1765件中 61 - 70件表示
  • 角田文衞

    角田文衞から見た考古学考古学

    角田 文衞(つのだ ぶんえい、1913年4月9日 - 2008年5月14日)は、日本の歴史学者(古代学専攻)。文学博士。従四位勲三等。研究分野は文献史学と考古学の両分野で、その論考には日本・東アジア・ヨーロッパ・北アフリカ(地中海世界)にまたがる幅広いものがあった。角田文衞 フレッシュアイペディアより)

  • 副葬品

    副葬品から見た考古学考古学

    最も原初的な形態は、人が生活するうえで必要とされる食品や、あるいは当人が生前に使用していた道具、あるいは心和ませる草花など、死者自身や彼ないし彼女を取り巻きそれを埋葬した当事者らにとって身近な物品であったと考えられており、今日考古学において発掘される墳墓など埋葬跡からは、当時を忍ばせる様々な遺物が出土している。こういった活動は現代に連なるヒト直系の祖先だけではなく、異説もあるがネアンデルタール人の社会にもあったとも考えられている。副葬品 フレッシュアイペディアより)

  • 1913年

    1913年から見た考古学者考古学

    5月28日 - ジョン・ラボック、銀行家・政治家・生物学者・考古学者(* 1834年)1913年 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の歴史

    日本の歴史から見た考古学考古学

    一般によく知られている時代区分は、主として政治センターの所在地に着目した時代区分である。この時代区分は明確な区分基準を持っている訳ではなく、歴史研究上の時代区分としては適当でない。単に便宜的に用いられているに過ぎない時代区分である。文献史料がなく考古史料が残る時代は、考古学上の時代区分に従い、旧石器時代・縄文時代・弥生時代・古墳時代と区分する。文献史料がある程度残る時代以降は政治センターの所在地に従って、飛鳥時代・奈良時代・平安時代・鎌倉時代・室町時代・安土桃山時代・江戸時代と区分するが、これだけでは必ずしも十分でないため南北朝時代・戦国時代という区分を設けており、これらは中国史の時代区分からの借用である。江戸時代の次は、天皇の在位に従って明治時代・大正時代・昭和時代・平成時代と呼ばれている。これらのうち、明治維新から第二次世界大戦までの時代(明治時代・大正時代・戦前昭和時代)は、政体(憲法)に因んで「大日本帝国時代」と呼ぶ例もある。また、北海道・北東北、南西諸島などの周縁部については、これらとは異なる時代区分が用いられている(詳細→日本史時代区分表)。日本の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 片倉信光

    片倉信光から見た考古学考古学

    明治42年(1909年)、北海道千歳水産試験場にて生まれ、間もなく白石に帰郷。白石中学を経て國學院大學)に入学、上代史研究会に属し、考古学研究に入る。昭和9年1934年卒業。有栖川宮記念公園陳列館学芸員に就任。昭和13年(1938年)から昭和19年(1944年)まで、仙台市斉藤報恩博物館勤務。この間、片倉氏第15代を嗣ぎ、男爵を継承。昭和15年(1940年)、奥州白石郷土工芸研究所を創立、所長となる。昭和17年(1942年)から昭和40年(1965年)まで、青葉神社宮司を務める。昭和31年(1956年)より死去まで、白石市編纂委員、昭和39年(1964年)から昭和52年(1977年)まで、白石市文化財保護委員を歴任。昭和60年5月3日死去。片倉信光 フレッシュアイペディアより)

  • 古代宇宙飛行士説

    古代宇宙飛行士説から見た考古学考古学

    人工衛星から遺跡を調査する考古学の一分野である「宇宙考古学」とは全く異なる物である。また混同されやすいものにアーキオアストローノミ、「考古天文学」がある。これは考古学的に古代人の天文学に関する知識と、天体にかかわる文化活動を研究するものである。古代宇宙飛行士説 フレッシュアイペディアより)

  • 原島文雄

    原島文雄から見た考古学考古学

    2015年で全ての役職を退任。技術史にも興味があった原島は、同年4月より奈良大学で考古学を学んでいる。原島文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 王家の紋章

    王家の紋章から見た考古学考古学

    エジプトに留学中の主人公―キャロル・リードは、日々熱心に考古学を学ぶ16歳のアメリカ人。ある日、リード家が貢献する事業の一環として若くして暗殺された古代エジプト王(ファラオ)―メンフィスの墓を暴いたため、彼女は神殿の祭祀であったメンフィスの姉―アイシスの呪術により、古代エジプトにタイムスリップしてしまう。王家の紋章 フレッシュアイペディアより)

  • 岸和田市

    岸和田市から見た考古学考古学

    濱田耕作(考古学博士、号濱田青陵、旧京都帝大に日本初の考古学講座開講)岸和田市 フレッシュアイペディアより)

  • 須恵器

    須恵器から見た考古学考古学

    平安時代には「陶器」と書いて「すえもの」「すえうつわもの」と読まれていたが、それが古墳時代に遡るかは未詳である。陶器(とうき)と混乱を避けるため、現代の考古学用語としては須恵器が一般化している。20世紀前半までは祝部土器(いわいべどき)と呼ばれることがあった。須恵器 フレッシュアイペディアより)

1765件中 61 - 70件表示

「歴史」のニューストピックワード