1 2 3 4 5 次へ
47件中 41 - 47件表示
  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た船員法

    水葬は基本的に死体遺棄罪に該当するが、公海上の船舶内において死亡した人物の遺体について衛生上船内で死体を保存できないこと等の条件に該当した場合は船長の権限で死体を水葬に付することができる(船員法第15条)。また散骨については地方自治体の条例で制限されている場合がある。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た土葬

    特に人間の遺体の扱いに際しては、それぞれの社会で細かく定義されている。通常は故人の崇拝していた宗教によってもやり方は違うが、火葬もしくは土葬など、様々な葬儀の様式が存在する。しかし特に宗教的な理由があっても、該当地域における遺体の扱いが異なる場合には、地域の法律や風習に則った埋葬方法が求められる事もある。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た神道

    神道における罪の観念である、『天つ罪・国つ罪』には、傷害罪に相当する『生膚断』の他、死体を損壊する罪として『死膚断』の考えが存在する。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た衛生

    動物の死骸を放置する事は、冒頭で述べたとおり衛生の観点から勧められない。このため動物の死骸を放置する行為は環境の汚損の範疇で扱われるが、その死骸は見る者に不快感や恐怖心を与えかねない。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た沖縄県

    沖縄周辺では伝統的に遺体を決められた場所に放置(正しくは安置だが、状況的には野に置かれている状態)する風葬がある。この風習は伝統に則った葬儀習慣であるため、死体遺棄にはあたらないとされている。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た妊娠中絶

    日本国外では医療廃棄物扱いを受けることの多い、事故や疾病によって切断された生存している人の四肢や、12週間目以上の中絶胎児に関しても、日本では墓地埋葬法の規定に従って適正に葬ることが求められている。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た客死

    旅行者等が旅先で死亡(客死)した場合などに於いて、旅行者の遺族と遺体を収容した側の価値観の違いから、国際問題に発展するケースも見られ、適正な遺体の取り扱いに関して難しい側面が存在する。なおそれぞれの社会・宗教にて求められる取り扱いの様式に関しては、葬儀の項を参照。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
47件中 41 - 47件表示

「死体遺棄」のニューストピックワード