185件中 71 - 80件表示
  • メディア効果論

    メディア効果論から見た殺人罪殺人罪

    結果として犯罪に対する罪悪感や恐怖感が欠如し、殺人や強盗などの凶悪犯罪を犯してしまうメディア効果論 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田園児殺害事件

    秋田園児殺害事件から見た殺人罪殺人罪

    実母は、一審(秋田地方裁判所)で殺人罪で懲役14年の実刑判決を受けた。判決直後は控訴しない考えを示していたが、判決から8日後、仙台高等裁判所に控訴手続きを取った。秋田園児殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 清水一行

    清水一行から見た殺人罪殺人罪

    1999年2月、甲山事件に基づく小説『捜査一課長』で殺人罪に問われ、大阪高裁で審理中の元保母山田悦子が「犯人扱いされ、名誉を傷つけられた」として著者の清水と集英社、祥伝社の出版社2社に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷は、計176万円の賠償を命じた大阪高裁判決を支持し、清水と2社の上告を棄却した。これにより、清水と出版社の敗訴が確定した。清水一行 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェストラン

    ヴェストランから見た殺人犯殺人罪

    ヴァルグ・ヴィーケネス(Varg Vikernes):音楽家、作家、殺人犯、元受刑者。1973年?ヴェストラン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルグ・ヴィーケネス

    ヴァルグ・ヴィーケネスから見た殺人犯殺人罪

    ヴァルグ・ヴィーケネス ('、、1973年2月11日 - )は、ノルウェーのミュージシャン、作家、殺人犯、元受刑者。出生名は、クリスティアン・ラーション・ヴィーケネス ()であり、後にに改名している。また、現在の法的な名前は、ルイ・カシェ ()。音楽活動では、カウント・グリシュナック (Count Grishnackh)と名乗っている。日本では、カウント・グリシュナックか、名前の英語読みのヴァーグ・ヴァイカーネス'と書かれる事が多い。ヴァルグ・ヴィーケネス フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルグ・ヴィーケネス

    ヴァルグ・ヴィーケネスから見た殺人罪殺人罪

    1991年にソロプロジェクトのバーズムを結成し、ノルウェーの初期ブラックメタルシーンでの中心的な存在となる。伝えられるところによれば、1992年、少なくともノルウェーのキリスト教の教会の3棟の焼失に、ノルウェーブラックメタルシーンのメンバーらと共に関わっていたとされる。1993年初頭、ヴィーケネスはバーズムのアルバム4枚分の楽曲と、メイヘムの1stアルバム『De Mysteriis Dom Sathanas』のレコーディングに携わっている。同年8月10日に、メイヘムのギタリスト、ユーロニモス(オイスタイン・オーシェト)が刺殺され、ヴィーケネスが殺人罪で逮捕・起訴された。1994年5月、ヴィーケネスはユーロニモスの殺人と教会への放火罪によって、懲役21年の判決を受けた。ヴィーケネスは、ユーロニモスの殺人については正当防衛を主張し、教会への放火については自身の責任を否定している。ヴァルグ・ヴィーケネス フレッシュアイペディアより)

  • 悪逆

    悪逆から見た殺人罪殺人罪

    尊属に対する重大犯罪が悪逆だが、行為と近親の度合いによって、悪逆になるかどうかが決まる。父母と父方の祖父母に対する場合、殺(現代的に言えば殺人罪)、謀殺(殺人の予備罪)、殴(殴る、蹴るなどの暴行罪、その結果としての傷害罪)が悪逆となる。悪逆 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの死体盗掘人

    イギリスの死体盗掘人から見た殺人犯殺人罪

    解剖用の遺体が取得できないという問題は、死刑による抑止力を高める狙いもあって、として結実する。法律では、「全ての殺人犯は、処刑後、解剖されるか、鎖に吊されるものとする」と命じている。解剖は、一般に「死よりも辛い運命」()と認識されており、解剖をに代えることができる権限を判事に与えたのは、この恐怖に訴えかける試みだった。解剖学者にとって法律は、以前より多くの遺体を扱うための成文法として働いたが、それでも数は不十分であった。供給を増やすために、外科医の中には刑務所に実費と有罪宣告者の葬儀代を支払う者もいたが、賄賂は絞首台の下で公然と支払われるようになり、ある時には非合法の遺体が解剖用に引き渡されることまであった。イギリスの死体盗掘人 フレッシュアイペディアより)

  • ルース・エリス

    ルース・エリスから見た殺人罪殺人罪

    ルースはハムステッド地区警察本署(Hampstead police station)に連行された。彼女は落ち着いており、明らかに酒や薬物の影響を受けていないように見えた。彼女は警察に詳しい告白をし、殺人罪で逮捕された。ルース・エリス フレッシュアイペディアより)

  • モロ・キャッスル号火災事故

    モロ・キャッスル号火災事故から見た殺人罪殺人罪

    戦後の1952年7月、刑務所を出所して再びラジオ修理店を営んでいたAは借金をしていた親子を殺害した容疑で逮捕され、1954年9月に第1級殺人罪で無期懲役の判決を受けた後、1958年1月に心臓麻痺で獄死した。結局、Aは『モロ・キャッスル』においての一連の刑事責任については一切問われることなく生涯を終え、モロ・キャッスル号における惨事は公式には『海難事故』として現在にいたっている。モロ・キャッスル号火災事故 フレッシュアイペディアより)

185件中 71 - 80件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード