前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た葬儀

    死体遺棄(したいいき)とは、死体を遺棄すること、特に、人間の遺体を葬儀に絡む社会通念や法規に沿わない状態で放置することをいう。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た軽犯罪法

    なお、埋葬義務がない者であっても、自己の占有する場所内に死体があることを知りながら公務員(警察官等)に速やかに通報せず放置していた場合には、軽犯罪法違反に問われる(軽犯罪法1条18号・19号)。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た殺人罪

    殺人犯が死体を遺棄した場合では、殺人罪と死体遺棄罪の併合罪となる(併合罪ではなく牽連犯となるとする説もある)。この場合、死体遺棄を行わなかった殺人事件よりも犯行の態様が悪質であるとして殺人罪の求刑そのものが重くなる傾向がある。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た条例

    水葬は基本的に死体遺棄罪に該当するが、公海上の船舶内において死亡した人物の遺体について衛生上船内で死体を保存できないこと等の条件に該当した場合は船長の権限で死体を水葬に付することができる(船員法第15条)。また散骨については地方自治体の条例で制限されている場合がある。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見たハエ

    死体は化学的には有機物であるため放置すればいずれ腐敗によって異臭を発したり、病害虫(ハエなど)の発生源となるなど、不快感を催させるのみならず感染症などの原因ともなりうる。それら公衆衛生上の問題以前に、多くの社会では人間の遺体は生きている人同様の尊厳をもって扱われるべきだと考えられており、人間の遺体を不適切に放置することはタブーの範疇にある。それゆえ、遺体に対して正当な敬意をもった扱いが成されない場合は一つの事件と見なされ、他人に不快感を催させる行為を敢えて行う人には罰則を持ってあたられる。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た動物

    動物の死骸を放置する事は、冒頭で述べたとおり衛生の観点から勧められない。このため動物の死骸を放置する行為は環境の汚損の範疇で扱われるが、その死骸は見る者に不快感や恐怖心を与えかねない。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た日本航空123便墜落事故

    一部宗教では最後の審判の際に死者が復活し、神の裁きを受け行い正しい人は楽園にいけるとしているため、火葬する事は復活させるべき遺体を損壊させる行為と取られ、殊更もめるケースも見られる。日本航空123便墜落事故では遺体の損傷が激しかったため、記録を取った上で日本式に火葬してしまい、イスラム教徒遺族を中心に、その扱いに対する猛反発という事態を招いた。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た火葬

    特に人間の遺体の扱いに際しては、それぞれの社会で細かく定義されている。通常は故人の崇拝していた宗教によってもやり方は違うが、火葬もしくは土葬など、様々な葬儀の様式が存在する。しかし特に宗教的な理由があっても、該当地域における遺体の扱いが異なる場合には、地域の法律や風習に則った埋葬方法が求められる事もある。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見たタブー

    死体は化学的には有機物であるため放置すればいずれ腐敗によって異臭を発したり、病害虫(ハエなど)の発生源となるなど、不快感を催させるのみならず感染症などの原因ともなりうる。それら公衆衛生上の問題以前に、多くの社会では人間の遺体は生きている人同様の尊厳をもって扱われるべきだと考えられており、人間の遺体を不適切に放置することはタブーの範疇にある。それゆえ、遺体に対して正当な敬意をもった扱いが成されない場合は一つの事件と見なされ、他人に不快感を催させる行為を敢えて行う人には罰則を持ってあたられる。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た動物虐待

    近年では動物虐待に絡んで動物の死骸が放置されるケースも見られ、他人の飼育していた動物の場合には器物損壊罪(刑法261条)、動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律)で定められた愛護動物の場合には動物愛護法違反の疑いで捜査が進められる。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「死体遺棄」のニューストピックワード