1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示
  • 殺人罪

    殺人罪から見た結果的加重犯

    強盗や強姦、放火等の重罪を伴う殺人は、単純な殺人よりも加重されることがある。例えば、日本では強盗犯人が殺人を犯した場合、殺人罪(刑法199条)ではなく、強盗殺人罪(刑法240条)が成立する。また、殺人の故意がない場合も、各種の結果的加重犯の規定が存在し、死亡という事実によって刑が加重される。コモン・ローにおいては、重罪の実行行為中に人を殺した場合、故意の有無にかかわらず、全て謀殺罪(Murder)の問題となる。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た正当防衛

    また、すべての殺人が殺人罪とされるわけではない。例を挙げれば、刑務として行う殺人(死刑)、公務として行う殺人(治安機関による検挙時の犯罪者射殺、政府が指揮し、防衛軍事機関が行う戦争行為)、正当防衛などやむをえない事情による殺人(犯罪の違法性阻却事由)などである。その一方、行為主体に関わらず殺人そのものに対する嫌悪感も強く、死刑廃止や戦争の廃止を求める声も少なくない。ただしその場合でも、自分が生きるか死ぬかという極限状態における正当防衛だけは認めざるを得ないのが実情である。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た中華人民共和国刑法

    故意に人を殺す行為は、特殊な状況下にある場合(特に加重・減軽すべき事情がある場合)を除き、例えば日本では刑法199条の殺人罪、ドイツでは刑法212条の「故殺罪(Totschlag)」、中華人民共和国(中国)では刑法232条の殺人罪、大韓民国(韓国)では刑法250条の殺人罪が成立しうる。いずれも法定刑は重く、死刑存置国である日本・中国・韓国等では、最高で死刑が規定されている。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た保険金殺人

    保険金殺人など周到な準備に基づく場合や、強盗・強姦・誘拐など他の重い犯罪行為(Felony)の手段として意図的な殺害をした場合。情状酌量などが認められず、量刑も死刑または終身刑(100年を超える実質的終身刑を含む)。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示

「殺人・致死・死体遺棄」のニューストピックワード