1765件中 81 - 90件表示
  • ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (1555年)

    ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (1555年)から見た考古学考古学

    1950年代には、ペルー出身で当時リマ在住だった実業家で考古学博士のダニエル・ルソが、パリの書籍商ジュール・チエボー(Jules Thiébaud)未亡人の手許に1冊私蔵されていることを知り、全ページのフォトコピーをとらせてもらっている。このフォトコピーは、2007年4月21日のオークションで、90ドルで競り落とされたことが分かっているが、チエボーの蔵書自体がその後どうなったのかはよく分かっていない。ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (1555年) フレッシュアイペディアより)

  • 型どり

    型どりから見た考古学考古学

    型どり(かたどり)とは、対象となる立体に砂などの粒子または合成樹脂などを接触させ、その形状を転写する作業を言う。産業分野や医療分野または趣味などで用いられる手法のひとつ。また、考古学的発掘調査では遺構のデータを取得するために用いられる場合もある。なお、「型を採る」という作業であるため、『型取り』という表記には疑問が残る。型どり フレッシュアイペディアより)

  • 関川尚功

    関川尚功から見た考古学考古学

    1971年(昭和46年)から奈良県立橿原考古学研究所の所員として奈良県桜井市の纒向遺跡の調査に携わった。石野博信とともに報告書『纒向』(1976年)を著したが、とくに外部から搬入された土器の分析と整理は関川がおこない、古墳時代の考古学的な研究において、きわめて重要で画期的な資料となった。関川尚功 フレッシュアイペディアより)

  • 関川尚功

    関川尚功から見た考古学者考古学

    関川 尚功(せきがわ ひさよし)は日本の考古学者。橿原考古学研究所の所員として纒向遺跡の発掘調査に携わり、石野博信とともに報告書『纒向』を著した。関川尚功 フレッシュアイペディアより)

  • 考古学板

    考古学板から見た考古学考古学

    古今東西を問わず考古学について扱い、文献史学は従来の日本史・世界史板で扱う。たとえば邪馬台国論争は、「魏志倭人伝」の解釈論が主力のために考古学板では扱わない。考古学板 フレッシュアイペディアより)

  • 明石人

    明石人から見た考古学考古学

    明石人(あかしじん)は、日本の考古学史、人類学史の中で注目された古人骨。明石人 フレッシュアイペディアより)

  • プラパトムチェーディー国立博物館

    プラパトムチェーディー国立博物館から見た考古学考古学

    プラパトムチェーディー国立博物館 (、英語:Phra Pathom Chedi National Museum) はタイ王国ナコーンパトム県にある国立博物館。博物館では主にワット・プラパトムチェーディーの周辺で発掘されたドヴァーラヴァティー王国時代の考古学遺物を中心にした展示がなされている。プラパトムチェーディー国立博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 古代吉備国を語る会

    古代吉備国を語る会から見た考古学考古学

    同会は吉備地方史研究会の推進者であった長光徳和の提唱により、岡山在住の郷土史家や考古学研究者、文化財関係者の賛同者が参集し、1969年2月に創立された。以来、、2009年末までに遺跡の現地検証の例会は241回を数え、夏季特別講演会は24回開催している。特別例会では、京都や出雲を訪れるなど古代吉備の範囲にとどまらない活動を行っている。参加者は、地域の歴史に関心を持つ年配層が中心だが、歴史を学ぶ学生など各世代にわたる。会員数は約300人。会長の出宮は、現在就実大学人文科学部の非常勤講師や、岡山城展示物運用委員を務める一方でこの会の会長のほかに宇喜田家史談会や熊山遺跡調査研究会の役員として活動している。古代吉備国を語る会 フレッシュアイペディアより)

  • かいとう・ちわわんだー

    かいとう・ちわわんだーから見た考古学考古学

    ウサギの青年で、ミミカの兄。考古学を勉強している大学生。妹とは大の仲良し。かいとう・ちわわんだー フレッシュアイペディアより)

  • デートリッヒ大佐

    デートリッヒ大佐から見た考古学者考古学

    フルネームはヘルマン・デートリッヒ(Herman Dietrich)だが、映画ではハーマンと英語風にも呼ばれる。所属はドイツ国防軍。アドルフ・ヒトラー総統に忠誠を誓う有能な軍人だが、小説版では彼にタニス捜索の任務を伝えた親衛隊の高級将校アイデルの横暴な態度や事務室で書類に埋もれ大物ぶる姿勢を指して「黒い制服に身を包んだ道化」と評するなど、親衛隊や党の上層部を嫌悪する描写がある。知人にアイデルが「最高の専門家」と称するフランス人考古学者ルネ・ベロック(René Belloq)があるが、デートリッヒ自身はベロックをほとんど信用していない。副官としてゴブラー少佐(Major Gobler)を連れている。デートリッヒ大佐 フレッシュアイペディアより)

1765件中 81 - 90件表示

「歴史」のニューストピックワード