185件中 41 - 50件表示
  • Total Overdose

    Total Overdoseから見た殺人犯殺人罪

    エルネストの相棒。DAEのベテラン・エージェントだが、麻薬カルテルと繋がっていて、エルネストを殺害した殺人犯。ストーリー終盤では自分の勤務先であるDEAの襲撃を行い、ビルを爆破しようとしたが、主人公に阻止され、最後は列車で逃亡するも、メキシコ空軍によって爆破された橋から、車両ごと転落し死亡する。Total Overdose フレッシュアイペディアより)

  • 東松山都幾川河川敷少年殺害事件

    東松山都幾川河川敷少年殺害事件から見た殺人罪殺人罪

    8月24日午前1時45分、Aが父親に付き添われ、東松山署へ出頭。捜査関係者に「甲を自分一人で暴行して殺した」と供述した。この供述をAが行った理由としては、Bが「本当のことを話したら、お前の家族がどうなるかわかっているんだろうな」とAを脅迫していたことが判明している。その後の追及でAは真相を供述し、8月25日に殺人の容疑で逮捕された。B、C、D、Eについても翌26日までに殺人容疑で逮捕されている。東松山都幾川河川敷少年殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 刑事法院

    刑事法院から見た殺人罪殺人罪

    事件の割り当ては、イングランドおよびウェールズ首席判事 (Lord Chief Justice) によって定められた訓令に基づいて行われる。殺人罪、強姦罪又はこれに準ずる、最も重い事件のみが高等法院裁判官に割り当てられ、その他の事件は巡回裁判官又は市裁判官に割り当てられる。刑事法院 フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・ピストリウス

    オスカー・ピストリウスから見た殺人罪殺人罪

    南アフリカの英雄とも言えるピストリウスの殺人容疑に、南アフリカのマスメディアの報道は過熱気味である。また、この事件の担当刑事の1人が、過去に7件の殺人未遂容疑がかけられている不祥事が発覚、担当刑事が交代となるなど、捜査は混乱している。オスカー・ピストリウス フレッシュアイペディアより)

  • 朴順梨

    朴順梨から見た殺人教唆殺人罪

    2010年代より日本国内で起きている嫌韓問題に関する執筆を行っている。在日特権を許さない市民の会などといった団体が、在日特権の1つとして主張している「優先的に生活保護が受けられる」。これに対し、「デマ」「生活保護受給者の大半は日本国籍者」と反論し批判している。また、行動する保守団体が実施しているデモ活動に対し、殺人教唆とも取れる言葉が記載されたプラカードを掲げていることに恐怖を感じたと述べ、カウンター活動やデモ活動の行われた近隣の商店主らなどを対象とした勉強会を行う在日3世などの活動をレポートした。朴順梨 フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・デフェオ・ジュニア

    ロナルド・デフェオ・ジュニアから見た殺人犯殺人罪

    ロナルド"ブッチ"・デフェオ・ジュニア(Ronald Joseph "Butch" DeFeo Jr.、1951年9月26日 - )は、アメリカ合衆国の殺人犯。『悪魔の棲む家』のモデルとなった「デフェオ一家殺害事件」の犯人。ロナルド・デフェオ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 田明雲

    田明雲から見た殺人罪殺人罪

    翌日の3月23日、田明雲と張仁煥はサンフランシスコ港でスティーブンスに接近した。スティーブンスはワシントンD.C.行きの船に乗船する準備をしているところだった。田明雲はハンカチで包んだ回転式拳銃でスティーブンスを撃とうとしたが不発だった。そこで、駆け寄って銃を鈍器代わりに使用しスティーブンスの顔を殴った。田明雲は逃走し、スティーブンスに追跡された。そこで張仁煥はスティーブンスに発砲した。1発目は田明雲に当たり、残り2発はスティーブンスの背に当たった。集まった群衆は田明雲と張仁煥をその場で私刑にすべきだと主張した。張仁煥は殺人罪で逮捕され保釈なしで留置されたが、田明雲は治療のため病院に送られた。田明雲 フレッシュアイペディアより)

  • 死罪 (律令法)

    死罪 (律令法)から見た殺人罪殺人罪

    古代の日本においては「ころすつみ」・「しぬるつみ」という言葉が存在する。これは今日の殺人罪ではなく、死をもって以外に浄化出来ない行いを指していると考えられている。中国の正史である『隋書』倭国伝には、殺人・強盗・強姦は全て死(罪)に処せられたことが記され、また『日本書紀』にも斬(斬首刑)・絞(絞首刑)・焚(焚刑)の3種が存在していた事が記されている。死罪 (律令法) フレッシュアイペディアより)

  • 暗黒の土曜日

    暗黒の土曜日から見た殺人罪殺人罪

    デモ鎮圧時に市民に対して発砲を許可した結果、多くの死傷者を出したとして、アピシットとステープは、殺人罪で訴追される方針が固められ、2013年10月28日に起訴された。暗黒の土曜日 フレッシュアイペディアより)

  • 臨床心理士

    臨床心理士から見た殺人罪殺人罪

    一方、裁判員制度が施行されて以降、裁判員の心のケアも問題となっている。殺人罪を始めとした重大犯罪の刑事訴訟への参加を義務づけられる裁判員は、公判に提出される証拠について、例え生々しい遺体や凄惨な犯行現場の写真であっても審理のため全ての確認を求められるばかりか、被告人および被害者・遺族の人生を左右する重みを持つ有罪・無罪の如何、ならびに量刑についての評議も課せられる。このように、裁判員に義務づけられる職務は、一般の人々にとっては非常に重い精神的負担となることから、最高裁判所は2009年6月より「裁判員メンタルヘルスサポート窓口」を開設し、臨床心理士が参画している。同サポート窓口は、24時間体制での無料電話相談を行えるほか、臨床心理士による心理カウンセリングを5回まで無料で行うことができ、裁判員・元裁判員を対象に精神的負担のアフターケアを提供するものである。なお、裁判員や元裁判員が、同サポート窓口、および医療機関・相談機関において医師や臨床心理士などの専門家に相談を行う際に限っては、裁判員が法的に負う守秘義務は一時的に解除されるとの法務省見解が2010年5月に発表された。臨床心理士 フレッシュアイペディアより)

185件中 41 - 50件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード