138件中 31 - 40件表示
  • ショーン・ゲイル

    ショーン・ゲイルから見た殺人罪殺人罪

    2009年3月3日、41歳の、マルニ・ヤンは第一級謀殺容疑で逮捕され、起訴された。そして2011年3月、第一級謀殺での有罪判決が下された。ショーン・ゲイル フレッシュアイペディアより)

  • 錯誤

    錯誤から見た殺人罪殺人罪

    例えば、殺人罪を行おうとする意思を持ち、客観的にも殺人罪に当たる行為を行った場合である。錯誤 フレッシュアイペディアより)

  • ニンジャマン

    ニンジャマンから見た殺人罪殺人罪

    1990年代後半、ニンジャマンは強姦罪、タクシー運転手の殺人罪で訴えられたが、無罪放免となった。1999年には銃器不法所持容疑で訴えられ、有罪が確定し1年間服役した。ニンジャマン フレッシュアイペディアより)

  • 臨床心理士

    臨床心理士から見た殺人罪殺人罪

    一方、裁判員制度が施行されて以降、裁判員の心のケアも問題となっている。殺人罪を始めとした重大犯罪の刑事訴訟への参加を義務づけられる裁判員は、公判に提出される証拠について、例え生々しい遺体や凄惨な犯行現場の写真であっても審理のため全ての確認を求められるばかりか、被告人および被害者・遺族の人生を左右する重みを持つ有罪・無罪の如何、ならびに量刑についての評議も課せられる。このように、裁判員に義務づけられる職務は、一般の人々にとっては非常に重い精神的負担となることから、最高裁判所は2009年6月より「裁判員メンタルヘルスサポート窓口」を開設し、臨床心理士が参画している。同サポート窓口は、24時間体制での無料電話相談を行えるほか、臨床心理士による心理カウンセリングを5回まで無料で行うことができ、裁判員・元裁判員を対象に精神的負担のアフターケアを提供するものである。なお、裁判員や元裁判員が、同サポート窓口、および医療機関・相談機関において医師や臨床心理士などの専門家に相談を行う際に限っては、裁判員が法的に負う守秘義務は一時的に解除されるとの法務省見解が2010年5月に発表された。臨床心理士 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州飲食店経営者等連続襲撃事件

    北九州飲食店経営者等連続襲撃事件から見た殺人未遂殺人罪

    北九州飲食店経営者等連続襲撃事件(きたきゅうしゅういんしょくてんけいえいしゃとうれんぞくしゅうげきじけん)とは、2012年8月から福岡県北九州市で連続して起きたスナック経営者らに対する殺人未遂及び放火事件。北九州飲食店経営者等連続襲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人留学生射殺事件

    日本人留学生射殺事件から見た殺人罪殺人罪

    ピアーズは、日本の刑法では傷害致死罪に相当する計画性のない殺人罪で起訴されたが、同州の東バトンルージュ郡地方裁判所陪審員は12名(白人10名、黒人2名)全員一致で無罪の評決を下した。評決の理由は裁判において、明らかにされていない。ルイジアナ州の法律では、屋内への侵入者については発砲が容認されているが、服部は屋内に入っていない。この裁判の場合、傷害致死罪を適用するのは最初から無理があり、無罪評決は正当防衛を認めたものか、傷害致死罪の構成要因を満たしていないと陪審員が判断した結果なのかは不明である。日本人留学生射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ケヴォーキアン

    ジャック・ケヴォーキアンから見た殺人罪殺人罪

    1998年9月17日にALS患者を自殺装置で死亡させたことを記録したビデオテープが、1998年11月22日に放映されたCBSの番組「60 Minutes」で公開され、激しい議論を呼んだ。自殺装置は、通常患者自身が装置を作動させるが、このケースでは患者が自力で装置を作動させることが不可能なため、ケヴォーキアンが装置を作動させた。このため放映直後に第一級殺人罪(その後第二級殺人罪に変更)で告訴された。ジャック・ケヴォーキアン フレッシュアイペディアより)

  • 殺したいほどアイ・ラブ・ユー

    殺したいほどアイ・ラブ・ユーから見た殺人未遂殺人罪

    1984年にペンシルベニア州アレンタウンで実際に起こった、浮気性の夫を殺そうとした妻の殺人未遂事件を基にしたコメディ。殺したいほどアイ・ラブ・ユー フレッシュアイペディアより)

  • 生類憐れみの令

    生類憐れみの令から見た殺人罪殺人罪

    一般的に「苛烈な悪法」「天下の悪法」として人々に認識されているが、江戸時代史見直しと共に徳川綱吉治世の見直し論も起こり、この令も再検討されている(詳細は見直し論参照)。また、動物愛護法をはじめ、刑法の保護責任者遺棄罪、殺人罪や児童福祉法、児童虐待防止法として現代においても同様の法令が制定されるに至っている。生類憐れみの令 フレッシュアイペディアより)

  • ガストン・ネサン

    ガストン・ネサンから見た殺人罪殺人罪

    この「714-X」が薬品として正式に認可されていない時期、ガストンは薬事法違反で摘発された。カナダに移住した後は、「714-X」投与によって末期癌患者が死亡したという嫌疑での訴訟が起こり、最も重ければ殺人罪で終身刑もあり得たが、X-714使用者たちによって結成された「ガストン・ネサンを守る会」の活動もあり、無罪となった。その後カナダにおいて714-Xは末期のガン患者への使用が認可された(この認可を受けたものには、「通常療法に見放された末期のガン患者に限って、使用を許可する」として、カウンセリングや食餌療法など患者の心理的な安心を図るための幅広い治療法が含まれる)。 ガストン・ネサン フレッシュアイペディアより)

138件中 31 - 40件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード