前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示
  • ジョン・デュポン

    ジョン・デュポンから見た殺人罪殺人罪

    デュポンは「心神喪失による無罪」を主張した。この主張は裁判において却下され、1997年2月27日に陪審によって第三級謀殺(Third-degree murder、故意はあるが計画性のない殺人)の有罪であるが同時に精神疾患を患っていると評決された。ペンシルベニア州における第三級謀殺は、第一級謀殺(計画的に故意に殺害)や第二級謀殺(重い犯罪行為の実行時に意図的でなく殺害)よりも量刑が軽い。ペンシルベニア州の刑法では、「心神喪失」は「病気や障害」により自らの行動が誤っていることが分からない、または法律に従うことを理解できない者に当てはめられる。(つまりデュポンはこのケースに当てはまらないとされた)ジョン・デュポン フレッシュアイペディアより)

  • 安楽死

    安楽死から見た殺人罪殺人罪

    自分で積極的安楽死を行った(未遂も含む)場合は自殺なので犯罪にはならない。日本では他人による積極的安楽死は法律で明確に容認されていないので、他人が積極的安楽死を行った(未遂も含む)場合は刑法上殺人罪の対象となる。ただし、名古屋安楽死事件や、東海大学病院安楽死事件の判例では、下記の厳格な条件を全て満たす場合は違法性は無いために阻却される(刑事責任の対象にならず有罪にならない)と述べている。安楽死 フレッシュアイペディアより)

  • 張仁煥

    張仁煥から見た殺人罪殺人罪

    1908年3月23日、張仁煥と田明雲はサンフランシスコで乗船準備をしていたスティーブンスに接近した。スティーブンスはフェリーでオークランドへ行き、そこで電車に乗り換えてワシントンD.C.へ行く予定だった。田明雲は最初、回転式拳銃でスティーブンスを撃ったが失敗し、突撃して銃を鈍器代わりにしてスティーブンスの顔を殴った。張はそこで格闘している2人にむけて突発的に発砲し、スティーブンスに背中から2発当たった。混乱の中で田明雲も撃たれた。集まった群衆はその場で2人を私刑にすべきだと主張した。張仁煥は殺人罪で逮捕され、保釈なしで留置された。その一方で、田明雲は治療のため病院に送られた。張仁煥 フレッシュアイペディアより)

  • LGBTの人々に対する暴力

    LGBTの人々に対する暴力から見た殺人罪殺人罪

    レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー (LGBT)の 人々は、セクシュアリティや性同一性に対する嫌悪的な態度によって動機付けられた暴力に直面する可能性がある。暴力は、同性愛行為(同性愛に関する法を参照)のための体罰を規定する法律を持つ国家や、脅迫、暴動、暴行、またはリンチを起こしている個人(、を参照)によって執行されることがある。感情的なセクシュアリティのために人々を標的とする暴力は、心理的または肉体的であり、殺人にまで及ぶ可能性がある。これらの行動は、ホモフォビア、、バイフォビア、トランスフォビアによって動機付けられ、文化的、宗教的、政治的な慣行や偏見の影響を受けている可能性がある。LGBTの人々に対する暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷連続殺人事件

    熊谷連続殺人事件から見た殺人罪殺人罪

    男は暫く意識不明の状態が続いていたが、9月24日に意識が回復し、10月8日に退院した。同日に第1の事件の被疑者として(殺人及び住居侵入)、11月4日に第2の事件の被疑者として、11月25日に第3の事件の被疑者として、それぞれ逮捕された。一方、男は全ての容疑を否認している。熊谷連続殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た殺人罪殺人罪

    殺人犯が死体を遺棄した場合では、殺人罪と死体遺棄罪の併合罪となる(併合罪ではなく牽連犯となるとする説もある)。この場合、死体遺棄を行わなかった殺人事件よりも犯行の態様が悪質であるとして殺人罪の求刑そのものが重くなる傾向がある。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • ミニョネット号事件

    ミニョネット号事件から見た殺人罪殺人罪

    24日目に船員3名はドイツ船に救助され生還したが、母国に送還されると殺人罪で拘束された。しかし彼らは人肉を得るためパーカーを殺害したのは事実だが、そうしなければ彼ら全員が死亡していたのは確実であり、仮にパーカーが死亡するのを待っていたら、その血は凝固してすすることはできなかったはずであると主張した。ミニョネット号事件 フレッシュアイペディアより)

  • セウォル号沈没事故

    セウォル号沈没事故から見た殺人罪殺人罪

    5月15日 - 船長ら4人を殺人罪で起訴。セウォル号沈没事故 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪 (日本)

    殺人罪 (日本)から見た殺人罪殺人罪

    殺人罪(さつじんざい)とは、人を殺すこと(殺人)を内容とする犯罪であり、広義には刑法第2編第26章に定める殺人の罪(刑法199条〜203条)を指し、狭義には刑法199条に規定されている殺人罪を指す。日本の刑法における殺人罪は故意による殺人をいい(刑法38条参照)、過失により人を死に至らしめた場合は過失致死罪(刑法210条)の問題となる。殺人罪 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ダーハム・W・スティーブンス

    ダーハム・W・スティーブンスから見た殺人罪殺人罪

    翌日の3月23日、 韓国系の移民である張仁煥(チャン・インファン)と田明雲(チョン・ミョンウン)はサンフランシスコ港でスティーブンスに接近し、攻撃した。彼はフェリーでオークランドに行き電車に乗り換えるため、乗船準備をしているところだった。田明雲は回転式拳銃でスティーブンスを撃ったが当たらなかったので、突撃して拳銃を鈍器として使い彼の顔を殴った。しかし、田明雲はすぐにスティーブンスに鎮圧された。張仁煥も彼を殺害しようとしており、2人の闘いを見て乱闘の中へ向けて発砲した。スティーブンスは背中を2回撃たれた。田明雲も混乱の中で銃を撃った。集まった群衆は2人をその場で私刑にすべきだと主張した。張仁煥は殺人罪で逮捕され、保釈なしで留置された。田明雲は初め入院し、後に幇助犯として逮捕された。暗殺後の新聞のインタビューで、2人は暗殺について謝罪することはなく、スティーブンスを韓国の裏切り者と称し、「スティーブンスの計画によって数千人が死に追いやられた」と述べた。ダーハム・W・スティーブンス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード