47件中 31 - 40件表示
  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た高齢者所在不明問題

    また、年金受給者が死亡した際、死亡届を出さずに死体を隠し、同居人がその死者の年金を不正に受給したことが発覚した場合、死者の死体を隠しているので死体遺棄罪に問われることに加え、年金を不正に受給したことで詐欺罪にも問われることがある。高齢者所在不明問題も参照。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た事件

    死体は化学的には有機物であるため放置すればいずれ腐敗によって異臭を発したり、病害虫(ハエなど)の発生源となるなど、不快感を催させるのみならず感染症などの原因ともなりうる。それら公衆衛生上の問題以前に、多くの社会では人間の遺体は生きている人同様の尊厳をもって扱われるべきだと考えられており、人間の遺体を不適切に放置することはタブーの範疇にある。それゆえ、遺体に対して正当な敬意をもった扱いが成されない場合は一つの事件と見なされ、他人に不快感を催させる行為を敢えて行う人には罰則を持ってあたられる。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た廃棄物の処理及び清掃に関する法律

    廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)上の「廃棄物」には「動物の死体」が含まれており、動物の死体は同法により適正に処理されることを要する。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た天つ罪・国つ罪

    神道における罪の観念である、『天つ罪・国つ罪』には、傷害罪に相当する『生膚断』の他、死体を損壊する罪として『死膚断』の考えが存在する。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た墓地、埋葬等に関する法律

    日本国内では墓地埋葬法により、原則として埋葬や火葬は死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ行うことができないとされている(墓地埋葬法第3条)。また、遺体の埋葬や焼骨の埋蔵は墓地以外の区域に行ってはならず、火葬は火葬場以外の施設で行ってはならないとされている(墓地埋葬法第4条)。埋葬、火葬、改葬を行おうとする者は市町村長あるいは特別区の区長の許可を受けなければならない(墓地埋葬法第5条)。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た感染症

    死体は化学的には有機物であるため放置すればいずれ腐敗によって異臭を発したり、病害虫(ハエなど)の発生源となるなど、不快感を催させるのみならず感染症などの原因ともなりうる。それら公衆衛生上の問題以前に、多くの社会では人間の遺体は生きている人同様の尊厳をもって扱われるべきだと考えられており、人間の遺体を不適切に放置することはタブーの範疇にある。それゆえ、遺体に対して正当な敬意をもった扱いが成されない場合は一つの事件と見なされ、他人に不快感を催させる行為を敢えて行う人には罰則を持ってあたられる。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た緊急避難

    緊急避難の範疇において飢餓状態にある者が、生存のために遺体を口にする行為に関しては、違法性が阻却されるケースもある(→ウルグアイ空軍機571便遭難事故)。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た日本

    日本国内では墓地埋葬法により、原則として埋葬や火葬は死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ行うことができないとされている(墓地埋葬法第3条)。また、遺体の埋葬や焼骨の埋蔵は墓地以外の区域に行ってはならず、火葬は火葬場以外の施設で行ってはならないとされている(墓地埋葬法第4条)。埋葬、火葬、改葬を行おうとする者は市町村長あるいは特別区の区長の許可を受けなければならない(墓地埋葬法第5条)。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た人間

    死体遺棄(したいいき)とは、死体を遺棄すること、特に、人間の遺体を葬儀に絡む社会通念や法規に沿わない状態で放置することをいう。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見たウルグアイ空軍機571便遭難事故

    緊急避難の範疇において飢餓状態にある者が、生存のために遺体を口にする行為に関しては、違法性が阻却されるケースもある(→ウルグアイ空軍機571便遭難事故)。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「死体遺棄」のニューストピックワード