185件中 51 - 60件表示
  • 法律 (対話篇)

    法律 (対話篇)から見た殺人罪殺人罪

    殺人罪 --- 1 故意でない殺人の諸事例とその罰則、2 激情にかられての殺人の諸事例とその罰則法律 (対話篇) フレッシュアイペディアより)

  • EX 少年漂流

    EX 少年漂流から見た殺人教唆殺人罪

    本作の黒幕的存在。日本壊滅の影響で周囲の人々が混乱する中、悪事を企て始めて言葉巧みに殺人教唆などを行い、聡たちや周囲の人々を更なる混乱に陥れる。しかし、ウイルスの末期症状に至ったデブによって殺される。EX 少年漂流 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・アダムス

    クリス・アダムスから見た殺人罪殺人罪

    その後はダラス周辺のインディー団体に単発参戦していたが、2000年4月、ドラッグとアルコールの過剰摂取で愛人と一緒に無意識状態になっているところを知人宅で発見される。愛人は数時間後に死亡、アダムスは故殺罪に問われたが、裁判を控えた2001年10月7日、酒の上での喧嘩がもとで友人に正当防衛として射殺された。。クリス・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • ガストン・ネサン

    ガストン・ネサンから見た殺人罪殺人罪

    この「714-X」が薬品として正式に認可されていない時期、ガストンは薬事法違反で摘発された。カナダに移住した後は、「714-X」投与によって末期癌患者が死亡したという嫌疑での訴訟が起こり、最も重ければ殺人罪で終身刑もあり得たが、X-714使用者たちによって結成された「ガストン・ネサンを守る会」の活動もあり、無罪となった。その後カナダにおいて714-Xは末期の癌患者への使用が認可された(この認可を受けたものには、「通常療法に見放された末期の癌患者に限って、使用を許可する」として、カウンセリングや食餌療法など患者の心理的な安心を図るための幅広い治療法が含まれる)。ガストン・ネサン フレッシュアイペディアより)

  • 虫籠のカガステル

    虫籠のカガステルから見た殺人罪殺人罪

    逆に言えば、翼部がない発症者を殺すと殺人罪となる。虫籠のカガステル フレッシュアイペディアより)

  • 先生を流産させる会

    先生を流産させる会から見た殺人罪殺人罪

    2009年に愛知県で起こった、男子生徒が女性教師を流産させる目的で給食に異物を混入させた事件をモチーフとしている。監督・脚本・製作の内藤瑛亮は、製作の理由について、「“先生を流産させる会”は実際にあった事件。この言葉に、いちばんの衝撃を受けたんです。こういう悪意の在り方は自分には想像しえなかった。流産させても殺人罪にはならない。でも、“先生を殺す会”よりも“先生を流産させる会”という言葉のほうが、遥かにまがまがしく、おぞましい。それはなぜなんだろう。そう思ったことが企画の始まりでした」と述べた。先生を流産させる会 フレッシュアイペディアより)

  • 丸子実業高校バレーボール部員自殺事件

    丸子実業高校バレーボール部員自殺事件から見た殺人罪殺人罪

    なお、弁護士の高見澤昭治は、法律上の根拠がないことを容易に認識し得たにもかかわらず校長を殺人罪で告訴し、さらに、記者会見の際に独自の見解に基づいて校長があたかも殺人を犯したかのように発言し校長の名誉と社会的信用を棄損したとして、2012年に東京弁護士会により懲戒処分された。丸子実業高校バレーボール部員自殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • ユーザーユニオン事件

    ユーザーユニオン事件から見た殺人罪殺人罪

    1960年代後半に欠陥車に関する報道が出始めた時代を背景に1970年5月に欠陥車被害者団体「日本自動車ユーザーユニオン」(以下、ユーザーユニオン)が誕生。「ユーザーユニオン」は欠陥車による被害者から相談を受けつつ、欠陥車であることの立証をするために自動車テストをして、欠陥車を生産した自動車メーカーに対応を迫っていた。また、ユーザーユニオンは1968年2月に自動車事故を起こしたホンダ・N360の運転手への有罪判決について「事故はN360の欠陥が原因であり、運転手に過失はない」とする再審請求をしたり、自動車死亡事故について遺族に自動車会社幹部らを「未必の故意」の殺人罪で刑事告訴させるなどしており、大企業に対して戦闘的な団体として世間に知られていた。ユーザーユニオン事件 フレッシュアイペディアより)

  • ディア・ブラザー

    ディア・ブラザーから見た殺人罪殺人罪

    『ディア・ブラザー』(原題: Conviction)は、2010年のアメリカ映画。殺人罪で服役することになった兄を助けるため、弁護士になった女性ベティ・アン・ウォーターズの半生を描く。日本では劇場公開されずビデオスルーとなった。ディア・ブラザー フレッシュアイペディアより)

  • カウンティ裁判所

    カウンティ裁判所から見た殺人罪殺人罪

    一部のオーストラリアの州では、中間上訴裁判所(二審裁判所)に郡裁判所 (County Court) という名称が付けられている(ビクトリア州郡裁判所など)。これらの裁判所では、反逆罪及び殺人罪(謀殺・故殺)を除く正式起訴犯罪(一定の重大な犯罪)を審理する。民事訴訟では、訴額が数万豪ドルから数十万豪ドルの範囲の訴訟について中間上訴管轄を持つという場合が多い。その上限・下限は州によって異なる。他の州では中間上訴裁判所を地方裁判所 (District Court) と呼ぶところもある。これらの下にあるのが、治安判事裁判所 (Magistrates' Courts) 又はローカル・コート (Local Court) である。一方、上位にあるのは州最高裁判所である。一方、中間上訴裁判所を置かない二審制をとっている州もある。カウンティ裁判所 フレッシュアイペディアより)

185件中 51 - 60件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード