における異物の探査、建物の鉄骨や鋳鉄管(水道管や下水管など)、電線などの探知にも用いられている。金属探知機 フレッシュアイペディアより)

  • 中山平次郎

    中山平次郎から見た考古学考古学

    中山 平次郎(なかやま へいじろう、1871年7月20日(明治4年6月3日) - 1956年(昭和31年)4月29日)は、明治後期から昭和前期にかけての日本の病理学者、考古学者。死没時の称号、位階勲等および学位は九州大学名誉教授正三位勲二等医学博士。中山平次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 民俗学

    民俗学から見た考古学考古学

    日本での民俗学は近世における国学や本草学にも源流が見られるが、本格的な研究が開始されたのは19世紀末である。一つの嚆矢となるのは坪井正五郎が東京人類学会を立ち上げた1886年であり、民族学・民俗学・自然人類学・考古学等を包含する「人類学」の研究として、「土俗」の調査が行われるようになった。一方、新渡戸稲造らと村落研究の勉強会を行っていた農商務省官僚の柳田國男は、1909年、宮崎県椎葉村で聞き書きした狩猟の話を「後狩詞記」(のちのかりのことばのき)として自費出版し、柳田民俗学の第一歩を踏み出す。1913年からは雑誌『郷土研究』を創刊するとともに、当時イギリス留学から帰国した南方熊楠にゴム編『The handbook of folklore(民俗学便覧)』を借り受け、それまで余技の道楽ととらえていた民俗学を学問として体系化する道筋をつけたのである。民俗学 フレッシュアイペディアより)

  • 発掘調査

    発掘調査から見た考古学考古学

    考古学分野における埋蔵文化財の調査発掘調査 フレッシュアイペディアより)

  • 型式学的研究法

    型式学的研究法から見た考古学考古学

    型式学的研究法(typological method)とは、考古学における研究法のひとつであり、考古資料とくに遺物の形態・材料・技法・装飾などの諸特徴によって分類された型式(type)を、年代的な変遷をたどり、地域的な相互比較をおこなって、その遺物(型式)の時間的ないし分布上の位置関係、さらに型式相互の関係性を明らかにしていく研究の方法であり、単に型式学(typology)ともいわれる。この方法は、19世紀後半にスウェーデンの考古学者O.モンテリウス(1843年-1921年)らによって、北欧の青銅器文化の研究などをもとに提唱されたのち、急速に世界的に普及していったが、これについて、スウェーデンの考古学者オーベリ(N.Åberg)は、「先史考古学は、この研究法の確立によってはじめて科学になった」との評価をくだしている。型式学的研究法 フレッシュアイペディアより)

  • 江上波夫

    江上波夫から見た考古学考古学

    2003年(平成15年)3月、江上波夫が横浜市に寄贈した考古・歴史・美術・民族資料約2500点、文献資料約25000点を、元にして「横浜ユーラシア文化館」が開館した。江上波夫 フレッシュアイペディアより)

1280件中 41 - 50件表示

「歴史」のニューストピックワード