185件中 81 - 90件表示
  • 日曜日の殺人事件

    日曜日の殺人事件から見た殺人罪殺人罪

    『日曜日の殺人事件』(英題: Murder on a Sunday Morning, 仏題: Un coupable idéal)は、監督によるドキュメンタリー映画である。無実の15歳少年が殺人を犯したとして不当に告発されたを扱っている。第74回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。日曜日の殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • オクトーバー・クライシス

    オクトーバー・クライシスから見た殺人罪殺人罪

    1970年までに、23名のケベック解放戦線のメンバーが逮捕・収監され、その内4名が殺人罪で有罪判決を受けた。オクトーバー・クライシス フレッシュアイペディアより)

  • 違法性

    違法性から見た殺人罪殺人罪

    結果無価値論とは、違法性の実質を、結果無価値(Erfolgsunwert)、すなわち、行為によって惹起された結果への否定的評価であるとする見解であり、違法性の実質を法益の侵害及び危殆化と理解する法益侵害説と同視される。例えば殺人罪についてみれば、既遂の場合は人の死という結果、未遂の場合は人の死という既遂結果惹起の危険という結果を生じさせることが違法であると考える。違法性 フレッシュアイペディアより)

  • 戸井田和之選挙事務所襲撃事件

    戸井田和之選挙事務所襲撃事件から見た殺人罪殺人罪

    2011年1月15日に実行犯として山口組系暴力団幹部を器物損壊罪と窃盗罪の容疑で逮捕。犯行に使用された保冷車からは容疑者の指紋が検出され、また容疑者は戸井田と面識のある人物であった。容疑者は犯行を否認したが、2月4日に起訴された。2月5日には殺人罪の容疑で再逮捕され、2月25日に殺人罪で追起訴された。このほか共謀したとされる暴力団組員3人が窃盗罪容疑で逮捕されたが、不起訴処分となった。戸井田和之選挙事務所襲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • はみだしっ子

    はみだしっ子から見た殺人犯殺人罪

    雪山のふもとの喫茶店で4人と出会う。暇を持て余して仲間2人と共に銀行強盗のシミュレーションを楽しんでいたが、計画に必要な道具(S&W M36回転式拳銃)が揃ったことで「計画は練った。後は実行に移すのみ」として実際にN銀行を襲撃。警備員2人を射殺(3発発射)して逃亡中の殺人犯。一般の観光客を装って4人と共にパノラマコース行のバスに乗り、吹雪のため引き返そうとする運転手を拳銃で脅し、バスを林間コースに誘導する。バスが崖を落ちた際に左足を負傷。ラジオで自分の逃走ルートがばれたことを知り、バス乗客のグループから立ち去る。自分を追ってきたマックス、そしてマックスを心配して追ってきたサーニン・アンジーの目の前で拳銃自殺(4発目)。はみだしっ子 フレッシュアイペディアより)

  • オルランド・レテリエル

    オルランド・レテリエルから見た殺人罪殺人罪

    元中央情報局(CIA)工作員で秘密警察DINA職員のマイケル・タウンリーやマヌエル・コントレラス元DINA局長、同じく元DINA職員のペドロ・エスピノサ准将をはじめ、この事件で起訴、有罪判決を受けた者は多い。タウンリーは1978年合衆国にて殺人罪で有罪判決を受け62ヶ月間収監、証人保護プログラムの参加者として今や自由の身である。コントレラスやエスピノサも1993年にチリで有罪判決を受けている。なお、タウンリーが事件への連座を示唆したにも関わらず、2006年12月10日に死去したピノチェトは殺人罪で起訴されなかった。オルランド・レテリエル フレッシュアイペディアより)

  • イスラム教における棄教

    イスラム教における棄教から見た殺人罪殺人罪

    日本でムスリムの棄教や改宗が法的問題になるとすれば、ムスリムの父親が未成年の子供への宗教の強要が児童虐待になる可能性があるか、成人同士であれば宗教の強要が迷惑行為、強要罪であるとして裁判所に強要の停止命令を訴える、あるいは慰謝料や損害賠償などを請求するぐらいしか手段がないが、イスラムからの改宗ないし棄教についても法的に制約されることはなく、仮にイスラム教徒からの棄教等に対する妨害行為等が有った場合には、当該行為自体が違法行為であり、処罰の対象となる(仮に、棄教者を殺した場合には、当然、殺人罪として起訴される。)。イスラム教における棄教 フレッシュアイペディアより)

  • 人の終期

    人の終期から見た殺人罪殺人罪

    法学上は民法や刑法など法分野ごとに議論がある。民法上は死亡によって人は権利能力を喪失する。刑法上では、生きている者に対しては殺人罪や傷害罪などの客体だったものが、死亡後は死体損壊罪等の客体となり人の終期(死亡)がその境界として重要になる。人の終期 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ・コニー

    ジョゼフ・コニーから見た殺人罪殺人罪

    1週間後の10月13日ICCの主任検察官ルイス・モレノ=オカンポはコニーの起訴状の詳細を公表した。33の罪状が挙げられ、うち13が殺人や奴隷化、性奴隷化、強姦などの人道に対する罪であった。別の21は殺人、市民への過酷な扱い、故意の市民への攻撃の指示、略奪、強姦、少年兵の徴発などの戦争犯罪である。オカンポは「コニーは少女たちを指揮官の報酬にするために誘拐した。」と述べた。2006年6月1日にはICCから要請を受けた国際刑事警察機構(ICPO)が国際手配を行ったジョゼフ・コニー フレッシュアイペディアより)

  • 軍法会議

    軍法会議から見た殺人罪殺人罪

    ベトナム戦争中のソンミ村虐殺事件では多くの乳幼児を含む504名のベトナム住民が惨殺されたにもかかわらず、軍法会議は指揮をとったウィリアム・カリー中尉に当初終身刑の判決を出し最終的には3年半の懲役期間で仮釈放を行っているなど戦時における殺人罪に対して甘いとも批判された判決も出されている。1976年以降に死刑判決を受けた軍人7名がいるが、1961年4月以来執行されていないため、この7人については事実上無期禁固刑同様になっており、現在のアメリカ軍では死刑は停止状態になっている。軍法会議 フレッシュアイペディアより)

185件中 81 - 90件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード