104件中 71 - 80件表示
  • 知的障害

    知的障害から見た死体遺棄死体遺棄

    千葉県東金市で全裸の幼女が倒れているのが発見され、病院で死亡が確認された。現場近くのマンションに住む知的障害の男が死体遺棄容疑で逮捕された。男は後に殺人容疑で再逮捕された。知的障害 フレッシュアイペディアより)

  • 大崎事件

    大崎事件から見た死体遺棄死体遺棄

    1979年10月15日、大崎町の自宅併設の牛小屋堆肥置き場で家主(当時42歳)の遺体発見。その3日後の10月18日、長兄(当時52歳)と次兄(当時50歳)が、殺人・死体遺棄容疑で逮捕。さらに10月27日に甥(次兄の息子である)(当時25歳)を死体遺棄容疑、10月30日に長兄の嫁(当時52歳)を殺人・死体遺棄容疑で逮捕。長男の嫁Aを主犯として酒乱の被害者を保険金目的で殺害しようとしたとして起訴した。大崎事件 フレッシュアイペディアより)

  • 逮捕

    逮捕から見た死体遺棄死体遺棄

    マスコミ報道などでよく耳目にするのは、異なる被疑事実での再逮捕である。見出しでは単に「再逮捕」となっていても、本文では例えば「死体遺棄容疑で身柄拘束中の被疑者を殺人容疑で再逮捕した」などと記されている。このような再逮捕は疑いなく合法であり、後述のようにマスコミによる法律用語の誤用とする指摘もある。逮捕 フレッシュアイペディアより)

  • ジュセリーノ・ダ・ルース

    ジュセリーノ・ダ・ルースから見た死体遺棄死体遺棄

    英語講師リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 - 2007年3月26日、千葉県市川市で発生した、英国籍リンゼイ・アン・ホーカーさんの遺体が発見された事件。千葉県警はこの事件を殺人及び死体遺棄事件と断定する。ジュセリーノはこの事件を予知して警告の手紙を在ブラジル日本大使館に郵送したと主張しており、その「警告の手紙」を事件の約半年後、同年9月25日放送の日本テレビ系番組で初公開した。ジュセリーノが送ったとする警告の手紙には被害者と被疑者 の氏名が記載されており、2007年3月26日が殺害された日とされている。また被疑者が2007年末までにブラジルのリベルダーデ地区に逃げるとされている。ちなみに同番組では在ブラジル日本大使館はこの手紙の存在について「確認は取れない」と返答したと伝えている。ジュセリーノ・ダ・ルース フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖バラバラ殺人事件

    琵琶湖バラバラ殺人事件から見た死体損壊死体遺棄

    琵琶湖バラバラ殺人事件(びわこバラバラさつじんじけん)とは、2008年5月17日早朝から6月23日にかけて、滋賀県近江八幡市の琵琶湖で発生した殺人・死体損壊事件である。琵琶湖バラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 墓

    から見た死体遺棄死体遺棄

    日本では、遺灰を海や墓地公園のようなところで散骨するというやり方は最近認められつつあるというが、あくまでも暗黙の域を出ず、法的にはグレーである。大々的にやると、死体(遺骨)遺棄罪、死体損壊罪、廃棄物処理法違反に問われる可能性はゼロではないので注意が必要である。 フレッシュアイペディアより)

  • 死体

    死体から見た死体遺棄死体遺棄

    地質学や生態学などにおける学術用語として「生物遺体」・「動物遺体」・「植物遺体」などの用語もあり、「遺体」が必ずしも動物に適用されないわけでもない。また、刑法では、「死体遺棄(死体損壊)」のように「死体」が用いられる。死体 フレッシュアイペディアより)

  • 火葬

    火葬から見た死体遺棄死体遺棄

    日本では、墓地、埋葬等に関する法律第3条の規定により、原則として、死体(もしくは妊娠7か月以上の胎児)は、死後(もしくは死産後)24時間以内は火葬してはならないとされている。(但し、感染症法30条の規定により、同法で定められている疾病、すなわち一類から三類までの感染症や新型インフルエンザ等の感染症による死亡の場合はこの限りではない。該当感染症については感染症法の項および関連法令条文を参照)。また、火葬を行なう場合には、当該死体に係る死亡届等を受理した市町村長の許可が必要であり(墓地、埋葬等に関する法律第5条)、この許可を受けずに火葬した場合には、墓地、埋葬等に関する法律違反となるほか(「罰則」規定同法第21条)、刑法第190条「死体遺棄・死体損壊罪」に問われる可能性もある。火葬 フレッシュアイペディアより)

  • 火葬

    火葬から見た死体損壊死体遺棄

    日本では、墓地、埋葬等に関する法律第3条の規定により、原則として、死体(もしくは妊娠7か月以上の胎児)は、死後(もしくは死産後)24時間以内は火葬してはならないとされている。(但し、感染症法30条の規定により、同法で定められている疾病、すなわち一類から三類までの感染症や新型インフルエンザ等の感染症による死亡の場合はこの限りではない。該当感染症については感染症法の項および関連法令条文を参照)。また、火葬を行なう場合には、当該死体に係る死亡届等を受理した市町村長の許可が必要であり(墓地、埋葬等に関する法律第5条)、この許可を受けずに火葬した場合には、墓地、埋葬等に関する法律違反となるほか(「罰則」規定同法第21条)、刑法第190条「死体遺棄・死体損壊罪」に問われる可能性もある。火葬 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥葬

    鳥葬から見た死体損壊罪死体遺棄

    チベット仏教にて行われるのが有名である。またパールスィーと呼ばれるインドのゾロアスター教徒も鳥葬を行う。国や地域によっては、法律などにより違法行為となる。日本では、刑法190条の死体損壊罪に反する。鳥葬 フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「死体遺棄」のニューストピックワード