44件中 11 - 20件表示
  • 殺人罪

    殺人罪から見た強姦

    強盗や強姦、放火等の重罪を伴う殺人は、単純な殺人よりも加重されることがある。例えば、日本では強盗犯人が殺人を犯した場合、殺人罪(刑法199条)ではなく、強盗殺人罪(刑法240条)が成立する。また、殺人の故意がない場合も、各種の結果的加重犯の規定が存在し、死亡という事実によって刑が加重される。コモン・ローにおいては、重罪の実行行為中に人を殺した場合、故意の有無にかかわらず、全て謀殺罪(Murder)の問題となる。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見たルイジアナ州

    自動車を運転している際に他人を殺害する場合、通常の殺人罪(故意の場合)や過失致死罪(過失の場合)ではなく、固有の犯罪として規定されていることがある。日本では、自動車運転過失致死罪(刑法211条)や危険運転致死傷罪が成立しうる。アメリカのジョージア州やルイジアナ州にも、「自動車運転殺人罪(Vehicular homicide)」とよばれる犯罪が存在する。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た刑法 (大韓民国)

    故意に人を殺す行為は、特殊な状況下にある場合(特に加重・減軽すべき事情がある場合)を除き、例えば日本では刑法199条の殺人罪、ドイツでは刑法212条の「故殺罪(Totschlag)」、中華人民共和国(中国)では刑法232条の殺人罪、大韓民国(韓国)では刑法250条の殺人罪が成立しうる。いずれも法定刑は重く、死刑存置国である日本・中国・韓国等では、最高で死刑が規定されている。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た国際刑事裁判所ローマ規程

    日本も長らくこの枠組みに参加しなかったが、国内法の整備が整い2007年7月17日、国際刑事裁判所ローマ規程を批准した。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た直系尊属

    同じ殺人(故意によるもの)であっても、自己(または配偶者)の直系尊属等に対する殺人(尊属殺)に対しては、特に重い処罰が規定されていることがある(尊属殺重罰規定)。例えば韓国では、刑法250条2項に尊属殺人罪が規定されており、通常の殺人罪より法定刑が加重されている。以前は日本も刑法200条に尊属殺人罪が規定されていたが、1973年に出された違憲判決に基づき、1995年の改正により削除された。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た戦争犯罪

    戦争における殺人を一般の刑法で治めることは不適当なので一般に軍法が適用される。一部は戦争犯罪として国際的に罰せられる可能性がある。国際法が根拠とされることが多いが、しばしば法的根拠を欠く場合があり、国家間の政治的駆け引きの要素が強い。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見たドイツ

    故意に人を殺す行為は、特殊な状況下にある場合(特に加重・減軽すべき事情がある場合)を除き、例えば日本では刑法199条の殺人罪、ドイツでは刑法212条の「故殺罪(Totschlag)」、中華人民共和国(中国)では刑法232条の殺人罪、大韓民国(韓国)では刑法250条の殺人罪が成立しうる。いずれも法定刑は重く、死刑存置国である日本・中国・韓国等では、最高で死刑が規定されている。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た胎児

    殺人の対象は「人」であるため、胎児は「人」に該当するのか、すなわち、胎児を殺害する行為は「殺人」に該当するのかという問題が存在する(詳細は、人の始期参照)。日本では、出生前の胎児が独立して殺人罪の客体となることは否定されているが、これを肯定する立法例も存在する。例えば、アメリカでは、30の州で胎児を客体に含める殺人罪法が制定されている。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た

    殺人罪(さつじんざい)とはを殺すことによって成立する犯罪である。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た殺人

    他人を殺害することは近代の社会においておおむね普遍的に「好ましくないこと」とされている。そのため、殺人は多くの国で犯罪として規定されており、殺人をした場合には殺人罪に問われる。近代社会では人命は高い価値を持つとされているため、殺人罪はほぼ例外なく重い犯罪として規定されている。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード