前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
138件中 1 - 10件表示
  • 御嵩町長襲撃事件

    御嵩町長襲撃事件から見た殺人未遂殺人罪

    御嵩町長襲撃事件(みたけちょうちょうしゅうげきじけん)とは1996年10月に岐阜県可児郡御嵩町で御嵩町長が襲われた殺人未遂事件。犯人が検挙されないまま、2011年10月30日に公訴時効が成立した。御嵩町長襲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た殺人罪殺人罪

    殺人犯が死体を遺棄した場合では、殺人罪と死体遺棄罪の併合罪となる(併合罪ではなく牽連犯となるとする説もある)。この場合、死体遺棄を行わなかった殺人事件よりも犯行の態様が悪質であるとして殺人罪の求刑そのものが重くなる傾向がある。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪 (日本)

    殺人罪 (日本)から見た殺人罪殺人罪

    殺人罪(さつじんざい)とは、人を殺すこと(殺人)を内容とする犯罪であり、広義には刑法第2編第26章に定める殺人の罪(刑法199条?刑法203条)を指し、狭義には刑法199条に規定されている殺人罪を指す。日本の刑法における殺人罪は故意による殺人をいい(刑法38条参照)、過失により人を死に至らしめた場合は過失致死罪(刑法210条)の問題となる。殺人罪 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 殺人

    殺人から見た殺人罪殺人罪

    殺人(さつじん、)、人殺し(ひとごろし)は、故意・過失を問わず人間の命を絶つこと。人間が相互の安全を確保するために、原則的に禁じている行為である。故意に行うと殺人罪が成立し、そうでなくとも過失致死などに問われる。自ら命を絶つことは自殺とされ、これと区別するため、他殺(たさつ)と呼ばれることもある。また、計画的な殺人は謀殺(ぼうさつ)、故意の殺人は故殺(こさつ)と呼ばれる。殺人 フレッシュアイペディアより)

  • 人の終期

    人の終期から見た殺人罪殺人罪

    刑法上では、生きている者は殺人罪・傷害罪をはじめとする各種犯罪の客体(被害者)となることができる。それらの犯罪の加害者に対しては重罰が課されることから、結果として法によって厚く保護される。しかし死亡すると、生きている人を保護することを目的として規定された犯罪の客体となる地位を失い、低いレベルの保護しか受けられなくなる(名誉毀損などの一部の法的保護は遺族に引き継がれるが)。どの時点で死亡したかによって、犯罪行為者に対する処罰が大きく異なることになる。人の終期 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人犯

    殺人犯から見た殺人罪殺人罪

    殺人犯 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ブルース・ブレイクニー

    ベン・ブルース・ブレイクニーから見た殺人罪殺人罪

    「国家の行為である戦争の個人責任を問うことは、法律的に誤りである。何故ならば、国際法は国家に対して適用されるものであって、個人に対してではない。個人に依る戦争行為という新しい犯罪をこの法廷で裁くのは誤りである。戦争での殺人は罪にならない。それは殺人罪ではない。戦争が合法的だからである。つまり合法的人殺しである殺人行為の正当化である。たとえ嫌悪すべき行為でも、犯罪としてその責任は問われなかった。ベン・ブルース・ブレイクニー フレッシュアイペディアより)

  • 州裁判所 (アメリカ合衆国)

    州裁判所 (アメリカ合衆国)から見た殺人罪殺人罪

    これらと区別されるのが、一般的管轄権(上位管轄権)を有する裁判所であり、これが事実審裁判所の原則的な形態である。一般管轄裁判所は、いかなる事件でも、限定管轄裁判所における審理を経なくても、直接取り扱うことができる。実際に取り扱っている事件の多くは、訴額が多額である民事事件や、強姦罪、殺人罪など重大な犯罪についての刑事訴訟事件である。州裁判所 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 小田原一家5人殺害事件

    小田原一家5人殺害事件から見た殺人未遂殺人罪

    Aは宮城刑務所で無期懲役囚として服役し1970年に仮出獄し東京都内で印刷工として働いていた。しかし1984年7月8日に殺人未遂事件を起こした。この事件はAの自宅アパートが家出少女や不良少女の溜まり場になっていたが、同棲状態にあった13歳の少女から別れ話を切り出されたことに逆上し、この少女と仲を引き裂こうとしていると邪推した14歳の少女の二人をメッタ刺しにしたものであった。この事件で懲役8年を宣告され、仮釈放も取り消され再び刑務所に戻された。そのため、寿命が尽きる前に再び仮釈放される可能性は乏しい状況であったが、2009年10月27日に獄死。小田原一家5人殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 強盗罪

    強盗罪から見た殺人罪殺人罪

    なお、殺人罪に執行猶予がありえ、強盗致傷罪に執行猶予がありえない(特に万引きして店員をケガさせた場合を指している)問題については、関係する刑法の改正がはかられようとしていた。その結果2004年に刑法の一部が改正され、従前ならば強盗致傷罪の法定刑は「無期又は七年以上の懲役」であったが、改正により「無期又は六年以上の懲役」のように変更になった。改正前は酌量減軽(刑法66条、68条)しても下限が3年6月であり執行猶予を付けることができなかったが(25条)、改正により酌量減軽後の下限が3年となり執行猶予を付けることが可能となった。強盗罪 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
138件中 1 - 10件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード