185件中 101 - 110件表示
  • 陪審制

    陪審制から見た殺人罪殺人罪

    スコットランドの刑事事件は、(1) 最高法院 (High Court of Justiciary)、(2) 州裁判所 (Sheriff Court) の正式手続 (solemn procedure)、(3) 同じく州裁判所の略式手続 (summary procedure)、又は (4) 簡易裁判所 (District Court) のいずれかに起訴され、審理される。このうち最高法院と州裁判所の正式手続では陪審審理が行われるが、他の二つでは裁判官による審理が行われる。殺人罪と強姦罪(その他ごく限られた犯罪)は最高法院に専属的管轄があるので、陪審審理が保障されている。その他の事件は、検察官の選択により、最高法院(量刑に制限なし)、州裁判所の正式手続(選択できる量刑の上限が自由刑3年)、同じく州裁判所の略式手続(量刑の上限が3か月)又は簡易裁判所(量刑の上限が60日)に起訴される。被告人には正式手続と略式手続の選択権はない。陪審制 フレッシュアイペディアより)

  • 移植 (医療)

    移植 (医療)から見た殺人罪殺人罪

    1968年には札幌医科大学の和田寿郎教授によって、世界で30例目の心臓移植が行われ、移植患者は83日間生存した。いわゆる和田心臓移植事件である。移植患者の生存中は賞賛されたが、死後に提供者の救命治療が十分に行われたかどうか、脳死判定が適切に行われたかどうか、レシピエントは本当に移植が必要だったかどうかなど、厳密な脳死判定基準のなかった当時の脳死移植は多くの議論を呼んだ。和田教授に対しては殺人罪の刑事告発もされ、検察当局による任意の調査が行われたが、嫌疑不十分の不起訴処分となった。移植 (医療) フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス

    マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシスから見た殺人罪殺人罪

    紀元前65年にマケドニアでの軍務を終えて、シリアや小アジアを旅した後にローマへ帰還したカトは、クァエストル(財務官)に選出された。カトはクァエストルに選出されると職務に必要な知識、特に税金に関連する法を勉強し、任期中に不正に国庫の資金を流用したクァエストル経験者を告発した。また、当時ローマで最も人気のあったグナエウス・ポンペイウスに近く、かつルキウス・コルネリウス・スッラの側近であった人物を、最初に国庫資金の不正流用、次いで殺人罪で告発した。年末にカトは退任したが、ローマ市民はカトに喝采を送ったと伝わっている。カトはクァエストル辞任後も不正への監視を続けた。マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス フレッシュアイペディアより)

  • ソンミ村虐殺事件

    ソンミ村虐殺事件から見た殺人罪殺人罪

    なお、1970年に開かれた軍事法廷でこの虐殺に関与した兵士14人が殺人罪で起訴されたものの、1971年3月29日に下った判決ではカリーに終身刑が言い渡されただけで、残りの13人は証拠不十分で無罪となった。また、カリー自身もその後10年の懲役刑に減刑された上、3年後の1974年3月には仮釈放される。陸軍のこの不可解な処置は世界中から大きな非難を浴びた。虐殺計画は掃討作戦決行の前夜に決定された既定事項で、C中隊指揮官のアーネスト・メディナ大尉が主張したものであるという。ソンミ村虐殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件

    韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件から見た殺人罪殺人罪

    今回の起訴に関しては、大統領の意向に忠実な韓国検察の体質が影響しているとの見方があり、具体例としては、朴大統領が4月21日に乗客を見捨てたセウォル号の船長らの行為を「容認できない殺人のような行為だ」と発言すると、翌日に検察が記者団に「不作為による殺人罪の適用も可能ではないかと検討している」と表明し、実際に殺人罪で起訴されたといった例が指摘されている。韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件 フレッシュアイペディアより)

  • 破戒裁判

    破戒裁判から見た殺人罪殺人罪

    昭和35年6月15日、弱小新聞社のひとつである東洋新聞の法廷記者、米田友一はある興味深い裁判の取材を開始していた。被告である本俳優の村田和彦はは二件の殺人及び死体遺棄罪で告訴されていたが、彼の表情は死刑を予想しているような被告人の表情を浮かべていなかった。期せずして、裁判官の冒頭の尋問でで、彼はいきなり自分の殺人罪に対する無実を大声で訴えた。のちに「破戒裁判」と呼ばれる法廷審理はこうして始まった。破戒裁判 フレッシュアイペディアより)

  • デレク・アンド・ザ・ドミノス

    デレク・アンド・ザ・ドミノスから見た殺人罪殺人罪

    その後、メンバーはそれぞれソロやセッションミュージシャンとして活動していくが、クラプトンはデュアンやジミ・ヘンドリックスの相次ぐ死などから精神を病み、ドラッグに溺れ暫く音楽活動から遠ざかり、レイドルは1980年にアルコールとドラッグ中毒により37歳で死去した。ゴードンは70年代後半からドラッグに溺れた上統合失調症を患い、ミュージシャンとしては引退状態となる。その後、1983年に母親を鈍器と刃物で殺害する事件を起こし、殺人罪で懲役16年の判決を受け精神病院に収監される(刑期を過ぎた現在も入院しているため、事実上の終身刑である)などした。デレク・アンド・ザ・ドミノス フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・ピチュシキン

    アレクサンドル・ピチュシキンから見た殺人罪殺人罪

    彼は2006年6月15日に逮捕された。48件の殺人罪と3件の殺人未遂に問われ、さらに11件の殺人の余罪を科せられた。ロシアでは死刑は廃止にはなっていないものの長らく行われておらず、事実上の廃止のような形となっているため、最も重い刑である無期懲役の判決が下された。現在も服役中。アレクサンドル・ピチュシキン フレッシュアイペディアより)

  • タイ・カッブ

    タイ・カッブから見た殺人罪殺人罪

    裁判ではアマンダは殺人罪に問われたが、翌1906年3月31日に正当防衛が認められ、無罪となった。カッブはこの事件以来、母親とは会おうとも話そうともしなかったという。一方で、裁判にて母親が不利になるような証言はしなかった。死の直前、自身の自伝の執筆を担当していた記者にその事について質問された際、カッブは「男はどんなときも母親を守らなければならない」と答えている。また、裁判後に父親を射殺したのは浮気相手だったことを知らされたという。タイ・カッブ フレッシュアイペディアより)

  • 潮見寺 (徳島市)

    潮見寺 (徳島市)から見た殺人罪殺人罪

    元僧侶が2014年12月16日に女性を刺殺したとして殺人などの罪で起訴され、2015年11月25日に初公判が開かれ、検察側は元僧侶の動機を「◯◯被告(元僧侶の実名につき伏せ字)は接客業をしていた◯◯さん(被害者の実名につき伏せ字)に現金340万円を渡し、仕事を辞め他の男性と会わないように要求したが、関係が悪化し、お金を返してもらえず殺害に至った」とし、元僧侶は「間違いありません」と起訴内容を認め、弁護側は「◯◯さん(被害者の実名につき伏せ字)をつなぎとめるために多額の現金を渡していたが、裏切られたことが犯行の経緯」と主張した。潮見寺 (徳島市) フレッシュアイペディアより)

185件中 101 - 110件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード