53件中 11 - 20件表示
  • 工業用防腐剤

    工業用防腐剤から見た水処理水処理

    工業用防腐剤(こうぎょうようぼうふざい)とは、防腐剤の中でも主に工業用途として使用されるものを指す。食品添加物の防腐剤とは区別される。塗料、切削油、製紙、水処理、インク、木材などに使用される。工業用防腐剤 フレッシュアイペディアより)

  • 清缶剤

    清缶剤から見た水処理水処理

    水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの硬度成分がスケールとして配管内部に付着することにより熱や圧力の損失、ひいては配管の破裂を引き起こすことがある。硬度成分の結晶を分散させる目的でリグニン、デンプンなどの天然高分子電解質、水質を軟化する目的で炭酸ナトリウムなどが添加される。水中に溶存する酸素は配管の腐食の原因になるため、脱酸素効果を持つ亜硫酸ナトリウムやヒドラジンを含む複合清缶剤も使用される。1955年ごろからはイオン交換膜による水処理が普及し始め、清缶剤の添加目的がスケールの付着防止から腐食防止に重点が置かれるようになり、双方の機能を併せ持つリン酸三ナトリウムも使われるようになったが、1960年代より富栄養化防止など環境対策のためリン酸塩を使用しない処理が求められ、高分子電解質などの利用が増加した。清缶剤 フレッシュアイペディアより)

  • ハーキュリーズ (化学会社)

    ハーキュリーズ (化学会社)から見た水処理水処理

    しかし1912年、デュポンの火薬事業は反トラスト法違反で有罪とされて分割され、その一部が独立してハーキュリーズ社となった。その後、ハーキュリーズはアメリカの代表的火薬会社として発展し、第二次大戦後は固体燃料ロケットにも参入した。その後兵器関連事業は奮わなくなったが、代わりに特殊化学品、特に水処理・製紙関連事業等へ多角化した。ハーキュリーズ (化学会社) フレッシュアイペディアより)

  • 日本ポリグル

    日本ポリグルから見た水処理水処理

    日本ポリグル株式会社(にほんポリグル)は、ポリグルタミン酸の製造販売を中心に、水質浄化事業を行っている会社。日本ポリグル フレッシュアイペディアより)

  • 急速濾過

    急速濾過から見た水処理水処理

    急速濾過(きゅうそくろか、英語 Rapid sand filter)は、都市部の水道水を供給するための浄水場で広く使われている多段階水質浄化システムの一部として濾過の方法である。急速濾過は1896年にアメリカで始めて使われ、緩速濾過と比べると必要な土地の面積が少ないため、1920年までには大きな都市浄水場で広く使われるようになった。急速濾過 フレッシュアイペディアより)

  • 加圧浮上法

    加圧浮上法から見た水処理水処理

    加圧浮上法(かあつふじょうほう)とは、主に水処理で用いられる処理方法の一つで、水の中に空気による微細な気泡を大量に発生させ、これを浮遊物質を含む水に混合して浮遊物質を捕えさせた後、気泡の浮力を利用して浮上させることにより、水から浮遊物質を取り除くものである。加圧浮上法 フレッシュアイペディアより)

  • ハイフラックス

    ハイフラックスから見た水処理水処理

    ハイフラックス(英語:'')は、シンガポールに本社を置く、水処理施設開発・運営、水道事業運営会社である。ハイフラックス フレッシュアイペディアより)

  • 土壌浄化

    土壌浄化から見た水処理水処理

    大気汚染対策としての排気ガス処理や、水質汚濁対策としての水処理に対し比較的新しい領域であり、実用化途上の新技術や新手法が多数考案、試験されている。土壌浄化 フレッシュアイペディアより)

  • ソーダ工業

    ソーダ工業から見た水処理水処理

    製品の需要は、水酸化ナトリウムでは化学薬品26%、無機薬品15%、紙パルプ工業11%、水処理7%、化学繊維・石油化学工業各4%など。塩素では塩化ビニル31%、無機薬品9%、塩素系溶剤8%、クロロメタン7%、酸化プロピレン6%、ウレタン原料5%など。炭酸ナトリウムはガラス製品32%、板ガラス24%、無機薬品11%、石鹸および洗剤8%、化学薬品7%、鉄鋼5%などとなっている。水素はボイラー燃料として自家消費されるほか、純度が高いことから半導体製造にも使われる。ソーダ工業自体は無機化学工業であるが、製品はこのように有機化学工業を含め、幅広い分野で使用される。ソーダ工業 フレッシュアイペディアより)

  • エチレンジアミンテトラメチレンホスホン酸

    エチレンジアミンテトラメチレンホスホン酸から見た水処理水処理

    EDTMPは通常ナトリウム塩として取引され、水によく溶ける。抗スケーリング、抗腐食剤として水処理に用いると、無機ポリリン酸と比べ、3-5倍の腐食抑制効果を見せる。化学的に安定であり、熱耐性も持つ。200℃以下で、非常に良いスケール抑制能を見せる。これは、多くの金属イオンとキレートすることによるものである。エチレンジアミンテトラメチレンホスホン酸 フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「水ビジネス」のニューストピックワード