150件中 41 - 50件表示
  • 酒々井町福祉施設職員遺体切断事件

    酒々井町福祉施設職員遺体切断事件から見た死体遺棄死体遺棄

    酒々井町福祉施設職員遺体切断事件(しすいまちふくししせつしょくいんいたいせつだんじけん)とは、2016年(平成28年)9月12日に千葉県酒々井町で発生した殺人・死体損壊事件。同居していた弟を姉が殺害した。酒々井町福祉施設職員遺体切断事件 フレッシュアイペディアより)

  • 巣鴨子供置き去り事件

    巣鴨子供置き去り事件から見た死体遺棄死体遺棄

    8月、母親が保護責任者遺棄致死の罪で逮捕・起訴され、「懲役3年、執行猶予4年」の有罪判決を受ける。長男は三女の死にかかわっていたとされ、傷害致死ならびに死体遺棄で東京家庭裁判所に送致されるが、状況を考慮され、養護施設に送られる。巣鴨子供置き去り事件 フレッシュアイペディアより)

  • 人違いバラバラ殺人事件

    人違いバラバラ殺人事件から見た死体遺棄死体遺棄

    1954年9月5日、埼玉県入間郡高階村(現在の川越市の一部)で、19歳の女性が殺害された。19歳女性は手拭いで絞め殺された後、加害者から身体を切断され、肉片や手足を一夜のうちに畑や肥溜めなど殺害現場周辺のさまざまな場所にばら撒かれるという常軌を逸した行為を受けた。同年の11月18日に埼玉県警察は被疑者としてF(当時29歳)を殺人及び死体損壊と遺棄で逮捕した。Fの供述によれば被害者とは面識は無く、自分が探していた女性と誤認して殺害したというものであった。供述によればバラバラにしたのは平素のうっ憤が爆発したためであると主張しており、まず女としての価値を無くすために、持っていたボンナイフで下腹部と乳房を切り取ったうえ、歩けないようにするために足を切断したという。そして逃走の最中に肉片をばら撒いたというものであった。人違いバラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 岸和田だんじり妻殺害事件

    岸和田だんじり妻殺害事件から見た死体遺棄死体遺棄

    捜査において、女性の知人だったトラック運転手が捜査線上に浮上。トラック運転手は事件当時「家で寝ていた」と説明したが、その後の調べで事件当時に車を走行していたなど供述の矛盾が判明。追及するとトラック運転手は犯行を自供。トラック運転手は妻帯者だったが被害女性と不倫関係にあったこと、9月12日午前40分に女性宅に訪問して口論となり女性を殺害し、午前3時10分に女性の死体を車に乗せて自宅を出発し、大阪府泉南市内の山中に死体を遺棄していたと供述。運転手の供述から、女性の遺体が確認されたため、3月30日に殺人罪と死体遺棄罪で逮捕された。被疑者は前述の「奇跡の扉 TVのチカラ」に出演し、行方の協力を呼びかけていた。岸和田だんじり妻殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 白骨化

    白骨化から見た死体遺棄死体遺棄

    遺棄された遺体は発見されなければ遅かれ早かれ確実に白骨化してしまい、白骨化した遺体から身元を特定することが困難になるばかりでなく、死因を特定することさえも困難になる。そのため、事件なのか事故なのかも判別できないうえ、骨に蓄積する毒物などが検出されなければ自殺なのか他殺なのかも特定できない。したがって、事件の露見を恐れて死体を隠蔽しようとする積極的な死体遺棄と死体損壊は極めて悪質な犯罪である。白骨化 フレッシュアイペディアより)

  • 白骨化

    白骨化から見た死体損壊死体遺棄

    遺棄された遺体は発見されなければ遅かれ早かれ確実に白骨化してしまい、白骨化した遺体から身元を特定することが困難になるばかりでなく、死因を特定することさえも困難になる。そのため、事件なのか事故なのかも判別できないうえ、骨に蓄積する毒物などが検出されなければ自殺なのか他殺なのかも特定できない。したがって、事件の露見を恐れて死体を隠蔽しようとする積極的な死体遺棄と死体損壊は極めて悪質な犯罪である。白骨化 フレッシュアイペディアより)

  • 残酷ゲーム

    残酷ゲームから見た死体遺棄死体遺棄

    内容的に人によっては強い不快感を与える暴力的だったり、もしくは人を殺害することを目的としたり、それらにリアルな映像効果を持たせてある、流血や負傷・死体損壊を扱うといった、現実に行えば倫理面で問題視されるようなグロテスクで凶悪な描写を特徴とする。残酷ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 首なし事件

    首なし事件から見た死体遺棄死体遺棄

    警察は動脈硬化性脳出血による病死として処理しようとしたが、採炭業者の雇主から相談を受け拷問が原因との疑いを持った弁護士の正木ひろしは墓地に赴き、埋葬されていた遺体の首を切断、東京帝国大学法医学教室の古畑種基教授のもとに持ち込み、鑑定を依頼した。古畑が外傷による他殺と鑑定したことを受けて、正木は巡査部長と、死亡直後に司法解剖を行った警察医の2名を告発した。警察・検察は逆に正木の墳墓発掘、死体損壊罪での起訴を検討するなど全面対立となった。古畑ら東大法医学教室の面々が岩村通世司法大臣の要請により改めて遺体を発掘した際、首が付いていなかった、ということから「首なし事件」という名前が付いた。もっとも上記の経緯から古畑らは遺体が首なしであることはもとより承知していた。首なし事件 フレッシュアイペディアより)

  • 厚別女性殺害事件

    厚別女性殺害事件から見た死体遺棄死体遺棄

    男は容疑者死亡のまま殺人および死体遺棄容疑で書類送検された。厚別女性殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山鈴鹿

    畠山鈴鹿から見た死体遺棄死体遺棄

    捜査本部は、33歳の畠山鈴香(4月に水死した畠山彩香ちゃんの母親)を、米山 豪憲君の死体遺棄の疑いで逮捕。HS容疑者の自宅から血痕や、米山 豪憲君のものとみられる体液も分析の結果発見され、有力な物証とみている。畠山鈴鹿 フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「死体遺棄」のニューストピックワード