138件中 71 - 80件表示
  • カルネアデスの板

    カルネアデスの板から見た殺人罪殺人罪

    舞台は紀元前2世紀のギリシア。一隻の船が難破し、乗組員は全員海に投げ出された。一人の男が命からがら、一片の板切れにすがりついた。するとそこへもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れた。しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は、後から来た者を突き飛ばして水死させてしまった。その後、救助された男は殺人の罪で裁判にかけられたが、罪に問われなかった。カルネアデスの板 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウイリアム・ドレーク

    ジョン・ウイリアム・ドレークから見た殺人罪殺人罪

    1886年10月24日、横浜港から雑貨と日本人乗客23名をのせて神戸港に向かったイギリス貨物船ノルマントン号が、暴風によって紀州沖で座礁沈没したノルマントン号事件が発生、ドレーク以下船員27名は乗客をさしおいて全員ボートで脱出、日本人乗客23名全員を溺死させた。その日の朝9時すぎ、ドレークら生存者は串本にこぎつけた。ドレークは罪に問われたが、11月9日、在日神戸英国領事ツループより船長が十分その職務をつくしたものとされて無罪判決が下された。しかし、世論は怒り収まらず、日本政府(外務大臣は井上馨)により改めて兵庫県知事の名で横浜領事裁判所に殺人罪で告訴されたが、12月、在日横浜英国領事裁判所判事ニコラス・ハンネンは禁固刑3か月の判決を下したのみで、死者への賠償もなかった。その恨みを当時の日本国民は忘れず、ドレークには「奴隷鬼」の字があてられた。この事件によって、外国に領事裁判権を認めている不平等条約の問題点が国民に周知された。ジョン・ウイリアム・ドレーク フレッシュアイペディアより)

  • 刑法典 (ドイツ)

    刑法典 (ドイツ)から見た殺人罪殺人罪

    生命と健康に対する罪(殺人罪・故殺罪・暴行罪)刑法典 (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • デゲッシュ (企業)

    デゲッシュ (企業)から見た殺人罪殺人罪

    1949年、Dr. Gerhard Friedrich Peters 殺人罪により懲役5年の告訴デゲッシュ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の警察官

    日本の警察官から見た殺人罪殺人罪

    警察組織においては交通事犯は交通課、刑事事犯は刑事課と管轄が分かれているので、担当課に属さない警察官には担当課の領分外の犯罪を取り締まる権限がないと思われがちであるが、交通課に属する警察官であっても交通関連の限定的な警察活動しか行えないなどということはない。例えば、交通課に属する警察官が殺人犯や傷害犯などの刑事犯罪者を認知した場合、自身で現行犯逮捕したとしてもなんら問題はない。ただし、警察の職務は高い専門性を要求されるため、通常はもっぱら各々が担当する部署が管轄する職務を行う。日本の警察官 フレッシュアイペディアより)

  • 構造計算書偽造問題

    構造計算書偽造問題から見た殺人未遂殺人罪

    これらの供述について、公判を傍聴した被害マンションの元住民は「『おまえらは死んでもかまわない』という発言で、もはや単なる殺人未遂だ」とした。構造計算書偽造問題 フレッシュアイペディアより)

  • クロウカシス 七憑キノ贄

    クロウカシス 七憑キノ贄から見た殺人罪殺人罪

    正体は恒星が友人の娘マリノに産ませた双子の姉で、本名は七月歌音(ななつき かのん)、詩音は実妹である。3歳の時に住んでいた山小屋が摩夜によって放火された際、通りがかった仁によって助け出されたが、背中に広範囲の火傷を負い意識不明だったため、七月村の病院に収容されていた。摩夜が放火する際にその顔を目撃しており、意識を取り戻してからは病院から姿を消し、彼女への復讐心だけを支えにその後の人生を生きてきた。摩夜の娘達を殺して彼女に家族を奪われる苦しみを思い知らせようと計画し、道に迷ったふうを装って七憑館に入り込んだ。専用ルートでは偶発的に発生した勇殺害事件に乗じて七月家長女・藍を殺す。しかしその後に智士によって正体を暴かれ、追い詰められて摩夜の殺害を図るも智士と詩音の説得に応じ思い止まった。殺人罪で逮捕・起訴され有罪となり懲役刑に処されるが、十年近い刑期を終えた後、智士に迎えられ出所した。クロウカシス 七憑キノ贄 フレッシュアイペディアより)

  • 見沢知廉

    見沢知廉から見た殺人罪殺人罪

    1982年、新右翼の一水会-統一戦線義勇軍書記長に就任。組織名「清水浩司」として、日本IBM、英国大使館等への火炎ゲリラ活動を行う。同年秋、スパイ粛清事件(「スパイ」とは「組織に潜入している公安当局のスパイ」を指す)を起こし、逮捕。殺人罪ならびに火炎びんの使用等の処罰に関する法律違反で懲役12年の判決を受け、川越少年刑務所-千葉刑務所-八王子医療刑務所-千葉刑務所で1994年12月まで服役。刑務所生活では、千葉刑務所の懲罰房がもっとも長く、3000日(8年近く)の間服役していた。この懲罰房で執筆活動を行う。千葉刑務所で、狭山事件で無期懲役となった受刑者や新宿西口バス放火事件で無期懲役となった受刑者やあさま山荘事件で無期懲役となった吉野雅邦などの囚人に出会っている。見沢知廉 フレッシュアイペディアより)

  • アウトロー

    アウトローから見た殺人罪殺人罪

    アウトロー宣告を受けると「市民としての死」(civil death, 市民権剥奪)が科せられた。この宣告は社会的な死であり、あらゆる市民社会から排除され、如何なる者も彼に食事や隠れ処その他の援助を与えることが禁じられた。もし援助すれば couthutlaugh (=A person who harbored an outlaw)の罪に問われ援助者自身が宣告を受ける虞れがあった。支援した者が許されるにはアウトローを殺さなければならなかった。実際にアウトロー殺しは推奨され、「アウトローは市民社会を無視したので、社会もアウトローにいかなる義務を負わない」という論理で、殺しても殺人罪に問われることはなかった。彼らに市民権はなかったので訴えたり保護を求めることはできず、自らが法的責任を負った。アウトロー フレッシュアイペディアより)

  • ミニョネット号事件

    ミニョネット号事件から見た殺人罪殺人罪

    24日目に船員3名はドイツの船に救助され生還したが、母国に送還されると殺人罪で拘束された。しかし、彼らは人の肉を食べるために殺人を犯したのは事実であるが、そうしなければ彼ら全員が死亡していたのは確実であり、仮に若者が死亡するのを待っていたら、その血は凝固してすすることはできなかったはずであると主張した。ミニョネット号事件 フレッシュアイペディアより)

138件中 71 - 80件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード